« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011.02.06

スピーキングとリスニングが植民地の教育だという英語教育者

 大学の英語講師のブログに、スピーキングとリスニングは植民地教育であるからやるべきではないと書かれていて、非常に驚きました。

日本の英語教育は昔でいえば、植民地での英語教育のようなことを目指している

・現在の日本の英語教育は、リスニングとスピーキングを重視している。
・これは、アメリカにおける移民教育、もしくは昔の植民地でみられる
 英語教育である。
・本来、英語は自らの知識を高め、自分の能力を向上させるためのものである。
・そのために必要なのは読解力である。
・スピーキングとリスニングは、アメリカ人が指示をする従業員として
 都合のいい能力であって、日本人は外資系か楽天で働く以外は必要と
 しない能力である。
・日本では、スピーキングとリスニングを自らが高額の授業料を払って
 英会話学校に通ってマスターしようとしている。
・これは被支配者になるために、奴隷になるために高額の投資をしている
 という、非常におかしな状況である。


 なぜこんな認識を持つのかを考えてみると、この大学の英語講師は、企業でどのように英語が使われているかが、わかっていないからだと思います。

 多くの日本企業は、海外に子会社を持ち、または海外の取引先と日常的に英語でやりとりをしています。電話会議もあります。出張もあります。子会社も取引先もアメリカだけではありません。世界中にあります。

 アメリカだけでなく世界中で、英語がビジネスの共通語として使われています。日本人が現地でトップとして、上司として指示することも多くあります。こういうことが頭でわかっていたとしても、実感できていないのだと思います。

 リスニングとスピーキングは、メールや文書で足りないところを補うのに必要です。指示を受けて報告するための英語ではなく、連絡・質問・回答・調整・交渉・指示などいろいろな場面で使います。

 全く英語が必要ない会社・部署であればいいのですが、これからはそういう仕事は減っていくか、報酬面で見劣りしていく方向にあるのは間違いないでしょう。

 こういう状況での英語教育は、まずある程度の英語を読めるようにし、次にメールの読み方、書き方、できれば契約書の読み方、その次にビジネス会話という順番でやっていったらいいのではと思います。トラベル英会話があってもいいかもしれません。

 難しいリーディングをやっている時間があるなら、もっとスピーキングとリスニングに時間を割くべきだと思います。

 こういう英語講師がたくさんいて、英語を教え続けているというのが、日本人が英語ができない理由のひとつになっているのでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »