2011.09.02

朝日新聞がフジテレビ韓流ごり押し反対デモに批判的記事

「5000人デモ ネットから火 「韓国番組多い」つぶやき引き金 」(朝日新聞)

 大きな組織が動員したわけでもないのに、5000人も集まるデモというのは非常に珍しく、それだけでもニュースバリューがあるはずです。デモは21日に行われたのに、なぜ10日以上あとの9月1日になってから記事にしたのでしょうか。

 記事は「西本秀」の署名入りです。朝日新聞の記者です。朝日新聞の記者がここまで的確な記事を書けるのか、ちょっと疑問です。

 この記事の脇に、中川淳一郎という、2009年に「ウェブはバカと暇人のもの」という新書を書いた人のコメントがあります。中川氏は、8/29にニコニコ動画に出演していました。

 ステルスマーケティング乙! MIAU Presents ネットの羅針盤
 http://live.nicovideo.jp/watch/lv61681843(9/5まで視聴可能)
 司会:
  津田 大介(ジャーナリスト・MIAU代表理事)
 ゲスト:
  中川 淳一郎(編集者・プランナー)
  田村 啓(株式会社しくみラボ 代表取締役)
  小寺 信良(コラムニスト/MIAU代表理事)


 フジテレビが複数の番組で行っている、不自然な韓国関連の話題の取り上げかたというのは、ステルスマーケティングであり、それが限度を超えているのではという議論になっていました。

 中川氏もこの番組ではうなずいていたのですが、朝日新聞でコメントするとなると、朝日向けにサービスしているようです。もしかしたら、本文も中川氏が下書きしたのかもしれません。

 この記事は結果として、デモの存在を朝日読者に知らしめたことにもなります。実は西本記者は本当は既存メディアに批判的なのかもしれません。あるいは中川氏にのせられてしまったのかもしれません。

 とにかく、いろいろ考えさせられる、非常に興味深い記事ではあります。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009.01.12

やっぱり韓国には言論の自由・表現の自由がなかった

 韓国で政府の経済政策をきびしく批判していた「ミネルバ」氏が、逮捕されました。インターネット上でウソを流して逮捕されるなら、政府もマスコミも逮捕者続出になるはずです。結局、李政権に対して批判を繰り返してきたということが、逮捕の原因なのでしょう。
 韓国検察、ネットで経済危機説流布の男を逮捕(NIKKEI NET)

 インターネットの掲示板に「政府が銀行にドル買い禁止を命じた」と書いたことが、電気通信事業法で禁じる「虚偽内容流布」にあたるということですが、なかったことを、どうやって証明するのでしょうか。(しかも、今日になって事実であったことがわかってしまいました。)


 韓国と日本では、言論の自由・表現の自由に解釈の違いがあります。韓国では、反民族的、反国家的な情報をサイトに掲載できません。また、ねつ造されたり、誤った情報も掲載できません。
 Webサイトの削除をめぐる「表現の自由」~日韓で解釈に差(internet watchの記事(2005/3/24)より)

 日本人からすると、それらも含めて言論の自由・表現の自由だと思うのですが、そのあたりが解釈の違いになります。

 今は韓国の状況をあきれて見ている日本ですが、いつこのような自由がなくなるかわかりません。勝手に解釈を変えられないよう、きちんと監視していることが重要です。そうでないと、韓国のような状況になってしまいます。

 民主党が政権を取ったら、韓国を見習ってしまうのでしょうか。大変心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.06

韓国の外為危機はまだまだ続く

 9月は危機という状況にはなりませんでした。しかし、こんなニュースを書かせて介入しようとしているところを見ると、思いのほか深刻なのかもしれません。
 日中韓、8兆円基金検討か=金融危機対応で-韓国紙(時事)

『朝鮮日報(電子版)は5日、日中韓3カ国が米国発の金融危機に対応するため800億ドル(約8兆4200億円)規模の「アジア共同基金」の創設を検討していると伝えた。韓国政府関係者によると、日中韓の次官級当局者が今月中旬、ワシントンで会談し、金融問題について対応策を協議する予定という。』

 ウォンドルレートをみると、9月上旬の1100ウォンから10月2日の1220ウォンまで10パーセント以上下がっています。

 これだけ下がると、輸出産業が活況になるはずですが、あまり景気のいい話は聞こえてきません。

 もしかしたら、10月中に驚くような変化があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.09.07

韓国経済は破綻するのか

 最近、ニュースや掲示板などで、韓国経済の破綻説をよく目にするようになりました。

 金融関係者から取材したJ-CASTニュース「ウォン急落で韓国通貨危機寸前 市場介入で外資逃避を封じ込め」では、

 ・当局の介入にもかかわらず、ウォンが年初来18.9%も下落した。
 ・ウォン急落の原因は、政情不安と景気悪化。
 ・ウォン安なら、輸出企業の競争力は高まり、外貨収入は膨らむ。
 ・政府としては、ドル資本が逃げていくほうが深刻なので介入している。

 と、なぜかはわからないが、ドル資本が逃げないように、韓国政府がウォン安に介入していると報じています。興味深いのは、当局の不思議な行動です。

 

『とにかく、いまの韓国政府は為替の安定化に懸命。ドル売りウォン買いの市場介入は活発だ。しかも、「保有しているドルを売るのではなくて、まず対円でドルを買って、買ったドルでウォンを買う、あるいは対ユーロでドルを買って、買ったドルでウォンを買うといった、為替を使ったオペレーションをやっている」(NTTスマートトレード)といい、関係者の間でこれが話題だという。』

 韓国は輸出が好調で、巨額のドルを貯めこんでいるはずです。ところが、多くの部分が流用されているのではないかという情報が、いろいろなニュースやブログにあります。

 グリーンスパン回顧録の中で、97年の通貨危機当時の外貨準備高がウソであったことを暴露され、韓国もそれを認めているそうです。

 今回もアメリカの債券に500億ドル投資していることがわかりました。これがサブプライムで焦げ付いており、これではヘッジファンドも売りやすくなります。

 通貨暴落で経済混乱、政治不安といった流れになるのでしょうが、これから明らかになる事実がどれくらいになるかによって、暴落・混乱・不安の程度も変わってくるのでしょう。

 まずは、どれくらいウォンが下落するかが、状況を見る目安になると思います。まだまだ深刻な状況にはなっていないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.09.02

韓国は9月に外為危機になるらしいです

 少し前から韓国の経済危機がささやかれていましたが、どうやら本当らしいです。サムソンなどの大企業の業績がよく、貿易黒字をため込んでいるとばかり思っていたのですが、貿易黒字とウォン高の介入時に貯めたドルを、サブプライムローンで運用してしまい、パーになってしまったようです。
 South Korea heads for black September as problems pile up for the ailing won(The Times)

『Heavy investment by the Korean Government in Fannie, Freddie and other US-related agency bonds has left a potentially huge liquidity problem - perhaps $50 billion (£27.4 billion) - in the foreign reserve portfolio. Some believe that Seoul might have no ammunition left to prevent a significant flight from the won. Fruitless currency intervention by South Korea - increasingly desperate-looking verbal and financial measures to fight the market trend - cost about $20 billion in July alone.』

(拙訳)
 韓国政府による、ファニーメイ、フレディーマック、その他の米国関連の債券への過剰な投資が、巨大な流動性問題の可能性を残した。おそらく、外貨準備ポートフォリオは500億ドルある。政府には、ウォンからの重大な逃避を防ぐための弾丸が、残っていないかもしれないと信じられている。韓国政府による、効果のない通貨介入 - ますます必死に口先と金融的措置により市場と戦っているが - は、7月だけで約200億ドルを要した。


 5兆円くらいで国がつぶれるとは思えませんが、韓国にしてはちょっと負担が大きいかもしれません。原油高でドルが多めに出ているはずであり、これからウォン急落ということになるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

韓国とは都合の悪いことは無視し、都合の良いことだけを取り入れる国のようです

『韓国マスコミは竹島問題で韓国の立場を支持する日本の学者や研究者などの話は大々的に伝えるが、不利な意見や主張は無視するのが通例だ。』

 「竹島棚上げ合意」 既知の“密約”韓国誌紹介(イザ!)

 特派員の記事でここまで言い切るのはすごいことです。マスコミのレベルでそういう態度であるということは、国全体も同じ状況なのだと思います。

 こういう態度がなくならない限り、日韓友好はありえないでしょう。最近は韓国の実態が少しずつ知られるようになってきたと思います。知った親は子供に教えます。そうなったら日本人の韓国に対する不信感は今後100年以上、決してなくならないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.24

竹島騒動は韓国人拉致被害者問題の追求をそらすためか

 排他的経済水域での測量は、領海侵犯でもなく、漁をしているのでもないので全く問題ないはずです。海上自衛隊の駆逐艦が通過しても問題ありません。それなのに韓国政府が異常に騒いで問題視するのはなぜでしょうか。

 これはやはり、横田めぐみさんの夫が韓国人拉致被害者だということがわかり、韓国政府が批判をそらすためにとった行動だと思います。

 日本としては、対北朝鮮でできるだけ韓国を味方にしておきたいので、わざわざ韓国に出向いて譲歩した形にしたのでしょう。

 しかし、いつでも測量はできます。その時に公海上で測量船を拿捕したら、世界にどう見られるでしょうか。韓国はよく考えるべきです。

 今後、日本国内で韓国に対する不信感が、中国同様に高まっていくでしょう。その際に、不自然に韓国を擁護するマスコミに対する不信感も、同時に高まっていくものと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

マンガ嫌韓流を読みました

 駅前の比較的小さな本屋に10冊ほど積んでありました。アマゾンで注文してみようかと考えていたので、なくならないうちにと買ってしまいました。

 「マンガ」というわりには説明文も非常に多く、軽く読めるものではありません。

 「嫌韓」というムーブメントは日韓ワールドカップから始まったのだと、どこかで読んだことがあります。竹島問題のあとならわかりますが、どうして3年前から「嫌韓」なのか、よく知りませんでした。それが今回わかりました。
 この本では、韓国チームのプレーが汚く、また、審判もそれを何度となく見逃したことを説明しています。はっきりとは言っていませんが、まるで審判がわいろをもらったと言いたいかのようです。サポーターのマナーも最悪だったようです。さらに、日本のマスコミが日韓友好を優先してなのか、これらを一切報道しなかったことも批判しています。

 それ以外は、
・戦後補償の問題は日韓基本条約で解決済。ドイツはというと、国家賠償しておらず、個人補償はホロコーストに対してのみ
・日韓併合で当時の朝鮮は日本の一地方だったのだから、強制連行というより「徴用」であった
・剣道などの伝統文化をはじめ、漫画、アニメ、ゲーム、食品、工業デザイン、キャラクターなどが次々盗まれている
・TBS、テレビ朝日は韓国に歯向かう者を袋叩きにする
・チマチョゴリ切り裂き事件は朝鮮総連の自作自演の疑惑がある
・日韓併合は、欧米から朝鮮を守るためという両者の希望でおこなわれた
といった内容です。

 この中で、日韓併合の部分は言い過ぎでしょう。欧米から守るというのは口実であり、植民地支配と大陸進出の拠点作りが目的だったのでしょう。高校の参考書の「日韓併合」のところを見てみると、アメリカにはフィリピンの支配を認め、イギリスには第2次日英同盟を締結することで併合を認めさせたとあります。

 また、韓国人や日本の左翼系市民の人相を、みんな悪人のように描いています。赤旗で自衛隊員の人相を悪く描くようなものです。マンガですから、仕方がないのかもしれません。

 あやしいところもありますが、この本は巷で言われていることをそのまま素直に表現しているだけにみえます。これが「あまりにも危険すぎて各社に出版拒否された問題作」なんでしょうか。そこまで深刻とは思えません。

 韓国よりも、10万部以上も印刷された出版物の中で、報道姿勢を公然と繰り返し批判された日本のマスコミのほうがダメージが大きいような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005.04.07

韓国に言論の自由は無いようです

Webサイトの削除をめぐる「表現の自由」~日韓で解釈に差(internet watchの記事(3/24)より)

インターネット上の有害情報に関するセミナーのレポートですが、なぜか韓国の人も出席しており、そこで韓国のインターネットには言論・表現の自由が無いことが明らかになりました。

韓国では有害情報を発信しているサイトをA~Fまでの等級に分類し、「A等級であれば司法機関に事件として委ねる」「B等級であれば該当ISPを通じてサイトを閉鎖させる」そうです。

NHN Corporationのキム・ジョンチョルCEOによると、

「最下級のF等級であったとしても、政府の情報通信倫理委員会に諮られ、反民族的、反国家的な情報を掲載していると判断された場合は削除される」
「ねつ造されたり、誤った情報を配信するサイトを削除したとしても、表現の自由には抵触しないと考える」

とのことなので、政府や北朝鮮の批判もできないし、「植民地支配時代に日本は良いこともした」など新しい歴史教科書的なことも言えないのでしょう。日本の掲示板なんて即閉鎖でしょうね。

韓国は自由選挙が行われており、日本より自由な国かと思っていたのですが、そうではないようです。

韓国は最近、執拗に日本を批判しています。韓国が望むことは、ドイツがナチを弾圧しているように、過去の戦争を評価する勢力を弾圧しなさいということなのだと思います。韓国ではできるのになぜやらないのかということでしょう。しかし日本でそのような弾圧はちょっと無理です。

この溝は埋まりそうにありません。日韓関係はますます悪化するのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

日韓関係がひどく悪化しそうです

韓国の大統領が
「日本は過去の真実を糾明していないから、糾明すべきだ」
「日本は心から謝罪していないから、謝罪すべきだ」
「日本は賠償すべきものをしていないから、賠償して和解すべきだ」
と言って日本を批判しています。

韓国の盧大統領、日本の歴史問題「心から謝罪を」

つい先日も、
「ドイツを見習い、ドイツのような行動をとるべきだ」
と言って日本を批判しました。

謝罪はいろいろな人が何度もしているような気がします。賠償問題も決着したような気がします。太平洋戦争を体験した世代の人はよくわかるのでしょうが、戦後生まれとしては、どうしてこんなにこだわるのか不思議になります。

日韓友情年であるにもかかわらず、このような批判を繰り返すならば、日本人全体の韓国に対するイメージが急速に悪化し、中国並になっていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧