« 買ってはいけない中国製放射能測定器 | トップページ | 反原発の集団ヒステリー »

2011.09.28

復興財源は全部借金だった

 本来、政府の支出を減らして、復興資金をねん出すべきなのに、一切そんな話は聞こえてきません。これが野田内閣の正体だということでしょう。

復興増税9・2兆円に圧縮…政府・民主決定(YOMIURI ON-LINE)

 9.2兆円の内訳は、10年間の所得税増税、3年間の法人税増税、10年間のたばこ税増税、5年間の個人住民税増税です。つまり、将来見込まれる税収を借りて、今使ってしまおうというわけです。未来から借金をしているのです。

 増税以外の部分は、「税外収入」と表現していますが、資産を切り売りしているだけで、資産が減った分がそのまま債務増になります。これも借金を増やしていることになります。

 財源がないのなら、政治家が努力して税収を上げるか、効率化あるいは節約で支出を減らすしかありません。その方向すら全くみえてこないのが民主党政権です。こういう人たちがたいして批判もされず、いまだに居座っていられるというのもおかしなことです。

|

« 買ってはいけない中国製放射能測定器 | トップページ | 反原発の集団ヒステリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/52849435

この記事へのトラックバック一覧です: 復興財源は全部借金だった:

« 買ってはいけない中国製放射能測定器 | トップページ | 反原発の集団ヒステリー »