« 「マイナス金利」は実現不可能なアイデアである | トップページ | NHKの英語講座も名前はすべて名-姓の順です »

2010.11.21

若者の「海外離れ」「内向き志向」はウソだった

 日本の先行きがあやしいのに、若者は国内志向でのんびりしていいのだろうか。実際のところどう考えているんだろう。と、ずっと思っていましたが、どうやら国内志向というのはウソだったようです。

日本ダメなら中国・東南アジア キャリア求める若者の海外流出(J-CASTニュース)
 

『日本総研が09年に発表したレポートでは、日本人の国外流出数は、07年10月~08年9月の1年間で10万人を突破。20代から40代など若い世代が中心で、最近の若者の内向き志向が話題になる中、過去20年間で最大だったという。』

 現地に進出した日系企業や、日本食店、物流管理、日系幼稚園、日系企業向けの営業など、その周辺で働く場合が多く、外国語があまり必要とされない仕事もあるそうです。

 昔は海外旅行をして見聞を広めたり、海外留学をして、そのキャリアを日本で生かすという考え方がよしとされていました。

 ところが、今はインターネットでかなりの程度まで海外のことを調べられます。旅行はお金がかかるわりにはほんの一部しか見聞きできず、コストパフォーマンスが悪いとも言えます。

 また、海外留学が必ずしもキャリアに結び付かないことが多くなり、求められるスキルを国内で磨くのが得策だと考えられるようになってきたのではないでしょうか。

 その上で実際に海外で働き、生活している若者が増えているというのですから、実は年寄り世代よりもはるかに海外志向であると言えます。

 昔の感覚で今の若者を語る記事を読み、それだけで、若者を誤解して批判するようなことは、年をとってもしたくはないと思います。

|

« 「マイナス金利」は実現不可能なアイデアである | トップページ | NHKの英語講座も名前はすべて名-姓の順です »

コメント

最近下痢がひどいよう~

投稿: ゆうくん | 2010.11.25 20:02

もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ
    ;"ヽ、
    /   ヾ,.
   ミ;    \             __._,.,_..,、
   ;'       ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙"'"゙´"ゾ"   "   ジ
   ミ     "                 ,/"
  ミ゙                      ;;"
  ミ;        ._               "彡
  ミ        ´         ヽ    彡,
  ミミ           `、_ /           ,彡
 ミミ            `、/          ミ
 ミ                          彡
 ミミ                       ,;;'
 ミミ      ヾ                ミ
 ミ       ミ     シ     ,,;''     ミ
 ミミ  '',,.,   丿    (,   ,,彡      彡
 ゙;     "''''"      "''''"         彡
  ゙,;                        ,;ゞ'' ;,
  ゙;;'                       ;;ミ  ";;
  ミ゙                       ;ミ  彡
   ミ ,,                     ;彡  シ
   ミミ                     彡  ジ
    ミ                    ,,ミ  ,,ミ
    "''ミ;       ツゞミ;        ミ"''"
      "ミ;,.,   ,.,彡'"゙.゙'"''"ミ;;,.,,  ,.彡"
        ""''''"         "'''''"

投稿: | 2010.11.24 11:32

無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!

投稿: 無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでも | 2010.11.24 05:17

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、          :..
     ,r'" .. .. : : ::ノし )(::: :.`ヽ. ビキ     . : :
 __,,::r'7" ::.  ノ(   ⌒j(⌒) (:::::::...ヽ_   ビキ : .
 ゙l  |  ::  ⌒. .::: ::: :: .. . .⌒:: :... ゙) 7      ::.
  | ヽ`l ,/\,,_::..、,;_、_...:::_,,,ノ\ /ノ )     , : ;
 .| ヾミ,l _;;: ::: ."''=:))il((=''" . . . ::` .ヒ-彡|      : .
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::);;;;;f';;_-ェェ-ニ,, ゙レr-{     . ::
  | ヽ"::::''_;:'" ̄´.::;i;;;;;;i,..`'' ̄`:;_ .::r';' }     . : :
 . ゙N l ::. .....:::;イ;:';;;;;;;;l;;;i、::... . . ...::,l,フ ノ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 . |_i"ヽ;:...::::::/::.゙'''=-='''´`ヽ::.....:/i l"   <  無視するな!!
   .|:.:.::゙l  :::i ,-==' '==::、..:i .::,il".::|'"     \__________
    .{::...::|:::.、 ::(┼┼┼┼} :::...:il::. .:|    : . .
   /ト、:. :|::..゙l;: `======='".:,i' .:,l'.::ノト、    : : . ..
 / .|::..\ゝ、゙l;:: : : : ⌒ :: :,,/;;,ノ;r'" :| \    :: : . .
'"   |:: : ..`''-、`'ー--─'";;-'''"... : : :|       :: : . .

投稿: 無視するな!! | 2010.11.23 23:21

    ;"ヽ、
    /   ヾ,.
   ミ;    \             __._,.,_..,、
   ;'       ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙"'"゙´"ゾ"   "   ジ
   ミ     "                 ,/"
  ミ゙                      ;;"
  ミ;        ._               "彡
  ミ        ´         ヽ    彡,
  ミミ           `、_ /           ,彡
 ミミ            `、/          ミ
 ミ                          彡
 ミミ                       ,;;'
 ミミ      ヾ                ミ
 ミ       ミ     シ     ,,;''     ミ
 ミミ  '',,.,   丿    (,   ,,彡      彡
 ゙;     "''''"      "''''"         彡
  ゙,;                        ,;ゞ'' ;,
  ゙;;'                       ;;ミ  ";;
  ミ゙                       ;ミ  彡
   ミ ,,                     ;彡  シ
   ミミ                     彡  ジ
    ミ                    ,,ミ  ,,ミ
    "''ミ;       ツゞミ;        ミ"''"
      "ミ;,.,   ,.,彡'"゙.゙'"''"ミ;;,.,,  ,.彡"
        ""''''"         "'''''"

投稿: もふもふするぞ! | 2010.11.23 11:41

無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!

投稿: 無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでもあるんだからな!無職の力をなめるなよ!時間はいくらでも | 2010.11.23 11:40

創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会創価学会

投稿: | 2010.11.23 11:35

わしのところに「創価学会を辞めたいが、どうすれば良いか」

との問い合わせのメールが耐えない。

そのたびに、わしは相手の状況をかんがみつつ、

メールを返すようにしているのだが、

原則として、いつもお話させていただいている事があるので、

その内容をここに掲載させていただく。

ただし、あくまでも原則であって、脱会方法は、人によって一様ではない。

 

普段から幽霊会員的立場の人ならば、

自作の脱会届一つ提出すれば、事は足りるだろう。

しかし、自分が活動家であったり、

家族が学会幹部だったりすると、一筋縄では行かない。

だから、脱会方法は、一様ではない。

その事を踏まえた上で脱会方法の要所を述べたいと思う。

わしがメールで良く質問される事があるので、

Q&A方式で、説明したいと思う。 

 

 

Q1.「もうやめた」と一言いえば、脱会できるか?

 

創価学会は、「もうやめた」と言われて

「ハイ、わかりました」と了承するような宗教団体ではない。

「もうやめた」と言わねば、もちろん脱会不可能であるが、

「もうやめた」と一言いうだけでは脱会できない。

その後、

学会側が根負けするまで、脱会の意志表明をし続ける必要がある。

 

 

Q2.創価学会には「脱会届」はないのか?

 

各地元組織に、脱会を申請する用紙はある。

しかし、この用紙を入手し、地元幹部にあずけても、

揉み潰される可能性が高い。

だから、創価学会で用意された脱会届を利用せず、

自作で脱会届を作成して、創価学会本部に直接、郵送するのが良い。

自作の脱会届であっても、法律的には有効であるから、心配しないで欲しい。

 

Q3.脱会をすると嫌がらせを受けるか?

 

創価学会員と近所で会っても、目を合わせてもらえなくなる程度の嫌がらせはある。

だが、刑事問題に発展するほどの嫌がらせは、通常無いと考えていい。

もし、ストーカーなどの、陰湿な嫌がらせがあれば、それは警察機関に訴えればいい。

 

自分が創価学会員の2世、3世で、親がバリバリの活動家である場合、

自分が脱会する事によって、親が組織内において、キマリの悪い思いをするという事がある。

だが、それを心配して脱会しないのであれば、自分の人生を親のために犠牲にしている事になる。

 

 

Q4.では、具体的にどうすれば脱会できるか?

 

大きく、2つの方法がある。

口頭で「辞めます」と表明する方法。

自作の脱会届を提出する方法。

 

 

Q5.口頭で脱会を表明するには、どうすればいいか?

 

一番良いのは、自分から幹部の家に押しかける。

そのほうが、話を切り上げやすい。

まず、

「私は創価学会を辞めます」

と意志表明する。

先方は、必ず脱会の理由を聞いてくる。

その時は

「創価学会の全てに嫌悪感を感じるから辞めます。」

と答える。

そすると「なぜ嫌悪感を感じるか?」と聞いて来る。

「主に感覚的な事ですから、お答え出来ません。あなたに美しく見える世界でも、

私には濁って見える。それだけです。」

と答える。

そして、

「脱会の意志も、理由もお答えしました。本人に明確な意志がある以上、

創価学会は脱会を認めざるを得ないはずです。

これにて私は脱会させていただきます。お世話になりました。」

と言って退室する。

できればこのやりとりは、ICレコーダーに録音しておくと良い。

いろんな面において活用できる。

 

 

Q6.脱会届を出したいのだが・・・。

 

次のような形で自作する。

(通常の内容証明の場合は、自筆になる。)

 

脱会届

 

創価学会 原田稔会長

 

本日付けで、私は創価学会を脱会します。

尚、引きとめ等の行為は行わぬようお願いいたします。

もし、引きとめ行為があれば、警察、法機関への通報も躊躇しません。

 

    所属組織(所属組織名がわからない場合は「不明」と書く)

    住  所(現住所を必ず明記)

    氏名・印(フリガナも添えてください)

 

                  平成○年○月○日(郵送する日)

      

送付先は

 

〒160-8583 東京都新宿区信濃町32

電話:03-3353-7111(代)

 

本部に「脱会届」が配達された事を証明する為、

配達証明付きの書留で送る。

通常の封書に、脱会届を入れ、郵便窓口で、

「配達証明付きの書留でお願いします。」

と言う。

もし、御本尊を一緒に送りたいのならば、

適当な箱に、御本尊と脱会届を入れて、同じ事を郵便窓口で言う。

必ず、手元に脱会届のコピーを数枚、残しておく事。

本人からの届けである事を証明する為、

「免許証+健康保険証」のように、

2つ以上の身分証明証のコピーを添付して、郵送すると良い。

 

慎重を期すには、

内容証明を用いると良い。

内容証明郵便とは、

差出人が送った手紙の内容を控え(謄本)によって

国家機関である郵政事業庁が証明する制度である。

インターネットから送れる

「e内容証明」と言うものがある。

  

脱会届は、あくまでも、創価学会本部に送る事。

地元組織に脱会について相談すると、必ず、このように言われるので注意する。

「自作の脱会届を出しても無効です。

学会には正式な脱会届があるので、これを支部長に出して下さい。」

そして、脱会届の書類を渡される。

これに記入して、支部長に提出すると、彼等は、その「脱会届」を本部に送らず、

無かったものとして封印してしまう。

除籍せずに、そのままにしてしまうのだ。

 

また、

脱会時に「面接」と言うものはない。

もし「脱会する時には面接が必要だ」と言われて会館に呼び出されても、

そんなルールも義務も無いので、行く必要はない。

幹部数人からの説得を受けるだけである。

 

脱会したい時は、サクサクっと自作で脱会届を作成して、学会本部に郵送する事。

誰の承諾を得る必要も無い。

ただし、脱会届を提出すると、

それ以降、学会員の訪問が無くなると言うわけではない。

 

創価学会本部に脱会届が到着すると、本部職員はすぐに脱会処理せずに、

必ず地元組織に確認の連絡を入れる。

「○○という人から脱会届が郵送されたが、間違いないか?」と。

すると、地元組織の人は、本人に確認せねばならない。

だから、創価学会本部に脱会届を郵送して、数日すると、

地元の創価学会員が、自宅をたずねて来る。

 

この場合、ドアの中に相手を入れない事。

ドアの外まで、自分が出て入って、脱会届の控えを見せながら

「はい、辞めました。間違いありません。」

と告げれば良い。

それでも、学会員は引きとめようと、ウダウダ言って来る。

なぜならば、自分の組織から脱会者を出すと、組織としての面子が潰れる。

学会員が、ウダウダ言ってきたら、

「もうこれ以上、創価学会の組織に関わりたくありません。

大変、お世話になりました。ありがとうございました。」

と言う。

それでも、なおかつウダウダ言って来たら、

「残念ですが、これ以上、お話する気はございません。これにてお引取り下さい。」

と言う。

そして、家の中に入ってしまえば終了。

万が一の為に、玄関のところにテープレコーダーを設置しておいて、

学会員が訪問したら、録音する。

このテープは、色々、使い道がある。

学会員が強迫して来るなど、面白い展開になれば、

そのテープをダビングして、チョンガーまで送って下さい。

考えるところがあるんで・・・。

 

もし、精神的に、非常に脆弱な状況で、

学会員に顔も合わせたくないのならば、地元組織用の手紙を作る。

 

文面は次の通り。

 

組織のみなさまへ

 

ごくろうさまです。

私は、非常にナーバスになっており、

冷静な話し合いをさせていただく自信がございません。

そこで、失礼ながらこのお手紙で、事情を説明させて下さい。

 

添付された書類にあるように、○月○日付で、

私、佐藤花代(自分の名前で)は、

本部に脱会届を提出させていただきました。

理由は、

創価学会の論理に、どうしても私がついて行けなかったと言う事です。

決して、組織の皆様の責任ではございません。

おそらく、みなさんも、

私と同じ思いで、悩まれているのではないかと思います。

ただ、結論の出し方が、みなさんとは違っていただけです。

脱会と言う結論の出し方について、

私の思慮が浅いとおっしゃる方もいるでしょう。

そう思われるならば、それで構いません。

しかしながら、今、ここにあるのは、脱会をしたと言う事実であり、

そして、この行為を取り消すつもりは、寸分もございません。

すみやかに、統監カードの抹消をお願いいたします。

 

みなさまには、大変、お世話になりました。

心より、お伝えさせていただきます。

ありがとうございました。

 

              平成○年○月○日

               佐藤花代(印)

 

玄関のドアに「○○支部のみなさまへ」と書いた封筒を、張っておく。

その中に、上記の手紙と、

脱会届の控えを、入れておく。

この手紙と、脱会届の控えは、何部もコピーし、

持って行かれたら、新しいものを入れる。

これで、直接対話は防げる。

 

法律的には、脱会届を郵送した日をもって、あなたはすでに創価学会員ではない。

創価学会本部が、即座に処理しようが、処理しまいが、それは創価学会側の問題であり、

法律的には、あなたはもう、創価学会員ではない。

脱会届を提出した後で、創価学会員が家庭訪問して来たとしても、

それは、すでに創価学会員では無くなった人間の家を訪問して来ているのである。

脱会はすでに、脱会届を郵送した日をもって、完了している。

上記の手紙を作成するのは、あくまでも、あなたの真心でしかない。

 

よく、地元の幹部に、脱会届を提出する人がいるが、

地元の幹部が、自分の責任を追及されない為に、もみ潰す事がある。

御本尊も脱会届も、自分の家に置いて、封印してしまう。

そういう事が、ひんぱんにある。

区長クラスでさえ、そういう事を平気でやる。

それが創価学会と言うところなのだ。

  

 

Q7.一度、脱会表明をしたのにも関わらず、

しつこく何度も訪問されたら、どうすれば良いか?

 

これは、相手が創価学会員と考えるからややこしくなる。

口頭であれ、あなたが一度、明確に脱会意志を表明したのならば、

あなたは創価学会員ではない。

創価学会員ではないあなたの家を、何度も訪問して来るのは、

エホバや一般の宗教団体が勧誘に来ているのと同じである。

そんな時、あなたはどうするか?

「シツコイから帰って下さい」

の一言であろう。

会話に応じる必要もないのだ。

 

創価学会と揉め出したら、電話や訪問時の会話内容を、テープ録音すればいい。

その内容を世間に公開する。

その方法については、まずはチョンガーまでメール欲しい。

 

 

Q8.創価学会は辞めたいが、信仰は継続したいので御本尊は返却したくない。

 

御本尊を受ける時、数千円支払っており、法律的にはこれが「代金」とみなされる。

つまり、御本尊とは購入したものであるから、返却する必要性など、基本的にはない。

御本尊を返却せず、脱会届だけを提出しても、創価学会は脱会を拒否できない。

だが、御本尊を返却したほうが、気分の上でも、スッキリするという事はあるだろう。

この場合は、御本尊は、創価学会に処分をお願いするという形で、郵送すれば良い。

 

ただし、御本尊を返却し、仏壇を捨てても、過去帳は捨てないで欲しい。

信仰は捨てても、先祖供養は続けていただきたい。

小さなテーブルに、お茶と御飯をお供えしても、先祖供養になるのだから、ぜひ、お願いしたい。

 

 

Q9.創価学会の名簿から、キレイに名前を消したい。

 

名簿と言うのは、

地域と本部の二箇所にある。

この二箇所から、キレイに登録が消されたか確認する術はない。

脱会したつもりでいても、

なぜか、信濃町本部に、カードが残っていたりする。

これはまるで、どこかの

ダイレクトメールの登録と同じである。

ダイレクトメールは不要だから、もう送るなと伝えても、しばらく止まっていたが、

期間を置いて、また送り続けて来り、そういうイイカゲンな業者があるが、

創価学会も、そんなものである。

だから、創価学会が国に報告する信者数が莫大なのである。

脱会したつもりになっても、

信者にカウントされている人が多い。

脱会届も、地元だけに提出すると、

地元の段階で、脱会届が止まってしまう事が多い。

それはつまり、脱会者を出した事は、地域の恥になるので、

できるだけ本部に報告したくない。

また、時間をかけて説得すれば、また組織に戻るかも知れないと期待して、

カードを保存してしまう。

そういう場合もあるので、脱会者として処理されない事が多々ある。

余程、明確な意思表明をしない限り、宙ぶらりんな状態になる。

また、本部に脱会届を出す方法もあるが、本部は、それをすぐには処理しない。

必ず、地元に確認し、本人の意志を確認させる。

なぜならば、脱会届が、いたずらである可能性があるから。

そして、地元が本人の意志を確認した上、間違いないとなった時点で、本部のカードは削除される。

この場合、地元がいつまでも

ストップをかけた状態ならば、

カードは、そのまま

本部に残り続ける。

このように、学会の統監から、カードを抹消する事は、非常に難しい。

こちらは

「除名」されるのを待つしかない。

除名させる為には、組織の人間が、やって来たら、

そのたびに、脱会の意志を表明する

事だ。

この根性なくして、創価学会からの足抜けは出来ない。

もちろん、法律的には、一度表明すれば、脱会は完了しているのだが、

創価学会側が、関係を切ろうとしないのだ。

闇金融の業者が、自己破産した者からも、取り立てを行うのと同じである。

 

 

Q10.前の組織で脱会表明したはずなのに、

なぜか引越先に学会員がやって来た。

 

Aと言う地域で脱会し、Bと言う地域に転居したら、

なぜかBの学会員がやって来たと言う話が良くある。

Aが

統監を削除してくれなかったのである。

これは一種の

嫌がらせだ。

わしも、活動家の頃、家庭訪問をした時

「私は、すでに学会を辞めているのですが・・・」

といわれた事がある。

これは、常識ではおかしな事だが、学会ではあたりまえの現象である。

 

だから、脱会意志を表明したにも関わらず、

学会員が、あなたの転居先に訪問して来た場合は、

「私はすでに創価学会を辞めております。統監カードが残っているにせよ、

それはあなた方が勝手に残しているだけであり、私の意志ではありません。

何度来られても、私は創価学会員ではありませんから、どうぞ、除名して下さい。」

と、言う。

 

 

Q11.創価学会に墓地を購入している。

脱会した後、墓地を引っ越さねばならないか?

 

創価学会が、脱会者に対し、墓地を出るように言ったという事例は、聞いた事が無い。

もし、自分が脱会する事で、墓地から出るように言われたら、

そのようなヒドイ事を言う宗教団体の管理する墓地に、

先祖の遺骨を埋めておけないのだから、出て行けば良いと思う。

だが、現状では、ひとまず、そのような心配は無いだろう。

 

 

以上で、脱会に際しての要所を述べたが、しばしば相談されるのは

「私は創価学会を辞めたほうがいいでしょうか」

「学会を辞めたいのですが、引きとめを考えると怖い」

と言うものである。

まず、思うのは、例えば、エロサイトを見ている時、

間違ってダイヤルQ2に繋がったとする。

そうしたら、急いで切断するだろう。

じゃないと、料金がガッポガッポ持っていかれる。

また、普段飲んでいる薬が、悪いものだと知ったら、

すぐさま服用を中止するだろう。

人間と言うのは、緊急避難する能力が備わっている。

「ヤバイ」と思えば、逃げようとするものだ。

創価学会がヤバイと心底思えば、どのような手段を用いても、辞めるだろう。

脱会方法うんぬんなどと考えているのは、まだそれほど追い込まれていないからだ。

本当に学会を辞めたいのならば、弁護士を頼んでも辞めるものだ。

 

「できれば波風起さず、円満に脱会したい」などと言うのは、

本気で脱会したいと考えているようには思えない。

本気で脱会したいのならば、

出刃包丁持って地区部長の家に押しかけるくらいの気迫

があるはずだ。

 

「穏便に済ませたい」などと思うのは、

まだ創価学会が自分にとって危険な場所であると判断していないからであり、

そうならば、脱会する必要性もない。

 

本気で学会はヤバイと感じれば、自然に「辞める」と表明するはずである。

人間の衝動と言うのは、ある時、素晴らしい力を発揮する。

好きな人に「好きだ!結婚してくれ!」と言わしめるのも衝動であり、

「創価学会など不愉快極まりない。即刻脱会したい!」

と言わしめるのも衝動である。

本気で脱会したいと言う衝動に襲われれば、

自動的に自分の口から脱会表明するものだから、

恐れる必要はない。

全て、自分の衝動に任せれば良い。

 

創価学会脱会というのは、状況により、本当に複雑な場合がある。

わからない事があれば、チョンガーまでメールを下さい。

脱会したら、こちらに体験記をお寄せ下さい。

       ↓

 http://b4.spline.tv/dakkai2/

投稿: | 2010.11.23 11:34

ゆうくん!ゆうくん!ゆうくん!ゆうくんぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ゆうくんゆうくんゆうくんぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!ゆうくんの桃色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
小説12巻のゆうくんたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期放送されて良かったねルイズたん!あぁあああああ!かわいい!ルイズたん!かわいい!あっああぁああ!
コミック2巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
ゆ う く ん ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ハルケギニアぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵のゆうくんちゃんが僕を見てる?
表紙絵のゆうくんちゃんが僕を見てるぞ!ゆうくんちゃんが僕を見てるぞ!挿絵のゆうくんちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメのゆうくんちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはルイズちゃんがいる!!やったよケティ!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックのルイズちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあアン様ぁあ!!シ、シエスター!!アンリエッタぁああああああ!!!タバサァぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよゆうくんへ届け!!ハルゲニアのゆうくんへ届け

投稿: | 2010.11.23 11:34

blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろpblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろ

投稿: | 2010.11.23 11:33

blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろpblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろ

投稿: | 2010.11.23 11:32

blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろpblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ blogやめろblogやめろ

投稿: | 2010.11.23 11:32

blogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろpblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろblogやめろ

投稿: | 2010.11.23 11:26

いたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさい

投稿: いたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずら | 2010.11.22 17:20

真紅「だわだわ、だわわだわわ」

翠星石「ですぅ!?です、ですですぅwwww」

雛苺「なのなの、なのー?」

蒼星石「・・・」

翠星石「です、です!」

蒼星石「え?僕!?」

真紅「だわわ」コクリ

蒼星石「え、えーと・・・アハハ・・・」

蒼星石(何の話なんだ・・・)

ピンポーン

水銀燈「誰か来たわよぉ」

JUM「水銀燈が出てくれよ。どうせ金糸雀がかしらかしら言いながら入ってくるんだよ」

水銀燈「お断りするわぁ。だいたい私はお客さんよ?」

JUM「くそ・・・気が引ける」

JUM「はーい、どちら様ですか?」

こんにちはーお届け物でーす!

JUM「あ、はーい」

JUM(良かった・・・金糸雀じゃなかった)

JUM「どうも。ご苦労さんです」

バタン

JUM「僕宛?何か頼んだっけ・・・にしても重いな」

水銀燈「あら、何それ美味しいもの?」

JUM「なんで食い物だと思ったんだよ・・・」

水銀燈「・・・まぁいいじゃない」

JUM「開けてみるか」

ガチャ

蒼星石「はひぃ・・・」ヨロヨロ

水銀燈「・・・お疲れ様」

JUM「どうだ。感想は?」

蒼星石「悪夢以外の何物でもなかったよ・・・」

水銀燈「でしょうねぇ。貴女はよく我慢したわよ」

蒼星石「メルシーボークー・・・」

JUM「あった、このカッターで・・・」

蒼星石「いつかあの3人も一階に降りてくるんだろうね」

水銀燈「相手にできる自信がないわよぉ・・・」

JUM「僕もだ。よいしょ!」

ビリビリー

蒼星石「その荷物は何?」

JUM「今届いたんだよ」

水銀燈「早く早く!開けなさいよぉ!!」

JUM「うるさいな。食べ物じゃないだろ・・・」

バァァァーーーーーン!!

JUM・銀・蒼「荷物が!?!?」ビクゥ

金糸雀「かしらかしらかしらーーーー!!」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「増えた・・・」

金糸雀「かしらかしらかしらー」

水銀燈「荷物から出てくるんじゃないわよ!この愚昧がぁ!!」

蒼星石「今大変なんだよ。消えろ」

JUM「これ以上増やしてどうするんだよ・・・」

金糸雀「かしら?かしらかしらー」

蒼星石(喋るなよ)

JUM「遠くの島で静かに暮らしたい・・・」

ガチャ

真紅「だわ?だわわ」

翠星石「ですぅ・・・ですです、です!」

雛苺「なのー」

金糸雀「かしら!かしらかしら」

蒼星石「最悪のタイミングだ・・・」

水銀燈「集結しちゃったわよ?」

JUM「それを僕に言ったところでなぁ」

真紅「だわ、だわわだわだわ」

JUM「・・・へ?僕??」

真紅「だわわ。だわだわわわ」

JUM「・・・紅茶?」

真紅「だわわ!だわだわわっわわわ!!」

金糸雀「かしらかしらー。かしら?」

水銀燈「帰りたい・・・」

翠星石「ですぅ、ですですです」グイグイ

雛苺「なのなのなのー」グイグイ

蒼星石「引っ張らないでください・・・勘弁してください・・・」

真紅「だわだわわだわ」

翠星石「ですですでっすです」

雛苺「なのなのなのー。なのなの」

金糸雀「かしらかしら!かしらかしらー」

JUM「・・・もうやだあああああああああ!!!」

バリィィィーーーン!!

蒼星石「あ!JUM君!?」

水銀燈「窓ガラス突き破って逃げたわよぉ!」

JUM「HYEEEEEEEEEEEEEE!!」

水銀燈「置いてくんじゃないわよぉ!」

蒼星石「水銀燈、追うよ!」

――――・・・

JUM「あばばばばばばっばばばばばああああああ!!」

蒼星石「JUM君!」

水銀燈「ショック療法よぉ!」

ゴキィ!

JUM「ガフッ!?!?」

水銀燈「これでよし」

蒼星石「すごい鈍い音がしたんだけど・・・」

水銀燈「大丈夫よ。それよりあのジャンクたちは?」

蒼星石「置いてきたよ。言い方が悪いけどしばらく顔も見たくない」

JUM「う~ん・・・ハッ!アイツらは!?」

水銀燈「置いてきたわよ。それより何で一人で逃げたのよ・・・」

蒼星石「まぁまぁ・・・それよりこれからどうしようか」

JUM「ここは公園か。しばらくして帰ったら元に戻ってないかな」

蒼星石「どうだろうね・・・」

水銀燈「あのぞうさん滑り台の下に隠れましょう」

JUM「ああ」

蒼星石「おじゃましま~す・・・ん?」

真紅「だわわ」

蒼星石「あれ?」

JUM「うわぁ!?なんでここにいるんだよ!?」

水銀燈「やだ、怖いわよぉ・・・」

真紅「だわわだわ」

翠星石「ですですぅ」ポンポン

蒼星石「す、翠星石!?」

雛苺「なのー・・・」

金糸雀「かしらー・・・」

水銀燈「いつから居るのよ貴女達ーーー!?」

JUM「うおおおおお!!逃げるぞ!!!」

ダダダダ・・・

JUM「とにかく、全力疾走だ!」

水銀燈「どこかに逃げ込むのよぉ」

蒼星石「うん。・・・撒いたかな?」

翠星石「ですですですです」

真紅「だわだわだわだわ」

JUM「おい・・・凄いスピードで追いかけてくるぞ!!」

水銀燈「右に逃げるわよ!」

蒼星石「うん・・・あれ、雛苺と金糸雀は?」

JUM「知るもんか!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」2 | 2010.11.22 16:49

水銀燈「確かこの先にコンビニがあるわ。そこに逃げ込んでやり過ごすのよ!」

JUM「ああ。・・・大丈夫か?その作戦」

蒼星石「いいから!」

ピンポーンピンポーン

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「・・・」

真紅「だわだわだわだわ・・・」

翠星石「ですですですですぅ・・・」

ダダダダ・・・

JUM「・・・よっしゃ、行ったな」

水銀燈「上手いことやり過ごせたわねぇ」

蒼星石「でも・・・これじゃあ帰る所の話じゃないね」

JUM「ああ。ここを移動しながら考えるか」

水銀燈「そうねぇ・・・」

ピンポンピンポーン・・・

客「ファミチキくださいブヒッwwwww」

JUM「うぜぇ・・・」

雛苺「なのなの、なのなのなのー」

金糸雀「かしらー」

蒼星石「・・・雛苺と金糸雀が店員の格好をしてる!?」

雛苺「なのなの、なのー」

金糸雀「かしらかしらー・・・」

JUM「く、来るんじゃあないぞッ!!」

水銀燈「逃げるわよぉ!!」

バリィィィン!!

蒼星石「羽で窓ガラスを・・・!」

雛苺「なの、なのなのなの!!」

金糸雀「かしらああぁぁぁ!!」

JUM「走れ!!」

――――・・・

JUM「はぁ、はぁ・・・追いかけてきてるか!?」

蒼星石「いや、今のところは大丈夫みたいだね」

水銀燈「ちょっと、逃げるので一杯一杯だったから気が付かなかったけど・・・」

JUM「ああ。街中まで来てしまったな」

蒼星石「仕方ないよ。今回ばかりは」

水銀燈「ちょっと休憩したいわぁ。あそこのカフェに入りましょう」

JUM「ああ・・・クソ、信号が長いな」

蒼星石「不思議と信号って変わってほしい時に限って遅く感じるよね」

水銀燈「そういうものよ。落ち着いて待ちなさい」

JUM「・・・変わったぞ。行こう」

真紅「だわだわ」

蒼星石「うん。行こう水銀燈、真紅」

翠星石「ですぅ」

水銀燈「ちょっと、翠星石を忘れてるわよぉ・・・翠星石??」

JUM「・・・ん?」

蒼星石「・・・あれ?」

水銀燈「げぇっ!?」

真紅「だわだわ・・・」ニヤ-

翠星石「ですですぅ・・・」ニヤニヤ

JUM「う、う、うわあああああああ!!」

水銀燈「いつの間に!?」

蒼星石「あ!JUM君、水銀燈危ないよ!!」

キキィィーー!!

JUM「うおぉ!?・・・轢かれるかと思った」

水銀燈「もういろいろ怖いわよぉ・・・」ドキドキ

ガチャ

金糸雀「かしら、かしらかしらー!!」プンプン

雛苺「なのなのなーの!」プンプン

JUM「お前らかよ!!」

蒼星石「突っ込んでる場合じゃないよ!!」

水銀燈「何で運転できるのよぉ・・・」

真紅「だわだわ!」

翠星石「ですぅ!!」

JUM「まずい、挟み撃ちだ!!」

水銀燈「・・・これは!二人共、周りを見てみなさい!」

蒼星石「え?」

JUM「そんなこと言ってる場合じゃ・・・」

水銀燈「平日の昼間なのに・・・閑散としすぎてるわぁ!さっきまで人でごった返してたのに!!」

真紅「だわだわ」

翠星石「ですぅ」

雛苺「なのなの」

金糸雀「かしら」

JUM「おかしい!ここは一体何処なんだ!?」

蒼星石「どうやら攻撃する気らしいね・・・囲まれた」

真紅「だわだわだわ!」

雛苺「なのーーー!!」

ビシィィイ!!

JUM「い・・・苺わだちが足に!」

翠星石「ですぅーーーー!!」

金糸雀「かしらああああ!!」

蒼星石「やめるんだ翠星石、金糸雀!!」

水銀燈「くぅっ!!」

ドゴォォォォォン・・・

真紅「・・・??」

翠星石「ですぅ!?」

金糸雀「かしら・・・??」

雛苺「なのなのー・・・」

水銀燈「ふんぎぎぎぎぎぎぎ・・・」バサバサ

JUM「おいもっと頑張

投稿: | 2010.11.23 11:25

A scientist in a broad sense is one engaging in a systematic activity to acquire knowledge. In a more restricted sense, a scientist is an individual who uses the scientific method.[1] The person may be an expert in one or more areas of science.[2] This article focuses on the more restricted use of the word. Scientists perform research toward a more comprehensive understanding of nature, including physical, mathematical and social realms.
This is distinct from philosophers, those who use logic toward a more comprehensive understanding of intangible aspects of reality that lack a direct connection to nature, focusing on the realm of thought itself.
Scientists are also distinct from engineers, those who develop devices that serve practical purposes. When science is done with a goal toward practical utility, it is called 'applied science' (short of the creation of new devices that fall into the realm of engineering). When science is done with an inclusion of intangible aspects of reality it is called 'natural philosophy'.

Social roles that partly correspond with the modern scientist can be identified going back at least until 17th century natural philosophy, but the term scientist is much more recent. Until the late 19th or early 20th century, those who pursued science were called "natural philosophers" or "men of science".[3][4][5][6]

English philosopher and historian of science William Whewell coined the term scientist in 1833, and it was first published in Whewell's anonymous 1834 review of Mary Somerville's On the Connexion of the Physical Sciences published in the Quarterly Review. Whewell's suggestion of the term was partly satirical, a response to changing conceptions of science itself in which natural knowledge was increasingly seen as distinct from other forms of knowledge. Whewell wrote of "an increasing proclivity of separation and dismemberment" in the sciences; while highly specific terms proliferated—chemist, mathematician, naturalist—the broad term "philosopher" was no longer satisfactory to group together those who pursued science, without the caveats of "natural" or "experimental" philosopher. Members of the British Association for the Advancement of Science had been complaining about the lack of a good term at recent meetings, Whewell reported in his review; alluding to himself, he noted that "some ingenious gentleman proposed that, by analogy with artist, they might form [the word] scientist, and added that there could be no scruple in making free with this term since we already have such words as economist, and atheist—but this was not generally palatable".[7]

Whewell proposed the word again more seriously (and not anonymously) in his 1840 The Philosophy of the Inductive Sciences:

We need very much a name to describe a cultivator of science in general. I should incline to call him a Scientist. Thus we might say, that as an Artist is a Musician, Painter, or Poet, a Scientist is a Mathematician, Physicist, or Naturalist.

He also proposed the term physicist at the same time, as a counterpart to the French word physicien. Neither term gained wide acceptance until decades later; scientist became a common term in the late 19th century in the United States and around the turn of the 20th century in Great Britain.[8][9][10] By the twentieth century, the modern notion of science as a special brand of information about the world, practiced by a distinct group and pursued through a unique method, was essentially in place.

投稿: | 2010.11.23 11:23

今は、Ymada Taroという表記でも間違えではないということですかね。アメリカや他英語圏のコンプレックスではなく私の名前はTaro YmadaではなくYamada Taroという事を世間含め世界にも解ってもらえたら嬉しいです。
その国の言葉に合わせるというなら英語表記だから英国圏のやり方に合わせるという考えでは日本にいる英語圏の人の名前をカタカナで表記した時は逆にするという考えになりますね例)ジョン・レノン×レノン・ジョン○
これは日本人の考えだからか解りませんが、私が日本の事を知らない西洋人だったら、あの人の名前は太郎山田と認識されてしまいます。日本人から見ても氏と名が逆?みたいな氏名の人もいます。例)高師という氏や佐藤という名の人もいます。決して私の名前は太郎山田ではなく山田太郎なのです。
今回は英語表記をする時はYmada,Taroというのを覚えました。こういうのは各国にやさしい?(どちらが氏名か解りやすい)名前の表記でいいですね。こういうやり方を世界で共通させた方が氏名どちらか逆か解らない国では混乱しなくていいですね。

投稿: | 2010.11.23 11:23

伝統論証とは、古くからある考え方は無条件に正しいとする前提に立った議論です。別名『伝統に訴える論証』とも呼ばれています。過去の事例を引き合いに出して証明しようとする伝統論証は、多くの人々により無自覚なまま利用されています。(以降この表現が出たときは筆者の主観です。)

伝統論証には次の二つの前提が含まれています。
1.古い方法は、その導入時には正しいことが証明されていた。
2.その根拠は今も妥当である。
したがって、上の二つに対し反論を試みることができます。
1について、導入時の根拠は本当に正しかったのか?
2について、その根拠は今でも本当に妥当なのか?

(これは下手な例です。)
「これまで日本人は名姓順を使ってきたからが、名姓順を変えるべきではない。」
1.これまでの名姓順が正しかったといえる根拠が示されていません。
2.その根拠が今でも妥当である理由が示されていません。

伝統論証は、新しい変化に伴うリスクを恐れるゆうくんのような人に対してよく効きます。

※伝統論証とは逆に、新しい考え方ほど無条件に正しいとする議論も『新しさに訴える論証』という詭弁です。

投稿: 詭弁【これまでは○○であったから、○○すべきだ (伝統論証)】 | 2010.11.22 17:55

ゆうくんが無職ということはよく知っています。
いったい何時になったら働くのでしょうか?

投稿: | 2010.11.22 17:35

投稿: | 2010.11.22 17:34

 ┌──────────────‐┐
 |              ┐      ┐  │
 |  オ  し  見  妹  字  株   │
 |  タ  ま  .え └   が └    │
 |  ク  う   て  に      と    |
 |      ほ           い    |
 |     ど             う   │
 │       ,. -ー冖'⌒'ー-、         |
 └───‐,ノ         \ ――─┘
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
!     l   |::::::|  ` ̄ ̄´    |::::::|/
    ノ\ |::::::|            |::::::|

投稿: | 2010.11.22 17:33

           / ̄\
           |    |
           \_/
             | __
            ┴´   ``ヽ   
          /::::::::::|::::::    `ヽ       ん?キレた?キレた?殴ってもいいよ?早く?早く?
         /:::\::::::::   `ヽ  
    ((   / ::::::::::⌒      )   
        |  ⌒(_人__)       ノ | |  
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
         人           \

投稿: | 2010.11.22 17:32

「バカの家はどこですか?」って聞いたらキミの家を教えてくれるほどバカなの?
風邪気味だから医者に行ったら「バカにつける薬はありません…」って泣かれるほどなの?
「風邪気味で」って何度言っても額に聴診器あてられるほどのバカなの?
グーグルでバカを検索したらお前の名前が一番上に来るくらいバカなの?
元素レベルでバカなの? 元素記号がBkなの?
この世で最も軽い元素なの? 水素も一目置いてるの?
水素が「自分・・・まだまだっス まだ軽さ極めてないっス」って脱帽したの?

投稿: おばかはだあれ? | 2010.11.22 17:32

     /: : : : : __: :/: : ::/: : ://: : :/l::|: : :i: :l: : :ヽ: : :丶: : 丶ヾ    ___
     /;,, : : : //::/: : 7l,;:≠-::/: : / .l::|: : :l: :|;,,;!: : :!l: : :i: : : :|: : ::、  /     ヽ
    /ヽヽ: ://: :!:,X~::|: /;,,;,/: :/  リ!: ::/ノ  l`ヽl !: : |: : : :l: :l: リ / そ そ お \
   /: : ヽヾ/: : l/::l |/|||llllヾ,、  / |: :/ , -==、 l\:::|: : : :|i: | /   う う  前  |
.   /: : : //ヾ ; :|!: イ、||ll|||||::||    ノノ  イ|||||||ヾ、 |: ::|!: : イ: ::|/   な 思 が
   /: : ://: : :ヽソ::ヽl |{ i||ll"ン    ´   i| l|||l"l `|: /|: : /'!/l     ん う
 ∠: : : ~: : : : : : : :丶ゝ-―-      ,  ー=z_ソ   |/ ハメ;, :: ::|.   だ ん
   i|::ハ: : : : : : : : : : : 、ヘヘヘヘ     、  ヘヘヘヘヘ /: : : : : \,|.   ろ な
   |!l |: : : : : : : : :、: ::\    、-―-,      / : : :丶;,,;,:ミヽ   う  ら
     丶: :ハ、lヽ: :ヽ: : ::\__  `~ "      /: : ト; lヽ)   ゝ
       レ `| `、l`、>=ニ´        ,  _´ : :} `   /
         ,,、r"^~´"''''"t-`r、 _  -、 ´ヽノ \ノ   /    お ・
       ,;'~  _r-- 、__     ~f、_>'、_         |  で  前 ・
      f~  ,;"     ~"t___    ミ、 ^'t         |  は  の ・
      ,"  ,~         ヾ~'-、__ ミ_ξ丶     |  な  中 ・
     ;'  ,イ ..          ヽ_   ヾ、0ヽ丶    l         /
     ( ;":: |: :: ..          .`,   ヾ 丶 !    \____/
     ;;;; :: 入:: :: ::      l`ー-、   )l   ヾ 丶
     "~、ソ:: :い:: :     \_  ノ ,    ヾ 丶

投稿: | 2010.11.22 17:30

              _-- ( ヽ、
            /  __\ \)ノ/リ
          /      、
       |    /、  ∠/ヽヘ 苦労したことのない人間が言う...
     ,.-/|   -=、_/ "|   _∠/  \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ   ヽ,-\}   ∠ノ      ヾ、 /    \そう、「ウソ臭さ」
 ̄ ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\    ( みたいなものを感じてしまうんですよ。
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ

投稿: | 2010.11.22 17:29

    i`i
    | .|_,.、/'i
   ノ'" ニヽイ
  r〈   くン      __
  ト-'r、ィ-へ7  _Σニ'ゝ=oo<{  _,イ  イイ. 
  レへ,  ハ   / ⌒  |__,.-ヘ.7  
      '⌒!,ヘ/ 、   , ト,   \ 
        r〉 '   i   ヽ'〈´   〉
       / /   !  ヽ ヽ、 /
      /  /       ,イ `く
     /   /     _rヘo'_    ヽ、
   rく /       レiヽ_7  ヽ  」、

投稿: | 2010.11.22 17:29


        \         ´ ̄ ̄         /
          |       / //| | :| | ト、. \    |
   誰     |     / /||-廾' | トHL|:i: ハ    |   ゆうくん
   も     :|     | :|V≦・≧ ≦・≧|/ !   |   の
   聞     |     | 从   ,,   リ |    :|   妄
   い       :|     Vヽ| 〃ーニニ=ヽ |ノ/    |   想
   て      :|      Vト、       / /   ヽ   .な
   ね     |      V|ミ=z,,_   イ//       |   ん
    ぇ     ソ     __リ_`ミ/'´   l!/       :|   か  
   よ      :|   _/ ト、 フ'/^Y ^Yヾ|\      |   
          |  ̄  | ∧ :| :|  |  :l :|∧ト、    \  
        /       レ   ト! :|  |   l / | \    \__
       /      __|!`ヾ  |   |/.|__  ヽ
   ̄ ̄ ̄          !ニニコ|!   \! // |L ニ!   ト、
                 __|!    Y/  |__   :! 丶
              !ニニコ|     |   |L ニ!   |  |

投稿: | 2010.11.22 17:28

このサイトは、日本国民の多くが知らないゆうくんの実態を、広く世間に知らせることを目的としたサイトです。
「ゆうくん」と聞くと、中国、韓国、北朝鮮を思い浮かべられる方が多いと思いますが、日本国内にも、
  おばか思想を持った勢力が存在します。それらのおばか勢力の活動や主張の矛盾点・捏造点を監視し、
国民が知るべき日本の真実・裏事情を不特定多数で執筆しています。
  そして、本来ならば報道されるべきこれらのゆうくんの情報について、日本のマスコミが殆ど報道しないため、
  特にマスコミが隠す情報を収集し、インターネットの利点を活かして国民の皆様に情報を提供しています。

投稿: きちがいゆうくん | 2010.11.22 17:27

荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ

投稿: 荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ | 2010.11.22 17:21

いたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさい

投稿: いたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずらしてごめんあさいいたずら | 2010.11.22 17:20

真紅「だわだわ、だわわだわわ」

翠星石「ですぅ!?です、ですですぅwwww」

雛苺「なのなの、なのー?」

蒼星石「・・・」

翠星石「です、です!」

蒼星石「え?僕!?」

真紅「だわわ」コクリ

蒼星石「え、えーと・・・アハハ・・・」

蒼星石(何の話なんだ・・・)

ピンポーン

水銀燈「誰か来たわよぉ」

JUM「水銀燈が出てくれよ。どうせ金糸雀がかしらかしら言いながら入ってくるんだよ」

水銀燈「お断りするわぁ。だいたい私はお客さんよ?」

JUM「くそ・・・気が引ける」

JUM「はーい、どちら様ですか?」

こんにちはーお届け物でーす!

JUM「あ、はーい」

JUM(良かった・・・金糸雀じゃなかった)

JUM「どうも。ご苦労さんです」

バタン

JUM「僕宛?何か頼んだっけ・・・にしても重いな」

水銀燈「あら、何それ美味しいもの?」

JUM「なんで食い物だと思ったんだよ・・・」

水銀燈「・・・まぁいいじゃない」

JUM「開けてみるか」

ガチャ

蒼星石「はひぃ・・・」ヨロヨロ

水銀燈「・・・お疲れ様」

JUM「どうだ。感想は?」

蒼星石「悪夢以外の何物でもなかったよ・・・」

水銀燈「でしょうねぇ。貴女はよく我慢したわよ」

蒼星石「メルシーボークー・・・」

JUM「あった、このカッターで・・・」

蒼星石「いつかあの3人も一階に降りてくるんだろうね」

水銀燈「相手にできる自信がないわよぉ・・・」

JUM「僕もだ。よいしょ!」

ビリビリー

蒼星石「その荷物は何?」

JUM「今届いたんだよ」

水銀燈「早く早く!開けなさいよぉ!!」

JUM「うるさいな。食べ物じゃないだろ・・・」

バァァァーーーーーン!!

JUM・銀・蒼「荷物が!?!?」ビクゥ

金糸雀「かしらかしらかしらーーーー!!」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「増えた・・・」

金糸雀「かしらかしらかしらー」

水銀燈「荷物から出てくるんじゃないわよ!この愚昧がぁ!!」

蒼星石「今大変なんだよ。消えろ」

JUM「これ以上増やしてどうするんだよ・・・」

金糸雀「かしら?かしらかしらー」

蒼星石(喋るなよ)

JUM「遠くの島で静かに暮らしたい・・・」

ガチャ

真紅「だわ?だわわ」

翠星石「ですぅ・・・ですです、です!」

雛苺「なのー」

金糸雀「かしら!かしらかしら」

蒼星石「最悪のタイミングだ・・・」

水銀燈「集結しちゃったわよ?」

JUM「それを僕に言ったところでなぁ」

真紅「だわ、だわわだわだわ」

JUM「・・・へ?僕??」

真紅「だわわ。だわだわわわ」

JUM「・・・紅茶?」

真紅「だわわ!だわだわわっわわわ!!」

金糸雀「かしらかしらー。かしら?」

水銀燈「帰りたい・・・」

翠星石「ですぅ、ですですです」グイグイ

雛苺「なのなのなのー」グイグイ

蒼星石「引っ張らないでください・・・勘弁してください・・・」

真紅「だわだわわだわ」

翠星石「ですですでっすです」

雛苺「なのなのなのー。なのなの」

金糸雀「かしらかしら!かしらかしらー」

JUM「・・・もうやだあああああああああ!!!」

バリィィィーーーン!!

蒼星石「あ!JUM君!?」

水銀燈「窓ガラス突き破って逃げたわよぉ!」

JUM「HYEEEEEEEEEEEEEE!!」

水銀燈「置いてくんじゃないわよぉ!」

蒼星石「水銀燈、追うよ!」

――――・・・

JUM「あばばばばばばっばばばばばああああああ!!」

蒼星石「JUM君!」

水銀燈「ショック療法よぉ!」

ゴキィ!

JUM「ガフッ!?!?」

水銀燈「これでよし」

蒼星石「すごい鈍い音がしたんだけど・・・」

水銀燈「大丈夫よ。それよりあのジャンクたちは?」

蒼星石「置いてきたよ。言い方が悪いけどしばらく顔も見たくない」

JUM「う~ん・・・ハッ!アイツらは!?」

水銀燈「置いてきたわよ。それより何で一人で逃げたのよ・・・」

蒼星石「まぁまぁ・・・それよりこれからどうしようか」

JUM「ここは公園か。しばらくして帰ったら元に戻ってないかな」

蒼星石「どうだろうね・・・」

水銀燈「あのぞうさん滑り台の下に隠れましょう」

JUM「ああ」

蒼星石「おじゃましま~す・・・ん?」

真紅「だわわ」

蒼星石「あれ?」

JUM「うわぁ!?なんでここにいるんだよ!?」

水銀燈「やだ、怖いわよぉ・・・」

真紅「だわわだわ」

翠星石「ですですぅ」ポンポン

蒼星石「す、翠星石!?」

雛苺「なのー・・・」

金糸雀「かしらー・・・」

水銀燈「いつから居るのよ貴女達ーーー!?」

JUM「うおおおおお!!逃げるぞ!!!」

ダダダダ・・・

JUM「とにかく、全力疾走だ!」

水銀燈「どこかに逃げ込むのよぉ」

蒼星石「うん。・・・撒いたかな?」

翠星石「ですですですです」

真紅「だわだわだわだわ」

JUM「おい・・・凄いスピードで追いかけてくるぞ!!」

水銀燈「右に逃げるわよ!」

蒼星石「うん・・・あれ、雛苺と金糸雀は?」

JUM「知るもんか!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」2 | 2010.11.22 16:49

水銀燈「確かこの先にコンビニがあるわ。そこに逃げ込んでやり過ごすのよ!」

JUM「ああ。・・・大丈夫か?その作戦」

蒼星石「いいから!」

ピンポーンピンポーン

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「・・・」

真紅「だわだわだわだわ・・・」

翠星石「ですですですですぅ・・・」

ダダダダ・・・

JUM「・・・よっしゃ、行ったな」

水銀燈「上手いことやり過ごせたわねぇ」

蒼星石「でも・・・これじゃあ帰る所の話じゃないね」

JUM「ああ。ここを移動しながら考えるか」

水銀燈「そうねぇ・・・」

ピンポンピンポーン・・・

客「ファミチキくださいブヒッwwwww」

JUM「うぜぇ・・・」

雛苺「なのなの、なのなのなのー」

金糸雀「かしらー」

蒼星石「・・・雛苺と金糸雀が店員の格好をしてる!?」

雛苺「なのなの、なのー」

金糸雀「かしらかしらー・・・」

JUM「く、来るんじゃあないぞッ!!」

水銀燈「逃げるわよぉ!!」

バリィィィン!!

蒼星石「羽で窓ガラスを・・・!」

雛苺「なの、なのなのなの!!」

金糸雀「かしらああぁぁぁ!!」

JUM「走れ!!」

――――・・・

JUM「はぁ、はぁ・・・追いかけてきてるか!?」

蒼星石「いや、今のところは大丈夫みたいだね」

水銀燈「ちょっと、逃げるので一杯一杯だったから気が付かなかったけど・・・」

JUM「ああ。街中まで来てしまったな」

蒼星石「仕方ないよ。今回ばかりは」

水銀燈「ちょっと休憩したいわぁ。あそこのカフェに入りましょう」

JUM「ああ・・・クソ、信号が長いな」

蒼星石「不思議と信号って変わってほしい時に限って遅く感じるよね」

水銀燈「そういうものよ。落ち着いて待ちなさい」

JUM「・・・変わったぞ。行こう」

真紅「だわだわ」

蒼星石「うん。行こう水銀燈、真紅」

翠星石「ですぅ」

水銀燈「ちょっと、翠星石を忘れてるわよぉ・・・翠星石??」

JUM「・・・ん?」

蒼星石「・・・あれ?」

水銀燈「げぇっ!?」

真紅「だわだわ・・・」ニヤ-

翠星石「ですですぅ・・・」ニヤニヤ

JUM「う、う、うわあああああああ!!」

水銀燈「いつの間に!?」

蒼星石「あ!JUM君、水銀燈危ないよ!!」

キキィィーー!!

JUM「うおぉ!?・・・轢かれるかと思った」

水銀燈「もういろいろ怖いわよぉ・・・」ドキドキ

ガチャ

金糸雀「かしら、かしらかしらー!!」プンプン

雛苺「なのなのなーの!」プンプン

JUM「お前らかよ!!」

蒼星石「突っ込んでる場合じゃないよ!!」

水銀燈「何で運転できるのよぉ・・・」

真紅「だわだわ!」

翠星石「ですぅ!!」

JUM「まずい、挟み撃ちだ!!」

水銀燈「・・・これは!二人共、周りを見てみなさい!」

蒼星石「え?」

JUM「そんなこと言ってる場合じゃ・・・」

水銀燈「平日の昼間なのに・・・閑散としすぎてるわぁ!さっきまで人でごった返してたのに!!」

真紅「だわだわ」

翠星石「ですぅ」

雛苺「なのなの」

金糸雀「かしら」

JUM「おかしい!ここは一体何処なんだ!?」

蒼星石「どうやら攻撃する気らしいね・・・囲まれた」

真紅「だわだわだわ!」

雛苺「なのーーー!!」

ビシィィイ!!

JUM「い・・・苺わだちが足に!」

翠星石「ですぅーーーー!!」

金糸雀「かしらああああ!!」

蒼星石「やめるんだ翠星石、金糸雀!!」

水銀燈「くぅっ!!」

ドゴォォォォォン・・・

真紅「・・・??」

翠星石「ですぅ!?」

金糸雀「かしら・・・??」

雛苺「なのなのー・・・」

水銀燈「ふんぎぎぎぎぎぎぎ・・・」バサバサ

JUM「おいもっと頑張れよ銀次!」

水銀燈「だぁれがスリ師よぉ!!」

蒼星石「やるじゃないか水銀燈。みんな気が付いてないうちにあそこに行こう」

JUM「あそこ?」

蒼星石「この空間はどこか異質だ。気がつかないうちに迷い込んでしまったけど・・・」

水銀燈「そうねぇ、もしかしてあの子たちがおかしくなったのもこの空間が何か関係してるかも」

JUM「・・・ここはnのフィールドなのか?」

蒼星石「違うね。でも非常に近いものがある」

水銀燈「・・・なぁーんとなくだけど分かってきたわぁ」

JUM「何が?」

水銀燈「この状況を楽しみそうなのは誰よ?」

蒼星石「そういう事だね」


JUM「・・・あのウサギか!!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」3 | 2010.11.22 16:49

――――・・・

ラプラス「ふむふむ、中々上手にいきませんね・・・」

ラプラス「さて、あの方達は一体どうなったんでしょうか?」

ラプラス「ん?モニターから見えない・・・何処に行ってんでしょうか」

水銀燈「ここにいるよぉー」

ラプラス「え?」

蒼星石「やっぱり黒幕は貴方か、クソウサギ・・・!」

JUM「縛り上げろ!!」

ラプラス「えちょまtt」

ラプラス「誤解ですって。大体なんで私が縛り上げられなきゃいけないんですか」

水銀燈「白々しいわねぇ」

蒼星石「信用できないねぇ。僕のお尻を舐めれば言い訳を聞いてやらないこともないけど・・・」

JUM「何言ってるんだお前は」

ラプラス「いくらでも舐めますから話を聞いてください・・・」

蒼星石「はぁ?なんで僕の高貴なお尻を兎なんかに舐めさせなきゃいけないんだよ」

ラプラス「・・・」

JUM「こいつの言うことを真に受けないでさっさと話してくれないか」

ラプラス「はい。実はですね・・・」

――――・・・

真紅「私たちも忙しいの。私たちがいないと誰がJUMを守るの?」

翠星石「のりじゃ役不足ですし、桜田家以外のドールズは役不足ですし?」

雛苺「そうなの。だからお前には雛たちのレプリカを作ってほしいの!」

ラプラス「はぁ・・・」

真紅「言っておくけど選択肢ははいかYesよ。それ以外だったら煮て焼いて食うのだわ」

ラプラス「・・・あんまりだ」

翠星石「ともかく!さっさと作るです。一回試運転を忘れるんじゃないですよ!!」

――――・・・

ラプラス「で、今回はその試運転なんです。お三方には無断でご協力いただくとうい形で・・・」

UM「おk。殴らせろ」

バキィ

ラプラス「げふぅ!!」

蒼星石「そういう事だったのか・・・でも庭師の如雨露も持ってたよ?」

ラプラス「戦闘優先で作ったので・・・ハイ」

水銀燈「じゃああのだわだわ言ってたのも・・・」

ラプラス「えぇ。まだ会話文のプログラムを組んで無いんですよ。戦闘優先なので」

JUM「全く・・・せめて一声掛けてくれよ。大変だったんだ・・・ぞ!!」

バキバキバキィ!!

ラプラス「す・・・すびばせんでしたばぶう」

ラプラス「と、とにかく十分なデータが取れたんでテストは終了します」

水銀燈「当然よぉ!」

蒼星石「はぁ・・・帰ろうか」

JUM「そうだな。おいウサギ、僕たちを送り返してくれ」

ラプラス「喜んで・・・」

水銀燈「でもあれでレプリカだなんて・・・恐いもの作るわねぇ」

蒼星石「お父様も真っ青だね」

ラプラス(脅されて作ってこんな目に遭うなんて・・・はぁ)

――――・・・

真紅「あら、3人で出かけるなんて珍しいわね」

翠星石「何処に行ってたんですかー?」

雛苺「ずるいのずるいの。ヒナも連れてけーなの!」

JUM・蒼・銀「・・・」

真紅「な、何?そんなに睨みつけて・・・」

ゴチンゴチンゴチン!

真紅「ギャ!」

翠星石「あうっ!」

雛苺「いったいの!!」

JUM・蒼・銀「うるさい!!」

紅・翠・雛「はぁ??」

――――・・・

ラプラス「真紅レプリカ、翠星石レプリカ、雛苺レプリカ・・・よし。停止」

プシューーー・・・

ラプラス「流石に会話ができないと不味いですね。・・・ん?」

金糸雀「・・・」

ラプラス「金糸雀レプリカ・・・??」

金糸雀「かしらー」

ラプラス「作った覚えはないんですが・・・??」

金糸雀「カナは果たしてレプリカ?それとも本物・・・??」

ラプラス「!?」

かしらー・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「な・・・なんですかこれは!!金糸雀レプリカ?何体居るのですか!?」

金糸雀「カナはローゼンメイデン一の頭脳派よ?仕組みがわかればこれくらい余裕かしら」

そうかしら!

流石はカナかしら!

ウサギやドールズなんか目じゃないかしら!

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「ヒ・・・!!」

金糸雀「さっき送ったレプリカは会話が出来ないけど今回のは完璧かしら!」

金糸雀「偶然見つけたこのラボはカナが継いであげるのかしら」

ラプラス「何を考えてるのですか!!」

金糸雀「いいじゃないの。貴方が知るまでもないことかしら・・・フフフ」

金糸雀「レプリカたち!・・・やってしまいなさい」

了解かしら!

腕が鳴るかしら!

捌いてやるかしら・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「う・・・う・・・」

うわああああああああああああああああああああああああ!!

――――・・・

金糸雀C「今日のカナはお掃除担当かしら!」

金糸雀D「じゃあカナはお洗濯かしら!」

金糸雀A「じゃあカナはみっちゃんの着せ替え人形かしらー」

みっちゃん「すごいすごいすごーーーいい!!カナがいっぱい居るじゃない!!」

金糸雀「フッフッフー!これでみっちゃんが仕事から帰ってきてもすぐに休めるのかしらー!」

みっちゃん「ありがとうカナ・・・だぁぁーーーいすきよぉぉーーー!!」

スリスリスリスリ!

金糸雀「あぢゃぢゃぢゃぢゃぢゃ!!まさちゅーねっつぅぅーーー!!」

――――・・・

JUM「というわけで未完成ではありますが、レプリカを納めたいと思います。ラプラスの魔・・・だって」

蒼星石「あの状態のを貰ってもね・・・」

水銀燈「会話が出来ないのは痛いわよねぇ」

真紅レ「だわだわだわ!」

真紅「だわだわうるさいのだわ!!」

翠星石レ「ですですぅ」パキィン

翠星石「あぁ!皿を割ってんじゃねぇですよ!!このおバカ!!!」

雛苺レ「なのなのなのー」かきかき

雛苺「お絵かきなのー」ぬりぬり

JUM「こんな状態で生活しなきゃいけないのか・・・もうやだ」

銀・蒼「くじけずに頑張ればいいと思うよ!」

JUM「うるさい!」

おしまい

投稿: 真紅「だわだわ、だわわだわわ」 翠星石「ですぅ!?です、ですですぅwwww」 雛苺「なのなの、なのー?」 蒼星石「・・・」 翠星石「です、です!」 蒼星石「え?僕!?」 真紅「だわわ」コク | 2010.11.22 17:18

真紅「だわだわ、だわわだわわ」

翠星石「ですぅ!?です、ですですぅwwww」

雛苺「なのなの、なのー?」

蒼星石「・・・」

翠星石「です、です!」

蒼星石「え?僕!?」

真紅「だわわ」コクリ

蒼星石「え、えーと・・・アハハ・・・」

蒼星石(何の話なんだ・・・)

ピンポーン

水銀燈「誰か来たわよぉ」

JUM「水銀燈が出てくれよ。どうせ金糸雀がかしらかしら言いながら入ってくるんだよ」

水銀燈「お断りするわぁ。だいたい私はお客さんよ?」

JUM「くそ・・・気が引ける」

JUM「はーい、どちら様ですか?」

こんにちはーお届け物でーす!

JUM「あ、はーい」

JUM(良かった・・・金糸雀じゃなかった)

JUM「どうも。ご苦労さんです」

バタン

JUM「僕宛?何か頼んだっけ・・・にしても重いな」

水銀燈「あら、何それ美味しいもの?」

JUM「なんで食い物だと思ったんだよ・・・」

水銀燈「・・・まぁいいじゃない」

JUM「開けてみるか」

ガチャ

蒼星石「はひぃ・・・」ヨロヨロ

水銀燈「・・・お疲れ様」

JUM「どうだ。感想は?」

蒼星石「悪夢以外の何物でもなかったよ・・・」

水銀燈「でしょうねぇ。貴女はよく我慢したわよ」

蒼星石「メルシーボークー・・・」

JUM「あった、このカッターで・・・」

蒼星石「いつかあの3人も一階に降りてくるんだろうね」

水銀燈「相手にできる自信がないわよぉ・・・」

JUM「僕もだ。よいしょ!」

ビリビリー

蒼星石「その荷物は何?」

JUM「今届いたんだよ」

水銀燈「早く早く!開けなさいよぉ!!」

JUM「うるさいな。食べ物じゃないだろ・・・」

バァァァーーーーーン!!

JUM・銀・蒼「荷物が!?!?」ビクゥ

金糸雀「かしらかしらかしらーーーー!!」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「増えた・・・」

金糸雀「かしらかしらかしらー」

水銀燈「荷物から出てくるんじゃないわよ!この愚昧がぁ!!」

蒼星石「今大変なんだよ。消えろ」

JUM「これ以上増やしてどうするんだよ・・・」

金糸雀「かしら?かしらかしらー」

蒼星石(喋るなよ)

JUM「遠くの島で静かに暮らしたい・・・」

ガチャ

真紅「だわ?だわわ」

翠星石「ですぅ・・・ですです、です!」

雛苺「なのー」

金糸雀「かしら!かしらかしら」

蒼星石「最悪のタイミングだ・・・」

水銀燈「集結しちゃったわよ?」

JUM「それを僕に言ったところでなぁ」

真紅「だわ、だわわだわだわ」

JUM「・・・へ?僕??」

真紅「だわわ。だわだわわわ」

JUM「・・・紅茶?」

真紅「だわわ!だわだわわっわわわ!!」

金糸雀「かしらかしらー。かしら?」

水銀燈「帰りたい・・・」

翠星石「ですぅ、ですですです」グイグイ

雛苺「なのなのなのー」グイグイ

蒼星石「引っ張らないでください・・・勘弁してください・・・」

真紅「だわだわわだわ」

翠星石「ですですでっすです」

雛苺「なのなのなのー。なのなの」

金糸雀「かしらかしら!かしらかしらー」

JUM「・・・もうやだあああああああああ!!!」

バリィィィーーーン!!

蒼星石「あ!JUM君!?」

水銀燈「窓ガラス突き破って逃げたわよぉ!」

JUM「HYEEEEEEEEEEEEEE!!」

水銀燈「置いてくんじゃないわよぉ!」

蒼星石「水銀燈、追うよ!」

――――・・・

JUM「あばばばばばばっばばばばばああああああ!!」

蒼星石「JUM君!」

水銀燈「ショック療法よぉ!」

ゴキィ!

JUM「ガフッ!?!?」

水銀燈「これでよし」

蒼星石「すごい鈍い音がしたんだけど・・・」

水銀燈「大丈夫よ。それよりあのジャンクたちは?」

蒼星石「置いてきたよ。言い方が悪いけどしばらく顔も見たくない」

JUM「う~ん・・・ハッ!アイツらは!?」

水銀燈「置いてきたわよ。それより何で一人で逃げたのよ・・・」

蒼星石「まぁまぁ・・・それよりこれからどうしようか」

JUM「ここは公園か。しばらくして帰ったら元に戻ってないかな」

蒼星石「どうだろうね・・・」

水銀燈「あのぞうさん滑り台の下に隠れましょう」

JUM「ああ」

蒼星石「おじゃましま~す・・・ん?」

真紅「だわわ」

蒼星石「あれ?」

JUM「うわぁ!?なんでここにいるんだよ!?」

水銀燈「やだ、怖いわよぉ・・・」

真紅「だわわだわ」

翠星石「ですですぅ」ポンポン

蒼星石「す、翠星石!?」

雛苺「なのー・・・」

金糸雀「かしらー・・・」

水銀燈「いつから居るのよ貴女達ーーー!?」

JUM「うおおおおお!!逃げるぞ!!!」

ダダダダ・・・

JUM「とにかく、全力疾走だ!」

水銀燈「どこかに逃げ込むのよぉ」

蒼星石「うん。・・・撒いたかな?」

翠星石「ですですですです」

真紅「だわだわだわだわ」

JUM「おい・・・凄いスピードで追いかけてくるぞ!!」

水銀燈「右に逃げるわよ!」

蒼星石「うん・・・あれ、雛苺と金糸雀は?」

JUM「知るもんか!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」2 | 2010.11.22 16:49

水銀燈「確かこの先にコンビニがあるわ。そこに逃げ込んでやり過ごすのよ!」

JUM「ああ。・・・大丈夫か?その作戦」

蒼星石「いいから!」

ピンポーンピンポーン

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「・・・」

真紅「だわだわだわだわ・・・」

翠星石「ですですですですぅ・・・」

ダダダダ・・・

JUM「・・・よっしゃ、行ったな」

水銀燈「上手いことやり過ごせたわねぇ」

蒼星石「でも・・・これじゃあ帰る所の話じゃないね」

JUM「ああ。ここを移動しながら考えるか」

水銀燈「そうねぇ・・・」

ピンポンピンポーン・・・

客「ファミチキくださいブヒッwwwww」

JUM「うぜぇ・・・」

雛苺「なのなの、なのなのなのー」

金糸雀「かしらー」

蒼星石「・・・雛苺と金糸雀が店員の格好をしてる!?」

雛苺「なのなの、なのー」

金糸雀「かしらかしらー・・・」

JUM「く、来るんじゃあないぞッ!!」

水銀燈「逃げるわよぉ!!」

バリィィィン!!

蒼星石「羽で窓ガラスを・・・!」

雛苺「なの、なのなのなの!!」

金糸雀「かしらああぁぁぁ!!」

JUM「走れ!!」

――――・・・

JUM「はぁ、はぁ・・・追いかけてきてるか!?」

蒼星石「いや、今のところは大丈夫みたいだね」

水銀燈「ちょっと、逃げるので一杯一杯だったから気が付かなかったけど・・・」

JUM「ああ。街中まで来てしまったな」

蒼星石「仕方ないよ。今回ばかりは」

水銀燈「ちょっと休憩したいわぁ。あそこのカフェに入りましょう」

JUM「ああ・・・クソ、信号が長いな」

蒼星石「不思議と信号って変わってほしい時に限って遅く感じるよね」

水銀燈「そういうものよ。落ち着いて待ちなさい」

JUM「・・・変わったぞ。行こう」

真紅「だわだわ」

蒼星石「うん。行こう水銀燈、真紅」

翠星石「ですぅ」

水銀燈「ちょっと、翠星石を忘れてるわよぉ・・・翠星石??」

JUM「・・・ん?」

蒼星石「・・・あれ?」

水銀燈「げぇっ!?」

真紅「だわだわ・・・」ニヤ-

翠星石「ですですぅ・・・」ニヤニヤ

JUM「う、う、うわあああああああ!!」

水銀燈「いつの間に!?」

蒼星石「あ!JUM君、水銀燈危ないよ!!」

キキィィーー!!

JUM「うおぉ!?・・・轢かれるかと思った」

水銀燈「もういろいろ怖いわよぉ・・・」ドキドキ

ガチャ

金糸雀「かしら、かしらかしらー!!」プンプン

雛苺「なのなのなーの!」プンプン

JUM「お前らかよ!!」

蒼星石「突っ込んでる場合じゃないよ!!」

水銀燈「何で運転できるのよぉ・・・」

真紅「だわだわ!」

翠星石「ですぅ!!」

JUM「まずい、挟み撃ちだ!!」

水銀燈「・・・これは!二人共、周りを見てみなさい!」

蒼星石「え?」

JUM「そんなこと言ってる場合じゃ・・・」

水銀燈「平日の昼間なのに・・・閑散としすぎてるわぁ!さっきまで人でごった返してたのに!!」

真紅「だわだわ」

翠星石「ですぅ」

雛苺「なのなの」

金糸雀「かしら」

JUM「おかしい!ここは一体何処なんだ!?」

蒼星石「どうやら攻撃する気らしいね・・・囲まれた」

真紅「だわだわだわ!」

雛苺「なのーーー!!」

ビシィィイ!!

JUM「い・・・苺わだちが足に!」

翠星石「ですぅーーーー!!」

金糸雀「かしらああああ!!」

蒼星石「やめるんだ翠星石、金糸雀!!」

水銀燈「くぅっ!!」

ドゴォォォォォン・・・

真紅「・・・??」

翠星石「ですぅ!?」

金糸雀「かしら・・・??」

雛苺「なのなのー・・・」

水銀燈「ふんぎぎぎぎぎぎぎ・・・」バサバサ

JUM「おいもっと頑張れよ銀次!」

水銀燈「だぁれがスリ師よぉ!!」

蒼星石「やるじゃないか水銀燈。みんな気が付いてないうちにあそこに行こう」

JUM「あそこ?」

蒼星石「この空間はどこか異質だ。気がつかないうちに迷い込んでしまったけど・・・」

水銀燈「そうねぇ、もしかしてあの子たちがおかしくなったのもこの空間が何か関係してるかも」

JUM「・・・ここはnのフィールドなのか?」

蒼星石「違うね。でも非常に近いものがある」

水銀燈「・・・なぁーんとなくだけど分かってきたわぁ」

JUM「何が?」

水銀燈「この状況を楽しみそうなのは誰よ?」

蒼星石「そういう事だね」


JUM「・・・あのウサギか!!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」3 | 2010.11.22 16:49

――――・・・

ラプラス「ふむふむ、中々上手にいきませんね・・・」

ラプラス「さて、あの方達は一体どうなったんでしょうか?」

ラプラス「ん?モニターから見えない・・・何処に行ってんでしょうか」

水銀燈「ここにいるよぉー」

ラプラス「え?」

蒼星石「やっぱり黒幕は貴方か、クソウサギ・・・!」

JUM「縛り上げろ!!」

ラプラス「えちょまtt」

ラプラス「誤解ですって。大体なんで私が縛り上げられなきゃいけないんですか」

水銀燈「白々しいわねぇ」

蒼星石「信用できないねぇ。僕のお尻を舐めれば言い訳を聞いてやらないこともないけど・・・」

JUM「何言ってるんだお前は」

ラプラス「いくらでも舐めますから話を聞いてください・・・」

蒼星石「はぁ?なんで僕の高貴なお尻を兎なんかに舐めさせなきゃいけないんだよ」

ラプラス「・・・」

JUM「こいつの言うことを真に受けないでさっさと話してくれないか」

ラプラス「はい。実はですね・・・」

――――・・・

真紅「私たちも忙しいの。私たちがいないと誰がJUMを守るの?」

翠星石「のりじゃ役不足ですし、桜田家以外のドールズは役不足ですし?」

雛苺「そうなの。だからお前には雛たちのレプリカを作ってほしいの!」

ラプラス「はぁ・・・」

真紅「言っておくけど選択肢ははいかYesよ。それ以外だったら煮て焼いて食うのだわ」

ラプラス「・・・あんまりだ」

翠星石「ともかく!さっさと作るです。一回試運転を忘れるんじゃないですよ!!」

――――・・・

ラプラス「で、今回はその試運転なんです。お三方には無断でご協力いただくとうい形で・・・」

UM「おk。殴らせろ」

バキィ

ラプラス「げふぅ!!」

蒼星石「そういう事だったのか・・・でも庭師の如雨露も持ってたよ?」

ラプラス「戦闘優先で作ったので・・・ハイ」

水銀燈「じゃああのだわだわ言ってたのも・・・」

ラプラス「えぇ。まだ会話文のプログラムを組んで無いんですよ。戦闘優先なので」

JUM「全く・・・せめて一声掛けてくれよ。大変だったんだ・・・ぞ!!」

バキバキバキィ!!

ラプラス「す・・・すびばせんでしたばぶう」

ラプラス「と、とにかく十分なデータが取れたんでテストは終了します」

水銀燈「当然よぉ!」

蒼星石「はぁ・・・帰ろうか」

JUM「そうだな。おいウサギ、僕たちを送り返してくれ」

ラプラス「喜んで・・・」

水銀燈「でもあれでレプリカだなんて・・・恐いもの作るわねぇ」

蒼星石「お父様も真っ青だね」

ラプラス(脅されて作ってこんな目に遭うなんて・・・はぁ)

――――・・・

真紅「あら、3人で出かけるなんて珍しいわね」

翠星石「何処に行ってたんですかー?」

雛苺「ずるいのずるいの。ヒナも連れてけーなの!」

JUM・蒼・銀「・・・」

真紅「な、何?そんなに睨みつけて・・・」

ゴチンゴチンゴチン!

真紅「ギャ!」

翠星石「あうっ!」

雛苺「いったいの!!」

JUM・蒼・銀「うるさい!!」

紅・翠・雛「はぁ??」

――――・・・

ラプラス「真紅レプリカ、翠星石レプリカ、雛苺レプリカ・・・よし。停止」

プシューーー・・・

ラプラス「流石に会話ができないと不味いですね。・・・ん?」

金糸雀「・・・」

ラプラス「金糸雀レプリカ・・・??」

金糸雀「かしらー」

ラプラス「作った覚えはないんですが・・・??」

金糸雀「カナは果たしてレプリカ?それとも本物・・・??」

ラプラス「!?」

かしらー・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「な・・・なんですかこれは!!金糸雀レプリカ?何体居るのですか!?」

金糸雀「カナはローゼンメイデン一の頭脳派よ?仕組みがわかればこれくらい余裕かしら」

そうかしら!

流石はカナかしら!

ウサギやドールズなんか目じゃないかしら!

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「ヒ・・・!!」

金糸雀「さっき送ったレプリカは会話が出来ないけど今回のは完璧かしら!」

金糸雀「偶然見つけたこのラボはカナが継いであげるのかしら」

ラプラス「何を考えてるのですか!!」

金糸雀「いいじゃないの。貴方が知るまでもないことかしら・・・フフフ」

金糸雀「レプリカたち!・・・やってしまいなさい」

了解かしら!

腕が鳴るかしら!

捌いてやるかしら・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「う・・・う・・・」

うわああああああああああああああああああああああああ!!

――――・・・

金糸雀C「今日のカナはお掃除担当かしら!」

金糸雀D「じゃあカナはお洗濯かしら!」

金糸雀A「じゃあカナはみっちゃんの着せ替え人形かしらー」

みっちゃん「すごいすごいすごーーーいい!!カナがいっぱい居るじゃない!!」

金糸雀「フッフッフー!これでみっちゃんが仕事から帰ってきてもすぐに休めるのかしらー!」

みっちゃん「ありがとうカナ・・・だぁぁーーーいすきよぉぉーーー!!」

スリスリスリスリ!

金糸雀「あぢゃぢゃぢゃぢゃぢゃ!!まさちゅーねっつぅぅーーー!!」

――――・・・

JUM「というわけで未完成ではありますが、レプリカを納めたいと思います。ラプラスの魔・・・だって」

蒼星石「あの状態のを貰ってもね・・・」

水銀燈「会話が出来ないのは痛いわよねぇ」

真紅レ「だわだわだわ!」

真紅「だわだわうるさいのだわ!!」

翠星石レ「ですですぅ」パキィン

翠星石「あぁ!皿を割ってんじゃねぇですよ!!このおバカ!!!」

雛苺レ「なのなのなのー」かきかき

雛苺「お絵かきなのー」ぬりぬり

JUM「こんな状態で生活しなきゃいけないのか・・・もうやだ」

銀・蒼「くじけずに頑張ればいいと思うよ!」

JUM「うるさい!」

おしまい

投稿: | 2010.11.22 17:17

真紅「だわだわ、だわわだわわ」

翠星石「ですぅ!?です、ですですぅwwww」

雛苺「なのなの、なのー?」

蒼星石「・・・」

翠星石「です、です!」

蒼星石「え?僕!?」

真紅「だわわ」コクリ

蒼星石「え、えーと・・・アハハ・・・」

蒼星石(何の話なんだ・・・)

ピンポーン

水銀燈「誰か来たわよぉ」

JUM「水銀燈が出てくれよ。どうせ金糸雀がかしらかしら言いながら入ってくるんだよ」

水銀燈「お断りするわぁ。だいたい私はお客さんよ?」

JUM「くそ・・・気が引ける」

JUM「はーい、どちら様ですか?」

こんにちはーお届け物でーす!

JUM「あ、はーい」

JUM(良かった・・・金糸雀じゃなかった)

JUM「どうも。ご苦労さんです」

バタン

JUM「僕宛?何か頼んだっけ・・・にしても重いな」

水銀燈「あら、何それ美味しいもの?」

JUM「なんで食い物だと思ったんだよ・・・」

水銀燈「・・・まぁいいじゃない」

JUM「開けてみるか」

ガチャ

蒼星石「はひぃ・・・」ヨロヨロ

水銀燈「・・・お疲れ様」

JUM「どうだ。感想は?」

蒼星石「悪夢以外の何物でもなかったよ・・・」

水銀燈「でしょうねぇ。貴女はよく我慢したわよ」

蒼星石「メルシーボークー・・・」

JUM「あった、このカッターで・・・」

蒼星石「いつかあの3人も一階に降りてくるんだろうね」

水銀燈「相手にできる自信がないわよぉ・・・」

JUM「僕もだ。よいしょ!」

ビリビリー

蒼星石「その荷物は何?」

JUM「今届いたんだよ」

水銀燈「早く早く!開けなさいよぉ!!」

JUM「うるさいな。食べ物じゃないだろ・・・」

バァァァーーーーーン!!

JUM・銀・蒼「荷物が!?!?」ビクゥ

金糸雀「かしらかしらかしらーーーー!!」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「増えた・・・」

金糸雀「かしらかしらかしらー」

水銀燈「荷物から出てくるんじゃないわよ!この愚昧がぁ!!」

蒼星石「今大変なんだよ。消えろ」

JUM「これ以上増やしてどうするんだよ・・・」

金糸雀「かしら?かしらかしらー」

蒼星石(喋るなよ)

JUM「遠くの島で静かに暮らしたい・・・」

ガチャ

真紅「だわ?だわわ」

翠星石「ですぅ・・・ですです、です!」

雛苺「なのー」

金糸雀「かしら!かしらかしら」

蒼星石「最悪のタイミングだ・・・」

水銀燈「集結しちゃったわよ?」

JUM「それを僕に言ったところでなぁ」

真紅「だわ、だわわだわだわ」

JUM「・・・へ?僕??」

真紅「だわわ。だわだわわわ」

JUM「・・・紅茶?」

真紅「だわわ!だわだわわっわわわ!!」

金糸雀「かしらかしらー。かしら?」

水銀燈「帰りたい・・・」

翠星石「ですぅ、ですですです」グイグイ

雛苺「なのなのなのー」グイグイ

蒼星石「引っ張らないでください・・・勘弁してください・・・」

真紅「だわだわわだわ」

翠星石「ですですでっすです」

雛苺「なのなのなのー。なのなの」

金糸雀「かしらかしら!かしらかしらー」

JUM「・・・もうやだあああああああああ!!!」

バリィィィーーーン!!

蒼星石「あ!JUM君!?」

水銀燈「窓ガラス突き破って逃げたわよぉ!」

JUM「HYEEEEEEEEEEEEEE!!」

水銀燈「置いてくんじゃないわよぉ!」

蒼星石「水銀燈、追うよ!」

――――・・・

JUM「あばばばばばばっばばばばばああああああ!!」

蒼星石「JUM君!」

水銀燈「ショック療法よぉ!」

ゴキィ!

JUM「ガフッ!?!?」

水銀燈「これでよし」

蒼星石「すごい鈍い音がしたんだけど・・・」

水銀燈「大丈夫よ。それよりあのジャンクたちは?」

蒼星石「置いてきたよ。言い方が悪いけどしばらく顔も見たくない」

JUM「う~ん・・・ハッ!アイツらは!?」

水銀燈「置いてきたわよ。それより何で一人で逃げたのよ・・・」

蒼星石「まぁまぁ・・・それよりこれからどうしようか」

JUM「ここは公園か。しばらくして帰ったら元に戻ってないかな」

蒼星石「どうだろうね・・・」

水銀燈「あのぞうさん滑り台の下に隠れましょう」

JUM「ああ」

蒼星石「おじゃましま~す・・・ん?」

真紅「だわわ」

蒼星石「あれ?」

JUM「うわぁ!?なんでここにいるんだよ!?」

水銀燈「やだ、怖いわよぉ・・・」

真紅「だわわだわ」

翠星石「ですですぅ」ポンポン

蒼星石「す、翠星石!?」

雛苺「なのー・・・」

金糸雀「かしらー・・・」

水銀燈「いつから居るのよ貴女達ーーー!?」

JUM「うおおおおお!!逃げるぞ!!!」

ダダダダ・・・

JUM「とにかく、全力疾走だ!」

水銀燈「どこかに逃げ込むのよぉ」

蒼星石「うん。・・・撒いたかな?」

翠星石「ですですですです」

真紅「だわだわだわだわ」

JUM「おい・・・凄いスピードで追いかけてくるぞ!!」

水銀燈「右に逃げるわよ!」

蒼星石「うん・・・あれ、雛苺と金糸雀は?」

JUM「知るもんか!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」2 | 2010.11.22 16:49

水銀燈「確かこの先にコンビニがあるわ。そこに逃げ込んでやり過ごすのよ!」

JUM「ああ。・・・大丈夫か?その作戦」

蒼星石「いいから!」

ピンポーンピンポーン

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「・・・」

真紅「だわだわだわだわ・・・」

翠星石「ですですですですぅ・・・」

ダダダダ・・・

JUM「・・・よっしゃ、行ったな」

水銀燈「上手いことやり過ごせたわねぇ」

蒼星石「でも・・・これじゃあ帰る所の話じゃないね」

JUM「ああ。ここを移動しながら考えるか」

水銀燈「そうねぇ・・・」

ピンポンピンポーン・・・

客「ファミチキくださいブヒッwwwww」

JUM「うぜぇ・・・」

雛苺「なのなの、なのなのなのー」

金糸雀「かしらー」

蒼星石「・・・雛苺と金糸雀が店員の格好をしてる!?」

雛苺「なのなの、なのー」

金糸雀「かしらかしらー・・・」

JUM「く、来るんじゃあないぞッ!!」

水銀燈「逃げるわよぉ!!」

バリィィィン!!

蒼星石「羽で窓ガラスを・・・!」

雛苺「なの、なのなのなの!!」

金糸雀「かしらああぁぁぁ!!」

JUM「走れ!!」

――――・・・

JUM「はぁ、はぁ・・・追いかけてきてるか!?」

蒼星石「いや、今のところは大丈夫みたいだね」

水銀燈「ちょっと、逃げるので一杯一杯だったから気が付かなかったけど・・・」

JUM「ああ。街中まで来てしまったな」

蒼星石「仕方ないよ。今回ばかりは」

水銀燈「ちょっと休憩したいわぁ。あそこのカフェに入りましょう」

JUM「ああ・・・クソ、信号が長いな」

蒼星石「不思議と信号って変わってほしい時に限って遅く感じるよね」

水銀燈「そういうものよ。落ち着いて待ちなさい」

JUM「・・・変わったぞ。行こう」

真紅「だわだわ」

蒼星石「うん。行こう水銀燈、真紅」

翠星石「ですぅ」

水銀燈「ちょっと、翠星石を忘れてるわよぉ・・・翠星石??」

JUM「・・・ん?」

蒼星石「・・・あれ?」

水銀燈「げぇっ!?」

真紅「だわだわ・・・」ニヤ-

翠星石「ですですぅ・・・」ニヤニヤ

JUM「う、う、うわあああああああ!!」

水銀燈「いつの間に!?」

蒼星石「あ!JUM君、水銀燈危ないよ!!」

キキィィーー!!

JUM「うおぉ!?・・・轢かれるかと思った」

水銀燈「もういろいろ怖いわよぉ・・・」ドキドキ

ガチャ

金糸雀「かしら、かしらかしらー!!」プンプン

雛苺「なのなのなーの!」プンプン

JUM「お前らかよ!!」

蒼星石「突っ込んでる場合じゃないよ!!」

水銀燈「何で運転できるのよぉ・・・」

真紅「だわだわ!」

翠星石「ですぅ!!」

JUM「まずい、挟み撃ちだ!!」

水銀燈「・・・これは!二人共、周りを見てみなさい!」

蒼星石「え?」

JUM「そんなこと言ってる場合じゃ・・・」

水銀燈「平日の昼間なのに・・・閑散としすぎてるわぁ!さっきまで人でごった返してたのに!!」

真紅「だわだわ」

翠星石「ですぅ」

雛苺「なのなの」

金糸雀「かしら」

JUM「おかしい!ここは一体何処なんだ!?」

蒼星石「どうやら攻撃する気らしいね・・・囲まれた」

真紅「だわだわだわ!」

雛苺「なのーーー!!」

ビシィィイ!!

JUM「い・・・苺わだちが足に!」

翠星石「ですぅーーーー!!」

金糸雀「かしらああああ!!」

蒼星石「やめるんだ翠星石、金糸雀!!」

水銀燈「くぅっ!!」

ドゴォォォォォン・・・

真紅「・・・??」

翠星石「ですぅ!?」

金糸雀「かしら・・・??」

雛苺「なのなのー・・・」

水銀燈「ふんぎぎぎぎぎぎぎ・・・」バサバサ

JUM「おいもっと頑張れよ銀次!」

水銀燈「だぁれがスリ師よぉ!!」

蒼星石「やるじゃないか水銀燈。みんな気が付いてないうちにあそこに行こう」

JUM「あそこ?」

蒼星石「この空間はどこか異質だ。気がつかないうちに迷い込んでしまったけど・・・」

水銀燈「そうねぇ、もしかしてあの子たちがおかしくなったのもこの空間が何か関係してるかも」

JUM「・・・ここはnのフィールドなのか?」

蒼星石「違うね。でも非常に近いものがある」

水銀燈「・・・なぁーんとなくだけど分かってきたわぁ」

JUM「何が?」

水銀燈「この状況を楽しみそうなのは誰よ?」

蒼星石「そういう事だね」


JUM「・・・あのウサギか!!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」3 | 2010.11.22 16:49

――――・・・

ラプラス「ふむふむ、中々上手にいきませんね・・・」

ラプラス「さて、あの方達は一体どうなったんでしょうか?」

ラプラス「ん?モニターから見えない・・・何処に行ってんでしょうか」

水銀燈「ここにいるよぉー」

ラプラス「え?」

蒼星石「やっぱり黒幕は貴方か、クソウサギ・・・!」

JUM「縛り上げろ!!」

ラプラス「えちょまtt」

ラプラス「誤解ですって。大体なんで私が縛り上げられなきゃいけないんですか」

水銀燈「白々しいわねぇ」

蒼星石「信用できないねぇ。僕のお尻を舐めれば言い訳を聞いてやらないこともないけど・・・」

JUM「何言ってるんだお前は」

ラプラス「いくらでも舐めますから話を聞いてください・・・」

蒼星石「はぁ?なんで僕の高貴なお尻を兎なんかに舐めさせなきゃいけないんだよ」

ラプラス「・・・」

JUM「こいつの言うことを真に受けないでさっさと話してくれないか」

ラプラス「はい。実はですね・・・」

――――・・・

真紅「私たちも忙しいの。私たちがいないと誰がJUMを守るの?」

翠星石「のりじゃ役不足ですし、桜田家以外のドールズは役不足ですし?」

雛苺「そうなの。だからお前には雛たちのレプリカを作ってほしいの!」

ラプラス「はぁ・・・」

真紅「言っておくけど選択肢ははいかYesよ。それ以外だったら煮て焼いて食うのだわ」

ラプラス「・・・あんまりだ」

翠星石「ともかく!さっさと作るです。一回試運転を忘れるんじゃないですよ!!」

――――・・・

ラプラス「で、今回はその試運転なんです。お三方には無断でご協力いただくとうい形で・・・」

UM「おk。殴らせろ」

バキィ

ラプラス「げふぅ!!」

蒼星石「そういう事だったのか・・・でも庭師の如雨露も持ってたよ?」

ラプラス「戦闘優先で作ったので・・・ハイ」

水銀燈「じゃああのだわだわ言ってたのも・・・」

ラプラス「えぇ。まだ会話文のプログラムを組んで無いんですよ。戦闘優先なので」

JUM「全く・・・せめて一声掛けてくれよ。大変だったんだ・・・ぞ!!」

バキバキバキィ!!

ラプラス「す・・・すびばせんでしたばぶう」

ラプラス「と、とにかく十分なデータが取れたんでテストは終了します」

水銀燈「当然よぉ!」

蒼星石「はぁ・・・帰ろうか」

JUM「そうだな。おいウサギ、僕たちを送り返してくれ」

ラプラス「喜んで・・・」

水銀燈「でもあれでレプリカだなんて・・・恐いもの作るわねぇ」

蒼星石「お父様も真っ青だね」

ラプラス(脅されて作ってこんな目に遭うなんて・・・はぁ)

――――・・・

真紅「あら、3人で出かけるなんて珍しいわね」

翠星石「何処に行ってたんですかー?」

雛苺「ずるいのずるいの。ヒナも連れてけーなの!」

JUM・蒼・銀「・・・」

真紅「な、何?そんなに睨みつけて・・・」

ゴチンゴチンゴチン!

真紅「ギャ!」

翠星石「あうっ!」

雛苺「いったいの!!」

JUM・蒼・銀「うるさい!!」

紅・翠・雛「はぁ??」

――――・・・

ラプラス「真紅レプリカ、翠星石レプリカ、雛苺レプリカ・・・よし。停止」

プシューーー・・・

ラプラス「流石に会話ができないと不味いですね。・・・ん?」

金糸雀「・・・」

ラプラス「金糸雀レプリカ・・・??」

金糸雀「かしらー」

ラプラス「作った覚えはないんですが・・・??」

金糸雀「カナは果たしてレプリカ?それとも本物・・・??」

ラプラス「!?」

かしらー・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「な・・・なんですかこれは!!金糸雀レプリカ?何体居るのですか!?」

金糸雀「カナはローゼンメイデン一の頭脳派よ?仕組みがわかればこれくらい余裕かしら」

そうかしら!

流石はカナかしら!

ウサギやドールズなんか目じゃないかしら!

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「ヒ・・・!!」

金糸雀「さっき送ったレプリカは会話が出来ないけど今回のは完璧かしら!」

金糸雀「偶然見つけたこのラボはカナが継いであげるのかしら」

ラプラス「何を考えてるのですか!!」

金糸雀「いいじゃないの。貴方が知るまでもないことかしら・・・フフフ」

金糸雀「レプリカたち!・・・やってしまいなさい」

了解かしら!

腕が鳴るかしら!

捌いてやるかしら・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「う・・・う・・・」

うわああああああああああああああああああああああああ!!

――――・・・

金糸雀C「今日のカナはお掃除担当かしら!」

金糸雀D「じゃあカナはお洗濯かしら!」

金糸雀A「じゃあカナはみっちゃんの着せ替え人形かしらー」

みっちゃん「すごいすごいすごーーーいい!!カナがいっぱい居るじゃない!!」

金糸雀「フッフッフー!これでみっちゃんが仕事から帰ってきてもすぐに休めるのかしらー!」

みっちゃん「ありがとうカナ・・・だぁぁーーーいすきよぉぉーーー!!」

スリスリスリスリ!

金糸雀「あぢゃぢゃぢゃぢゃぢゃ!!まさちゅーねっつぅぅーーー!!」

――――・・・

JUM「というわけで未完成ではありますが、レプリカを納めたいと思います。ラプラスの魔・・・だって」

蒼星石「あの状態のを貰ってもね・・・」

水銀燈「会話が出来ないのは痛いわよねぇ」

真紅レ「だわだわだわ!」

真紅「だわだわうるさいのだわ!!」

翠星石レ「ですですぅ」パキィン

翠星石「あぁ!皿を割ってんじゃねぇですよ!!このおバカ!!!」

雛苺レ「なのなのなのー」かきかき

雛苺「お絵かきなのー」ぬりぬり

JUM「こんな状態で生活しなきゃいけないのか・・・もうやだ」

銀・蒼「くじけずに頑張ればいいと思うよ!」

JUM「うるさい!」

おしまい

投稿: | 2010.11.22 17:17

Ichiro Suzuki のような「名・姓」の順Ichiro Suzuki のような「名・姓」ぱああああああああああああああああああああああああああああああddfssgdfdf

投稿: | 2010.11.22 17:16

ほとんどの大人は、「名-姓」が合理的だと思うはずです。といってますけど、文化庁の「国語に関する世論調査」(平成11年)では「姓-名」という意見がやや多いということを忘れていませんか?もっと論理的に考えましょう。

投稿: 嘘はよくない | 2010.09.24 23:47

ゆうくんは、「明治の偉人が苦労して生み出したルールを、理念だけを根拠に、たいした検証もせずに簡単に否定しているようであり、大変残念なことです。」
といってますが、ただ単に、名字と名前をひっくり返しただけでしょう。ひっくり返すことと偉人は関係ありませんし、問題があるなら変えていいと思いますよ。

投稿: 明治の偉人? | 2010.09.24 23:42

質問があります。
ほとんどの大人は、「名-姓」が合理的だと思うはずです。中国韓国がやっているからと、理念だけで非合理的なルールを強制するとなると、これまでビジネスで"Taro Yamada"を使ってきた親の世代を中心に、反発が大きくなりますとなぜ根拠のないことを言うのですか?「名-姓」が合理的という親の世代を中心に、反発が大きくなわけではないでしょう。

投稿: | 2010.08.22 20:28

質問があります。
いろいろな国の人がいる中で自己紹介をする場合、I am Yamada Taro.と言えば、普通はTaroがFamily Nameと思うでしょう。口頭だと大文字と小文字の区別はないし、コンマもつけられません。相手にこちらが日本人であることを理解してもらい、さらに日本人はFamily Nameが先にくる、という知識を期待することは非現実的ですといいますが、簡単に解決できると思いますよ。
その場合はMy Family Name is Yamadaと一言言えばいいでしょう。なぜ論理的に考えないのですか?

投稿: | 2010.08.22 20:25

質問があります。
なぜ「姓-名」順にすると欧米に合わせるのは嫌で、中国に合わせるのが好きと言っているように読めるのですか?日本人のもともとの表記にするだけでしょう。

投稿: | 2010.08.22 20:21

あなたのような偏った考えの人がこの世からいなくなることを望みます

投稿: | 2010.11.22 17:09

おまえのblogなんて誰も見てないのにw
アクセス50いくのかな~w

投稿: | 2010.11.22 17:08

おまえのblogなんて誰も見てないのにw
アクセス50いくのかな~w

投稿: | 2010.11.22 17:07

    ;"ヽ、
    /   ヾ,.
   ミ;    \             __._,.,_..,、
   ;'       ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙"'"゙´"ゾ"   "   ジ
   ミ     "                 ,/"
  ミ゙                      ;;"
  ミ;        ._               "彡
  ミ        ´         ヽ    彡,
  ミミ           `、_ /           ,彡
 ミミ            `、/          ミ
 ミ                          彡
 ミミ                       ,;;'
 ミミ      ヾ                ミ
 ミ       ミ     シ     ,,;''     ミ
 ミミ  '',,.,   丿    (,   ,,彡      彡
 ゙;     "''''"      "''''"         彡
  ゙,;                        ,;ゞ'' ;,
  ゙;;'                       ;;ミ  ";;
  ミ゙                       ;ミ  彡
   ミ ,,                     ;彡  シ
   ミミ                     彡  ジ
    ミ                    ,,ミ  ,,ミ
    "''ミ;       ツゞミ;        ミ"''"
      "ミ;,.,   ,.,彡'"゙.゙'"''"ミ;;,.,,  ,.彡"
        ""''''"         "'''''"

投稿: | 2010.11.22 17:06

荒らすのはやめてください!
こちらの負けです。blogもやめます。一週間以内に閉鎖します。

投稿: ゆうくん | 2010.11.22 17:01

.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。.姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分たちの古臭い思い込みを、アンケート結果の都合のいい解釈で正当化し、教科書を武器にして変えてやろうという、文科省の次の愚策がこれです。これからのグローバル化で、ますます批判されることになると思います。

投稿: .姓名の順での英語表記に反対します子供の教科書を見て驚いたことが始まりです。個人が姓・名の順で名乗るのは自由ですが、国としてやろうとするなら、合理的な根拠と、幅広い議論、移行プロセスが必要です。自分た | 2010.11.22 16:54

お前大阪弁バカにしたろ!!
ただではすまさないぞ!!

投稿: 大阪人 | 2010.11.22 16:52

真紅「だわわ、だわわだわだわだわ」

JUM「はい?」

真紅「だわだわだわ」

JUM「何だよ、僕をからかってるのか?」

真紅「だわだわだわわだわ」

JUM「・・・」

真紅「だわだわ」

JUM「まともに喋れよ」

真紅「だわ?だわだわだわ」

JUM「・・・」

真紅「だわだわ。だわわだわ」

JUM(もうやだこいつ)

ガチャ

雛苺「なのー」

JUM「雛苺!真紅がジャンクになっちまった!!」

真紅「だわわ!」

ビシィ!

JUM「ぎゃあ!喋らないクセに手は出すのかよ・・・」

雛苺「なの、なのー?」

真紅「だわわ」

JUM「・・・」

雛苺「なのなのなの」

真紅「だわだわ」

雛苺「なのー」

真紅「だわわだわわ。だわだわ」

雛苺「なの?なのーwwwww」

真紅「だわwwwwwwwww」

JUM(狂ってる・・・)

JUM「一階にいこう。頭が痛い・・・」

真紅「だわわ」

雛苺「なのなのなの」

JUM「・・・」

真紅「だわだわだわわ?」

雛苺「なのー」

JUM「誰か助けてくれ・・・」

――――・・・

JUM「くそ、姉ちゃんは学校か。あの洗濯のりめ・・・」

翠星石「~♪」

JUM「翠星石!聞いてくれ!!真紅と雛苺が・・・」

翠星石「です?」

JUM「だわだわとなのーしか喋らなくなったんだ!!」

翠星石「・・・」

JUM「・・・」

翠星石「・・・」しら~

JUM「・・・そんな目で見るな。僕は正常だ」

翠星石「・・・」

JUM「信じてないだろ?」

翠星石「ですぅ」コクリ

JUM「ホントだって!あいつらの会話を聞いてたら気が狂いそうなんだよ!」

翠星石「ですです、ですぅ」

JUM「・・・」

翠星石「ですですですぅ・・・ですです」

JUM(僕が何をしたって言うんだ・・・)

――――・・・

ガシャーーーン!

水銀燈「はぁい真紅、今日もタダめs・・・ローザミスティカを奪いにきたわよぉ!」

真紅「・・・だわだわ」

雛苺「なのー」

水銀燈「え?何て?」

真紅「だわだわだわ、だわわ」

雛苺「なのなのなのー」

水銀燈「・・・」

真紅「だわだわだわわ」

雛苺「なのなのー。なのなのなの」

水銀燈「ちょっと、ホントにジャンクになっちゃたの?」

真紅「だわわっわわわっわわ!!!」プンスカ

水銀燈(なんで怒るのよ・・・)

雛苺「なのなの」

ガチャ

翠星石「ですぅ」

水銀燈「翠星石!何よこの状況は!?」

――――・・・

蒼星石「おじゃましまーす。やあJUM君!」

JUM「・・・」

蒼星石「元気がないなぁ!ワタラセ、ワタラセ、ワタラセ・・・ほら、ご一緒に!!」

JUM「・・・」

蒼星石「JUM君?」

JUM「死にたい・・・」

蒼星石「??」

翠星石「ですですぅ」

真紅「だわ?だわわ!」

雛苺「なのなの、なーのー」

翠・紅・雛「hahahahahahahaha!」

水銀燈「日本語でおk」

翠星石「です、ですですですぅ?」

水銀燈(話しかけんじゃないわよ・・・)

――――・・・

蒼星石「まっさか」

JUM「ホントなんだよ・・・今のとこまともに喋れるのは蒼星石だけか」

蒼星石「JUM君、4月1日にはまだ早いよ」

JUM「何とでも言え。そんなに信じられないんなら二回に行ってみろよ」

蒼星石「仕方がないなぁ、じゃあちょっと様子を・・・」

ガチャ

水銀燈「・・・」

蒼星石「あ、水銀燈じゃないか」

水銀燈「疲れたわぁ・・・」

JUM「見たのか?」

水銀燈「ええ」

蒼星石「・・・もしかしてホントなの?」

水銀燈「何がホントかは知らないけど・・・現実よ」

JUM「夢であってほしいな」

蒼星石「・・・ちょ、ちょっと僕も確認してくる」

水銀燈「行くだけ無駄よぉ・・・」ゲッソリ

蒼星石(ちょっとやつれてる・・・)

蒼星石「やぁみんな」

真紅「だわわ」

翠星石「ですですぅ!」

雛苺「なのー」

蒼星石「・・・」

翠星石「ですですですぅ」グイグイ

蒼星石「ちょ、引っ張らないで・・・」

真紅「だわだわだわわ」

蒼星石(どうしよう・・・)

JUM「どうしたもんか・・・」

水銀燈「何か前兆みたいなのは無かったの?」

JUM「いきなりだよ」

水銀燈「そう・・・」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

JUM「・・・」

水銀燈「帰っていい?」

JUM「ダメ」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」 | 2010.11.22 16:50

真紅「だわだわ、だわわだわわ」

翠星石「ですぅ!?です、ですですぅwwww」

雛苺「なのなの、なのー?」

蒼星石「・・・」

翠星石「です、です!」

蒼星石「え?僕!?」

真紅「だわわ」コクリ

蒼星石「え、えーと・・・アハハ・・・」

蒼星石(何の話なんだ・・・)

ピンポーン

水銀燈「誰か来たわよぉ」

JUM「水銀燈が出てくれよ。どうせ金糸雀がかしらかしら言いながら入ってくるんだよ」

水銀燈「お断りするわぁ。だいたい私はお客さんよ?」

JUM「くそ・・・気が引ける」

JUM「はーい、どちら様ですか?」

こんにちはーお届け物でーす!

JUM「あ、はーい」

JUM(良かった・・・金糸雀じゃなかった)

JUM「どうも。ご苦労さんです」

バタン

JUM「僕宛?何か頼んだっけ・・・にしても重いな」

水銀燈「あら、何それ美味しいもの?」

JUM「なんで食い物だと思ったんだよ・・・」

水銀燈「・・・まぁいいじゃない」

JUM「開けてみるか」

ガチャ

蒼星石「はひぃ・・・」ヨロヨロ

水銀燈「・・・お疲れ様」

JUM「どうだ。感想は?」

蒼星石「悪夢以外の何物でもなかったよ・・・」

水銀燈「でしょうねぇ。貴女はよく我慢したわよ」

蒼星石「メルシーボークー・・・」

JUM「あった、このカッターで・・・」

蒼星石「いつかあの3人も一階に降りてくるんだろうね」

水銀燈「相手にできる自信がないわよぉ・・・」

JUM「僕もだ。よいしょ!」

ビリビリー

蒼星石「その荷物は何?」

JUM「今届いたんだよ」

水銀燈「早く早く!開けなさいよぉ!!」

JUM「うるさいな。食べ物じゃないだろ・・・」

バァァァーーーーーン!!

JUM・銀・蒼「荷物が!?!?」ビクゥ

金糸雀「かしらかしらかしらーーーー!!」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「増えた・・・」

金糸雀「かしらかしらかしらー」

水銀燈「荷物から出てくるんじゃないわよ!この愚昧がぁ!!」

蒼星石「今大変なんだよ。消えろ」

JUM「これ以上増やしてどうするんだよ・・・」

金糸雀「かしら?かしらかしらー」

蒼星石(喋るなよ)

JUM「遠くの島で静かに暮らしたい・・・」

ガチャ

真紅「だわ?だわわ」

翠星石「ですぅ・・・ですです、です!」

雛苺「なのー」

金糸雀「かしら!かしらかしら」

蒼星石「最悪のタイミングだ・・・」

水銀燈「集結しちゃったわよ?」

JUM「それを僕に言ったところでなぁ」

真紅「だわ、だわわだわだわ」

JUM「・・・へ?僕??」

真紅「だわわ。だわだわわわ」

JUM「・・・紅茶?」

真紅「だわわ!だわだわわっわわわ!!」

金糸雀「かしらかしらー。かしら?」

水銀燈「帰りたい・・・」

翠星石「ですぅ、ですですです」グイグイ

雛苺「なのなのなのー」グイグイ

蒼星石「引っ張らないでください・・・勘弁してください・・・」

真紅「だわだわわだわ」

翠星石「ですですでっすです」

雛苺「なのなのなのー。なのなの」

金糸雀「かしらかしら!かしらかしらー」

JUM「・・・もうやだあああああああああ!!!」

バリィィィーーーン!!

蒼星石「あ!JUM君!?」

水銀燈「窓ガラス突き破って逃げたわよぉ!」

JUM「HYEEEEEEEEEEEEEE!!」

水銀燈「置いてくんじゃないわよぉ!」

蒼星石「水銀燈、追うよ!」

――――・・・

JUM「あばばばばばばっばばばばばああああああ!!」

蒼星石「JUM君!」

水銀燈「ショック療法よぉ!」

ゴキィ!

JUM「ガフッ!?!?」

水銀燈「これでよし」

蒼星石「すごい鈍い音がしたんだけど・・・」

水銀燈「大丈夫よ。それよりあのジャンクたちは?」

蒼星石「置いてきたよ。言い方が悪いけどしばらく顔も見たくない」

JUM「う~ん・・・ハッ!アイツらは!?」

水銀燈「置いてきたわよ。それより何で一人で逃げたのよ・・・」

蒼星石「まぁまぁ・・・それよりこれからどうしようか」

JUM「ここは公園か。しばらくして帰ったら元に戻ってないかな」

蒼星石「どうだろうね・・・」

水銀燈「あのぞうさん滑り台の下に隠れましょう」

JUM「ああ」

蒼星石「おじゃましま~す・・・ん?」

真紅「だわわ」

蒼星石「あれ?」

JUM「うわぁ!?なんでここにいるんだよ!?」

水銀燈「やだ、怖いわよぉ・・・」

真紅「だわわだわ」

翠星石「ですですぅ」ポンポン

蒼星石「す、翠星石!?」

雛苺「なのー・・・」

金糸雀「かしらー・・・」

水銀燈「いつから居るのよ貴女達ーーー!?」

JUM「うおおおおお!!逃げるぞ!!!」

ダダダダ・・・

JUM「とにかく、全力疾走だ!」

水銀燈「どこかに逃げ込むのよぉ」

蒼星石「うん。・・・撒いたかな?」

翠星石「ですですですです」

真紅「だわだわだわだわ」

JUM「おい・・・凄いスピードで追いかけてくるぞ!!」

水銀燈「右に逃げるわよ!」

蒼星石「うん・・・あれ、雛苺と金糸雀は?」

JUM「知るもんか!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」2 | 2010.11.22 16:49

水銀燈「確かこの先にコンビニがあるわ。そこに逃げ込んでやり過ごすのよ!」

JUM「ああ。・・・大丈夫か?その作戦」

蒼星石「いいから!」

ピンポーンピンポーン

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「・・・」

真紅「だわだわだわだわ・・・」

翠星石「ですですですですぅ・・・」

ダダダダ・・・

JUM「・・・よっしゃ、行ったな」

水銀燈「上手いことやり過ごせたわねぇ」

蒼星石「でも・・・これじゃあ帰る所の話じゃないね」

JUM「ああ。ここを移動しながら考えるか」

水銀燈「そうねぇ・・・」

ピンポンピンポーン・・・

客「ファミチキくださいブヒッwwwww」

JUM「うぜぇ・・・」

雛苺「なのなの、なのなのなのー」

金糸雀「かしらー」

蒼星石「・・・雛苺と金糸雀が店員の格好をしてる!?」

雛苺「なのなの、なのー」

金糸雀「かしらかしらー・・・」

JUM「く、来るんじゃあないぞッ!!」

水銀燈「逃げるわよぉ!!」

バリィィィン!!

蒼星石「羽で窓ガラスを・・・!」

雛苺「なの、なのなのなの!!」

金糸雀「かしらああぁぁぁ!!」

JUM「走れ!!」

――――・・・

JUM「はぁ、はぁ・・・追いかけてきてるか!?」

蒼星石「いや、今のところは大丈夫みたいだね」

水銀燈「ちょっと、逃げるので一杯一杯だったから気が付かなかったけど・・・」

JUM「ああ。街中まで来てしまったな」

蒼星石「仕方ないよ。今回ばかりは」

水銀燈「ちょっと休憩したいわぁ。あそこのカフェに入りましょう」

JUM「ああ・・・クソ、信号が長いな」

蒼星石「不思議と信号って変わってほしい時に限って遅く感じるよね」

水銀燈「そういうものよ。落ち着いて待ちなさい」

JUM「・・・変わったぞ。行こう」

真紅「だわだわ」

蒼星石「うん。行こう水銀燈、真紅」

翠星石「ですぅ」

水銀燈「ちょっと、翠星石を忘れてるわよぉ・・・翠星石??」

JUM「・・・ん?」

蒼星石「・・・あれ?」

水銀燈「げぇっ!?」

真紅「だわだわ・・・」ニヤ-

翠星石「ですですぅ・・・」ニヤニヤ

JUM「う、う、うわあああああああ!!」

水銀燈「いつの間に!?」

蒼星石「あ!JUM君、水銀燈危ないよ!!」

キキィィーー!!

JUM「うおぉ!?・・・轢かれるかと思った」

水銀燈「もういろいろ怖いわよぉ・・・」ドキドキ

ガチャ

金糸雀「かしら、かしらかしらー!!」プンプン

雛苺「なのなのなーの!」プンプン

JUM「お前らかよ!!」

蒼星石「突っ込んでる場合じゃないよ!!」

水銀燈「何で運転できるのよぉ・・・」

真紅「だわだわ!」

翠星石「ですぅ!!」

JUM「まずい、挟み撃ちだ!!」

水銀燈「・・・これは!二人共、周りを見てみなさい!」

蒼星石「え?」

JUM「そんなこと言ってる場合じゃ・・・」

水銀燈「平日の昼間なのに・・・閑散としすぎてるわぁ!さっきまで人でごった返してたのに!!」

真紅「だわだわ」

翠星石「ですぅ」

雛苺「なのなの」

金糸雀「かしら」

JUM「おかしい!ここは一体何処なんだ!?」

蒼星石「どうやら攻撃する気らしいね・・・囲まれた」

真紅「だわだわだわ!」

雛苺「なのーーー!!」

ビシィィイ!!

JUM「い・・・苺わだちが足に!」

翠星石「ですぅーーーー!!」

金糸雀「かしらああああ!!」

蒼星石「やめるんだ翠星石、金糸雀!!」

水銀燈「くぅっ!!」

ドゴォォォォォン・・・

真紅「・・・??」

翠星石「ですぅ!?」

金糸雀「かしら・・・??」

雛苺「なのなのー・・・」

水銀燈「ふんぎぎぎぎぎぎぎ・・・」バサバサ

JUM「おいもっと頑張れよ銀次!」

水銀燈「だぁれがスリ師よぉ!!」

蒼星石「やるじゃないか水銀燈。みんな気が付いてないうちにあそこに行こう」

JUM「あそこ?」

蒼星石「この空間はどこか異質だ。気がつかないうちに迷い込んでしまったけど・・・」

水銀燈「そうねぇ、もしかしてあの子たちがおかしくなったのもこの空間が何か関係してるかも」

JUM「・・・ここはnのフィールドなのか?」

蒼星石「違うね。でも非常に近いものがある」

水銀燈「・・・なぁーんとなくだけど分かってきたわぁ」

JUM「何が?」

水銀燈「この状況を楽しみそうなのは誰よ?」

蒼星石「そういう事だね」


JUM「・・・あのウサギか!!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」3 | 2010.11.22 16:49

――――・・・

ラプラス「ふむふむ、中々上手にいきませんね・・・」

ラプラス「さて、あの方達は一体どうなったんでしょうか?」

ラプラス「ん?モニターから見えない・・・何処に行ってんでしょうか」

水銀燈「ここにいるよぉー」

ラプラス「え?」

蒼星石「やっぱり黒幕は貴方か、クソウサギ・・・!」

JUM「縛り上げろ!!」

ラプラス「えちょまtt」

ラプラス「誤解ですって。大体なんで私が縛り上げられなきゃいけないんですか」

水銀燈「白々しいわねぇ」

蒼星石「信用できないねぇ。僕のお尻を舐めれば言い訳を聞いてやらないこともないけど・・・」

JUM「何言ってるんだお前は」

ラプラス「いくらでも舐めますから話を聞いてください・・・」

蒼星石「はぁ?なんで僕の高貴なお尻を兎なんかに舐めさせなきゃいけないんだよ」

ラプラス「・・・」

JUM「こいつの言うことを真に受けないでさっさと話してくれないか」

ラプラス「はい。実はですね・・・」

――――・・・

真紅「私たちも忙しいの。私たちがいないと誰がJUMを守るの?」

翠星石「のりじゃ役不足ですし、桜田家以外のドールズは役不足ですし?」

雛苺「そうなの。だからお前には雛たちのレプリカを作ってほしいの!」

ラプラス「はぁ・・・」

真紅「言っておくけど選択肢ははいかYesよ。それ以外だったら煮て焼いて食うのだわ」

ラプラス「・・・あんまりだ」

翠星石「ともかく!さっさと作るです。一回試運転を忘れるんじゃないですよ!!」

――――・・・

ラプラス「で、今回はその試運転なんです。お三方には無断でご協力いただくとうい形で・・・」

UM「おk。殴らせろ」

バキィ

ラプラス「げふぅ!!」

蒼星石「そういう事だったのか・・・でも庭師の如雨露も持ってたよ?」

ラプラス「戦闘優先で作ったので・・・ハイ」

水銀燈「じゃああのだわだわ言ってたのも・・・」

ラプラス「えぇ。まだ会話文のプログラムを組んで無いんですよ。戦闘優先なので」

JUM「全く・・・せめて一声掛けてくれよ。大変だったんだ・・・ぞ!!」

バキバキバキィ!!

ラプラス「す・・・すびばせんでしたばぶう」

ラプラス「と、とにかく十分なデータが取れたんでテストは終了します」

水銀燈「当然よぉ!」

蒼星石「はぁ・・・帰ろうか」

JUM「そうだな。おいウサギ、僕たちを送り返してくれ」

ラプラス「喜んで・・・」

水銀燈「でもあれでレプリカだなんて・・・恐いもの作るわねぇ」

蒼星石「お父様も真っ青だね」

ラプラス(脅されて作ってこんな目に遭うなんて・・・はぁ)

――――・・・

真紅「あら、3人で出かけるなんて珍しいわね」

翠星石「何処に行ってたんですかー?」

雛苺「ずるいのずるいの。ヒナも連れてけーなの!」

JUM・蒼・銀「・・・」

真紅「な、何?そんなに睨みつけて・・・」

ゴチンゴチンゴチン!

真紅「ギャ!」

翠星石「あうっ!」

雛苺「いったいの!!」

JUM・蒼・銀「うるさい!!」

紅・翠・雛「はぁ??」

――――・・・

ラプラス「真紅レプリカ、翠星石レプリカ、雛苺レプリカ・・・よし。停止」

プシューーー・・・

ラプラス「流石に会話ができないと不味いですね。・・・ん?」

金糸雀「・・・」

ラプラス「金糸雀レプリカ・・・??」

金糸雀「かしらー」

ラプラス「作った覚えはないんですが・・・??」

金糸雀「カナは果たしてレプリカ?それとも本物・・・??」

ラプラス「!?」

かしらー・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「な・・・なんですかこれは!!金糸雀レプリカ?何体居るのですか!?」

金糸雀「カナはローゼンメイデン一の頭脳派よ?仕組みがわかればこれくらい余裕かしら」

そうかしら!

流石はカナかしら!

ウサギやドールズなんか目じゃないかしら!

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「ヒ・・・!!」

金糸雀「さっき送ったレプリカは会話が出来ないけど今回のは完璧かしら!」

金糸雀「偶然見つけたこのラボはカナが継いであげるのかしら」

ラプラス「何を考えてるのですか!!」

金糸雀「いいじゃないの。貴方が知るまでもないことかしら・・・フフフ」

金糸雀「レプリカたち!・・・やってしまいなさい」

了解かしら!

腕が鳴るかしら!

捌いてやるかしら・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「う・・・う・・・」

うわああああああああああああああああああああああああ!!

――――・・・

金糸雀C「今日のカナはお掃除担当かしら!」

金糸雀D「じゃあカナはお洗濯かしら!」

金糸雀A「じゃあカナはみっちゃんの着せ替え人形かしらー」

みっちゃん「すごいすごいすごーーーいい!!カナがいっぱい居るじゃない!!」

金糸雀「フッフッフー!これでみっちゃんが仕事から帰ってきてもすぐに休めるのかしらー!」

みっちゃん「ありがとうカナ・・・だぁぁーーーいすきよぉぉーーー!!」

スリスリスリスリ!

金糸雀「あぢゃぢゃぢゃぢゃぢゃ!!まさちゅーねっつぅぅーーー!!」

――――・・・

JUM「というわけで未完成ではありますが、レプリカを納めたいと思います。ラプラスの魔・・・だって」

蒼星石「あの状態のを貰ってもね・・・」

水銀燈「会話が出来ないのは痛いわよねぇ」

真紅レ「だわだわだわ!」

真紅「だわだわうるさいのだわ!!」

翠星石レ「ですですぅ」パキィン

翠星石「あぁ!皿を割ってんじゃねぇですよ!!このおバカ!!!」

雛苺レ「なのなのなのー」かきかき

雛苺「お絵かきなのー」ぬりぬり

JUM「こんな状態で生活しなきゃいけないのか・・・もうやだ」

銀・蒼「くじけずに頑張ればいいと思うよ!」

JUM「うるさい!」

おしまい

投稿: うさぎ登場 | 2010.11.22 16:47

ゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくん

投稿: ゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくん | 2010.11.22 16:44

ゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくん

投稿: | 2010.11.22 16:43

ゆうくんは今までの自分の発言をよく理解しましょう。もうすこし頭を使って考えれば、どこで間違えたかすぐ分かるはずです。

投稿: おばかさんへ | 2010.11.22 16:41

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、          :..
     ,r'" .. .. : : ::ノし )(::: :.`ヽ. ビキ     . : :
 __,,::r'7" ::.  ノ(   ⌒j(⌒) (:::::::...ヽ_   ビキ : .
 ゙l  |  ::  ⌒. .::: ::: :: .. . .⌒:: :... ゙) 7      ::.
  | ヽ`l ,/\,,_::..、,;_、_...:::_,,,ノ\ /ノ )     , : ;
 .| ヾミ,l _;;: ::: ."''=:))il((=''" . . . ::` .ヒ-彡|      : .
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::);;;;;f';;_-ェェ-ニ,, ゙レr-{     . ::
  | ヽ"::::''_;:'" ̄´.::;i;;;;;;i,..`'' ̄`:;_ .::r';' }     . : :
 . ゙N l ::. .....:::;イ;:';;;;;;;;l;;;i、::... . . ...::,l,フ ノ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 . |_i"ヽ;:...::::::/::.゙'''=-='''´`ヽ::.....:/i l"   <  朝鮮人のくせに!!
   .|:.:.::゙l  :::i ,-==' '==::、..:i .::,il".::|'"     \__________
    .{::...::|:::.、 ::(┼┼┼┼} :::...:il::. .:|    : . .
   /ト、:. :|::..゙l;: `======='".:,i' .:,l'.::ノト、    : : . ..
 / .|::..\ゝ、゙l;:: : : : ⌒ :: :,,/;;,ノ;r'" :| \    :: : . .
'"   |:: : ..`''-、`'ー--─'";;-'''"... : : :|       :: : . .

投稿: 菅直人からのお願い | 2010.11.22 11:04

ウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃんウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃん

投稿: ウソだったにゃん?ボクはねこだからわからないにゃん | 2010.11.22 10:54

202 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:08:44 ID:.aUoalxc


          /                             \        前回の用語整理
.        / /    /   /         \         丶
.      / /  /  /   , /  .i        丶    ヽ    ヽ     
      //.:   / ::/  .:::/ .:|  .::l  、   .::.  :ヽ   ::..:',    .ハ     戦略、戦争、作戦、戦術、戦闘の「戦闘」について習得
.     〃/.::/ .:/ .::,' .::::/ .::!  :::{   ::\ .::ヽ::.  ::l   :::::::l: :. .  ハ
      l.::,' : .:l :::::l ::::::l ::::{  ::::ヽ ::::::::\:::::ヽ::.. ..::l  :::::::::l::: :: :::. :l.:l
        |:/! :.:::| ::::ハ : ::∧::::八. .:::::i\..::::::l \::::\::::l  :::::::::l::::::::::: ! |    武器  「飛び道具」
        |{│.:.::::| ::::::ハ ::l ヽl  ', :::::|  ヽ::::l  _\{-ヽ|  :::::::::|:::::::::::: i::l         「投擲斧」「ブーメラン」「ナイフ」「弓」「スリング」「パチンコ」
       ! ! :. ;小、.:::::{ 代ート、 ヽ ..::l   >七´__,ィ=-、.」  :::::::::j::::::::;::: l:,'         「投槍」「弓」「矢」
        ', :::: l:: \::ムx≠于=ミ、\ヽ x=≠旡丁 `ドレ!  ::::::::;イヽ ::i:::::リ
          ヽ:::::lヽ::::\ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ

            //: : : / : : : : : : : : : : : : : : :
        /: イ: : : /!: : : : : : : : :|:i: : :i : : :              ピラミッドを想像して欲しい
          /´ l i: : 小 i : : : : : i: :!:.:.:.|: : : :  :  i          そこに戦略、戦争、作戦、戦術、戦闘と上から順に並んでいる
             |:l!: i :| ∨ : : : : : | : : : ハ: : : :  .:  |          上位にある概念ほど下にあるものを多く内包し
             |:|!: !:.|: : :r :i: : : :. : : : : N: : : . .:  |          下位に行くほどその種類と数は多岐に渡る
             |ハ : | i : 〉{ヾ: : : : 、: : : : : : :i: : :  !
             人:.N:.:.:ト   | i : : ヽ:. :. :.ヽト、: :   i   /     戦略
              ヾ|: :从 r'}ハト、 : : : : : : }: ヽ /  ,  //      戦争戦争
                 ハ : 圦     \: : : : : : :. }'  / イ/       作戦作戦作戦
                   Ⅵ:i:|ヽ      ヾ i : : : :   / / .{'       戦術戦術戦術戦術
                   |ハ!  ` 、  :. }从:. :.ハ. ' /         戦闘戦闘戦闘戦闘戦闘
                   {     二}__ヽ{ }∧{‐、         武器武器武器武器武器武器
                       ノ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..
                   <:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.     戦闘は多数の武器を内包し、戦術は戦闘を内包する
                  <:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
              x≦ヽ::ヽ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.     この言葉についてだ

205 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:09:38 ID:.aUoalxc


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、     軍事と呼ばれるジャンルに関わらず
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',     戦略
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l     作戦作戦
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!     作戦作戦作戦
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ     戦闘戦闘戦闘戦闘
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ       の階層構造はどの分野にも存在する
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
        く;;;;;;;;;;;;i;!;;;;;;;;i;!;;;;;ゝ
           i、__,,/  !、__,,!
          `ー'′  `ー'′

         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',    例えば会社で言う所の社員階級
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ    社長
       ヘ!:|         ノ!/′     所長所長
        ヾ!>ー-   -- <イリ       部長部長部長
         (ヘ:::::\i=//:::::/)       課長課長課長課長
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

206 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:10:14 ID:.aUoalxc


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、     これの場合、社長視点での戦略は
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',    社長・・・・・・・・・・・・・・戦略
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l    所長所長・・・・・・・・・・作戦
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!    部長部長部長・・・・・・戦術
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ     課長課長課長課長・・戦闘
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ       となる
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
         ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、
       (_;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)

                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧      しかし部長視点になると
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|     社長・・・・・・・・・・・・・・大大戦略
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|     所長所長・・・・・・・・・・大戦略
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|     部長部長部長・・・・・・戦略
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `     課長課長課長課長・・・・・作戦
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l      係長係長係長係長係長・・・・・戦術
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、     次長次長次長次長次長次長・・・・・戦闘
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}     と変化する
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

207 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:10:44 ID:.aUoalxc


                    更にしつこく表して
/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、      係長視点になると
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.     社長・・・・・・・・・・・・・・大大大戦略
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、     所長所長・・・・・・・・・・大大戦略
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/      《神のお言葉の壁》
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ        部長部長部長・・・・・・大戦略
   \ヽ、 _ , イ!::/        《上司の壁》
  / ヽ{  ト、ヽ l:′        課長課長課長課長・・・・・戦略
 ∧\  マ三ソ| \         係長係長係長係長係長・・・・・作戦
./: : \\ ヾ-〃 /∧        次長次長次長次長次長次長・・・・・戦術
                    主任主任主任主任主任主任主任・・・・・・戦闘

                                __,
                  __,..-:‐::───:‐-.、__,ノ:;/
               ,.イ´:;: : : : : : : : : : : : : : : : :<、
              /: : :.:/: : : /: : : : : : : : :|:: : : : : :`ヽ、
            /: : : :.:/: : :.:/: : :/: : : : : : |:.: : : :ハ: : : :\
            /: : : : : :/: ::、:/:: : ;イ:: : : : : : :|: :|: : : :|: : : :、::\
         ,ノ: : : : ::|: :.:|: : : :|\:/ |:: : : : : : :|: :|: :.;_:.:|: : : :ヘ ̄`
            ̄|: : : : |: : :|: : :/|:.:/`ー|: :.;: : : : :j斗:'´:.: :|: : : : ハ      このように、想定されるレベルによって
              |: : : :.:|: : :{: :;マチ弐ヤ ∨|: : : :/_∨ヘ::.: :|:: : : : : }     戦略の基準は大きく変わる
          |: : ::l'´|: : :∨ V::tィ::}   ∨::/テ弐ア∨::l:: : : : : :|
           |/|: ::ゝ|:: : : :|⊂ゞ-"     ∨ん':;リ,' /∨、: :/\:|     とコメントで指摘されていた
           ∨|: :V::. : :|       ` `ーc" {::: : :∨   `
             ∨:.:\::.:|      /´ ̄|      }::: : :|
               `ヽ:/ヽ:|、   /___,j    ,人::.: :|
               / ,r===-.、-r-、-‐<_  \:|
              / /:::::::::::::::::::`ヽニニ7 //::ヽ、__
              \,/::::::ゝ、::::::::::::::::\///:::::::::´:::::::;}フ
              _,ノ::::::::::ノ:`ヽ::::::::::::::::\::::::::;/_:;/
              >147
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、     >4:「ピラミッドについて異論有り」について
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄     そういうことではなく、この場合については、
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !       単純に、「戦略」が「戦争」の「上位」に位置しているのはおかしいんじゃないかな、
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′      ということでな。
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/        「戦争」の上位にある「戦略」は大戦略レベルだから、
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/          ピラミッドにある「戦略」を軍事戦略として意図しているのであれば「戦争」の下に置くべきだし、
              V: :lヽ、   _     /j/!/           大戦略として意図しているのであれば「戦争」の下に新たに軍事戦略を置くべきだ、
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃            ということ。
                ヽ!  //j     ト!/\           そのピラミッドは基礎的な思考概念になりそうだから、
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__        その辺りは最初の段階できっちりやっておくべきだと思う。
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!                                             である
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l

209 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:11:25 ID:.aUoalxc


             ___  _                         これは
            '"´ .: : : : : : : : : : :` 丶
        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : \                    軍事視点
.       / .: :.:: /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     ノ,'.::.::.: /.::.::::.::.::.:: /!.:/.::./  ::..  ヽ:. トヽ:.:  _ -, -──‐-、       「戦争」
    ー-/ :.::.:: .|.::.::.::.::://ナ、.:: ∧.i\ :i } |:.::| | /  /: : : : : : : : : \    戦略戦略(軍事戦略)
     [ .::.::.::.|.::.::. j/仗≧ミ/  リ  !ノ l ::|. ::!/   ' ___: : : : : : : : : ヽ   作戦作戦作戦
     Vl:.: :/^|.::.:イ.| .込_ソ    f仞゙リ.::.リ/   ./:::::::::::::, '´ ゙̄ヽ: : : : : '.   戦術戦術戦術戦術
      }:: : {i |.::.::.:l         、ー' i '´     .|::::::::::::::{:::::::::::::::}: : : : : :|
     ノヘ: :丶:|.::.::.|      ,-; .r‐'了       . |::.::::::::::: 、::::::::::ノ: : : : : :|   国家視点
       . i/\;|.::.::.l、    `' |::::::|       .. ∨:::::::: '´ ̄: : : : : : : :/
           .ヘ.::.|. ` . 、 _..ヘ| ̄¨''¬ー- ....、 _____, '´     「戦争」「戦争」
         /\\ \ ___lヘ__´\/ .二\                   作戦作戦作戦作戦作戦作戦
       i´ \ \\ `、ニニl. //  -‐、∨                  戦術戦術戦術戦術戦術戦術戦術戦術
.      l    \ \\ \  i /{   ィヽソ
                                             といった「戦争」を何処の位置に置くかの問題提起

210 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:12:31 ID:.aUoalxc

              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ    わたしが最初「戦略、戦争、作戦、戦術」の表を書いた際
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/      戦争と呼ばれる「巨大な」「行動」と「結果」を
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'       戦略の「どの段階に組み入れ表す」か「非常に悩んだ」
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ
      /: : : : : : : \. ト ヽ、
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_
          !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h

211 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:12:51 ID:.aUoalxc


                 ,/´  ̄´`  \ 、_ _
              , - ´: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : `ヽ、
           , /: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::`、
       /: : : /: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \        一般的に「行動」や「結果」に関しては
     /: : : ::/: : :: ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::: :`、       戦術や技術の下にあるものと考える傾向にある
    /: :/: ::::/: :::: : :::::/:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::::::: :`、       例文「戦略や作戦の結果、○○などの結果となった」など
   ///: :::/: :::::: ::::::/::::::::|::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::、:::|::::::::::::::::|:::::::::: : : |
  / ´ /: :::/: ::::::: ::::::::i:::::::: ノ:::::::::::::::|:::;::::::ヽ::::::::::::::::`l;;;|::::::::::::::|::::::::::: : : |      戦略
 /  /: : /: ::::::: : :::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::iヽ:::::ヾ:::::\::::::`il:::::::::::::::::::::::::::: : :|      作戦作戦
´    |: : :|: :::::::::: ::::::::::::::::::|  l|:::::::::::::::::|::|\:::::\:::::\::::|::::::::::::::::::::::::::: : :|      戦術戦術戦術
   |: : /l: ::::::::: ::::::::::ハ::ノ十-i:::::::::::::::::::トー\:::`_\:::::::|:::::::::::::::l::::::/:::: ::`、     技術技術技術技術
   |:/ |: ::::::::::: ::::::::| :: :  ヽ:::、::::::::::| rー\ヽ ヾ::l:::::::::::::::|:::::|::::: :::il: `、    行動行動行動行動行動
   |;  |: : ::::l:::: ::::::::|r===三 \ \:::::i ,====`‐、):::::::::::::::/:::ハ:: :ト:: r-`    結果結果結果結果結果結果
   |l  ヾ :::::|::::::::::::::|イ ::゚。:::|    \:i´"f:::゚;;;;;::リア/::::::::::::/:::/  |/ |l:|
      ヽ: : :::::::|::::::::| 弋_ノ      `  ヒ_ニソ ノ:::::::::::::// ) | | |l
       `、ハ:::|::::::::ヾ     ,          /:::::::::::::::/ / i
        i l:i il::::::::ト     ´          /イ:::::::::/ ノ:::::::::|
          ` |:::::::`、     _ _       / i|:::::::/::::::::::ハ:/
           |:ト::::::ヽ             イ:::::/|::::://
            ilヽ::::::::|\        /  /::/ |::/
            |l `、::::|  `ヽ、 _, - ´   //ノ=レ´ ̄i
            ` ヽ:|      i:ト     / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、
                      iハ    ´/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                      /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                     ´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\

212 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:13:40 ID:.aUoalxc


      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !| .        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//         「戦争」という「大規模」な「行動」と「結果」は
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /           下に配置するには余りに大き過ぎる
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /             かといって戦略の上に配置できるものでもない
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./              戦争のために戦略を組むわけではないからだ
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

213 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:14:05 ID:.aUoalxc


                             、     ヽ.
                           \      l
                    _ --- 、  ヽ.、 /
                   ,. . : :´: : : : : : : : : : `丶}:}∠
               / _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
            ,、.:.´ ̄.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、 ノ
.          ,、:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : `丶 ヽ ̄
.          / '"7 :.:.:.:.:.:/ .:.:.::::::,:' .:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.,':.:.:.:',:.:.:.:..\: \
         '´  /:.:.:.:.:, / .:::::::::::::/ .:.:// .:.:.:./':.:./:.:.:.:.:.i::: :.:.:.:.:ヽ:.:.`丶、_
.           ,':.:.:.://.::::::::://:.:/ /:.:.:/ / :./ ヽ: :.:.:}::;:.:.:.:.:.:.:.i ̄ ̄    戦争という大規模な行為に対し作戦や戦術の間に配置するのは
         |:./:::/:::::::/:イ「/ ̄ 7:./  /:/  ',:.:.:ハ:;.:.:.:.:.:.:.:.i       適切でないと考えた結果が戦略、戦争、作戦、戦術の並び
           /:::::::,'::::/:::::::/ ヒ==/ヽ  /   '"´.「/丶:.:.:.:.!:.:.:.:}
      ー―‐‐ァ:i:/,'::::::::/ {{::f. }: }ヾ      ,ィ=ト、 |!:.:.:,':::.:.:.;'       『厳密に表す』なら
          /イ {::::,:::::::::l.   う`´ソ         ハ::J::} ),i::.:./':.ハ:/
           / !:::/!!::::::/    `¨¨          う_У /:j/':/ ノ
.            {'  |::::/ヽ.__          ′   ` ,:':/:/:/          大戦略
              !:;′ヽ::\.      '"'     /:.:.:/ |'           《国家視点の壁》
              ':{   ノ丶丶、          ,'::/{             「戦争」「戦争」
                `    _ヽ} `  、  , </'′              《軍事視点の壁》
             , 、、--':. :.`丶、   {こヽ、                戦略戦略(軍事戦略)
              ,ィ;';';'`ヽ\\:. :. :. :ヽ-'´ ̄\ヽ ー 、_             作戦作戦作戦
          /;';';';';';';';';'\ヽヽ:.__ヽ===、`}:. :. :.} }丶           戦術戦術戦術戦術
            i';';';';';';'{';';';';';'ヽУ||: : : : :. ̄ ̄ ̄ : : ¬} }:.|;ハ
            |;';';';';';';ヽ;';';';';';'|| .||: : : : : : : : : : : : : : :.:|リ:/;';';i         となる
           {;';';';';';';';';ヽ;';';';'}! .!!: : : : : : : : : : : : : : : |:/;';';';'|
.            !;';';';';';';';';'\;';'} .||: : : : : : : : :_,、-、-‐、__;';';';ヽ
           {;';';';';';';';';';';';'\ .||: : : : : : /;';';';';';';'ヽ  };/;'}
              !;';';';';';';';'\;';';';ヽ|: : : : /;';';';';';';';';';';';}.  !Y;';';!
            V;';';';';';';';';';ヽ;';'/|_/;';';';';';';';';';';';';';'{./;';|;';';{
            V;';';';';';';';';';';'ヽ/;';';';';';';';';';';';';';';'';';';'ノ |;';';';!;';';'}
             ヽ;';';';';';';';';';';/;';';';';';';';';';';';';';';';';';ノ: : :|;';'; |;';';';|
              }V;';';';';';';'/;';';';';';';';';';';';';';';';/: : : : !;';';'|;';';';'!
             !;'V;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'/.二二ア};';';'|;';';';'ヽ
             /; V;';';';';';';';';';';';';';';';';';/|:::::::|;';';';';!;';';'i;';';';';';'i

214 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:14:24 ID:.aUoalxc


          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ        これでは戦略の「間に」戦争が挟まる形となり非常に判りにくい
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',       当スレッドは非軍オタも対象としているため
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |       理解の観点から戦略をひとつにまとめ、単純化し戦争の上に配置した
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!       事前知識のある者に対して厳密に表した説明は適切かもしれないが
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'        非オタには理解しづらいと判断した
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
   !  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l

           /7
       /7    7__
        V . : ´: . : ` : . 、  \ _. . . . . . _
            /: . : . : . : . : . :.ゝ. : :´: : : : : : : : :`: : . . _____
     Vヽ  i: . : . : . : . : . : .√:ゝ : : : : : : : :ヘ: : : : : : ヽ   `
.           !: . : . : . : . : . :/: : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : :ヽ、
            ' 、 : . : . : . :./: : : :./ : : : : : : : : :i: : : l: : :__: :\
          ヽ : . :_._:ノ : : : :/ !: : : : : : : : / : : :.!: (  _`ゝ:\       当説明を読んで
         r 、 /: : l : : : : :./ !: : /!: : : : ハ: : : :.!: : :〉´::::::ヘ⌒ヽ
         ll い{: : :.l : : : : /ー十:/メ: : : / `ー‐:|-:〈:::::::::::::::ヘ        舐めてんじゃねえぞゴラァ!
         ヽ__V:.:.l: : : :/__,|/二∨ / 二|_|_∨:::::::::::::::::}
         く::::::::::::V:l: : /:l んニ寸! ∨  んニ寸! :i 〉:::::::::::::::l        と考えた方には
          V:::::::::ハ:l /: :l に::::ノリ    に::::ノリ //:::::::::::::::::l        この場をもってお詫びしたい
             〈::::::::::::ハi : :⊂⊃一/ / / / ー‐⊂⊃::::::::::::::::::l
             ∨::::::::::∧: : :l           //::::::::::::::::::::::l        今後の方針では
           ヽ:::::::::::∧ : l 、__ r-,___ //:::::::::::::::::::::::,'        国家レベルでの戦略としての軍事に
                \::::::::::\!:::l l:l lムー ///イ:::::::::::::::::::::::,'         焦点をあてて説明していきたいと考えている
                \::::::::::::::l l:l ! 二//  /::::::::::::::::::::::/
                \:::::::ハ l:ll  // /:::::::::::::::::::::::/
                     ヽ:::∧ l:l__///::::::::::::::::::::::::: /
                  ∨::::ヽル/ l::::::::::::::::::::::::::/
                       ∨::::::介 、ヽ:::::::::::::::::::::::{
                    〉/:.へ:.:\i:::::::::::::::::::::ハ
                    /ヽ/:/l:.l\∧:::::::::::::::::::ハ
                    ノ:::::::::://: l:.l: : : :i::::::::::::::::::::::::i
                 ム一〃/ :/:/ : : /::::::::::::::::::::::/
                 厶- 、: : : :〈:/.: : :└┴┴ーーーj
               /     `ヽ: :_:_:ハ: : : : : : : : :ノ
.                /         /    ̄ `ヽ : :, <、
                乂.  _. --/     ,.イ:i:i:i:ヘ  \
                     ̄     {       j:i:i:i:イへ ___)
                     `ー - 一 ´

215 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:15:00 ID:.aUoalxc


/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、    戦略の何処に焦点を置いて考えるかはとても重要
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/      下に居れば居るほど、上層部の意向は把握できなくなり
::::::.!:.:.: |    |   l.:.:.|       上に居れば、下を数字としか扱わなくなる
Ⅵヘ.:.:.:l   ‐‐   /.:.ノ
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′
 ∧\  マ三ソ| \
./: : \\ ヾ-〃 /∧

                      i
                      |
                      |
                      |
                ―i二二i┼――‐‐
            ̄ ̄ ̄rェェェェェiェェj_ ̄ ̄ ̄
               [i';';'i:.:.:.:i;';';'/]
               _`゙'}iHi:i:{''゙´ュ__              人は基本的に目の前のものしか見えない
          ___〔二二二二二〕/___          大大大戦略や個々の戦術など
            ̄ ̄ ̄ヽヾ〕i i〔¨..::i/_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      自己の眼前の現実と余りに剥離したものは
             E[「_二i ___i二_圭コ
              二ニ_j  i.::::::ニ二             毎朝続けられる社の無意味なスローガンや
             |_ 干rj    iュ::圭j_|             これなんか意味あるの?な毎朝歌う社歌のようになってしまう
             __o_,','_}ttttttj_.::_:_::ュ_
             Ll_ ̄_____ ̄__」-‐'
             r‐! ェ|ェェェェェェ|ェェェ:|rュ__
      ` 、    └L|ー、 ・・・・ _,‐」.:',',ニ{"
        ` 、_____〕=|____|ニニニ',',}{ェュ; ____
        _└ー--ニ}_:_____..:::::::::::',',二{ ゙}―{゙ェェj
      \ |三j : /´ ̄_:~""'''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
       \}ー rェュ ______ ――' ̄.::i:::{::::三三i:::::「ニニi
        |: /´ ̄ /oヽ、''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
     __,,.. .-‐ '''";-ー‐,'`""''' ‐- ...,,__.::::::三i-j}‐┼‐‐___
   __';     /'  ':, ; ...:::::::::::::::::::::::::::::`""'''i ̄jコ==== ニニニニニi
 ‐―‐,r' `ヽ   /    .:  ...:::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-‐―-└====ヽ ̄ ̄ ̄
    { ¨¨ `ヽ/     i  .:::::::::::::::::::_,,.-‐''"  ¨¨  ̄  ̄ ij ij }
::::::::::::i       /`':,    :|  ..::::::, -'"          ゛ ゛     |:::::::::::::::
::::::::::└ー-‐-/-ー-'ー-‐ 'ー-ー-'ー-‐ー ―ー-‐ー-ーー-‐-ー-ー':::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

216 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:15:18 ID:.aUoalxc


               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ       主任や次長も社長視点で考えればいいんじゃね?
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.        推奨しない
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′
 ∧\  マ三ソ| \
./: : \\ ヾ-〃 /∧

217 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:15:35 ID:.aUoalxc


━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.       なんで
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

         l⌒l      l⌒ l       | ヽ
     l\    l  l      |   |      |  l
    l ヽ.  l  l       l  .l     .l  l
    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\     主任や次長には社長ほどの情報権限はなく、情報収集能力もない、全体の情報を把握してすらいない
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ    また、社長業務にたいする理解も主任や次長では十分な知識、経験が必須
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ      そうした「知識不足を本人が自覚する」ことを「主任や次長も社長視点で考える」では要求される
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l     条件が満たされない場合
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ      ニュー即やyahoo掲示板のかんちがい自称社長や右左の酷使様、ネトウヨ連呼厨房
        l;:;l             l;:;| \l         に成り果てる
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ         あなたもそうなりたい?
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l
            /: : l || /: : : : : l: : : : l
┌─────┐ 人: :二廾/: : : : : : l: : : : l
│          │ /: : : :ll /(: : : : : : : :l : : : : ヽ
│   FMV   │ `l: : : lレ l: : : : : /: : : : : :/
│          │ ゝ ○弋l(_)/┬  ┬ -l
├─────┤ ≦(__人__Y .l   l __ >
└─────┴─==      ̄ ̄ ̄ ̄

219 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:15:58 ID:.aUoalxc


                       ! |l!│!l│!l!│!l!l│
                    │!l│!l!│!l!l│
                ―‐  、   │!l!│!l!l│
                /      .:ヽ     │!l!l│
             l         .:.:.l         │
              ヘ     .:.:.:.:/
              \ .:.:.:.:.:.:.:く
              ィ´ .:.:.:.:.:.:.:.:|            なりたくねえお
            〈     .:.:.:.:.:.:.:.:|
               />、   .:.:.:.:.〈
                / !  l!    .:.:.:.:.l
           / {         .:.l
           ゝ‐'\____.:ノ
               :::::::::::::::::::::::::::..
                ::::::::::::::::::::::::::::..
                  ::::::::::::::::::::::::::...
                   ::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::

221 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:16:24 ID:.aUoalxc


               .. - ─……‐-. .、
          ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
              ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
         /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
        , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
         |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
         |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
         { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
           ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
           l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
           l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{    わたしも情報統合情報思念体の一員
            l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/       対人インターフェイスの一人
              \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/         巨大な機械に組み入れられた部品の一欠片
                   l:/ ,. -─┴┐
              ∠二二ヽ    !
            ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
         ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
       ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
        |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{
        |:| i/.:.:.:.:.:{. : : : : : :.:.:.:.:l L_ _ __{」
        |:| l.:.:.:.:.:.:j. : : : : : :.:.:.:.::L_ _ __」」
       レ'1. : :.:.:.l. : : : : : :.:.:.l/. : : : : : :/Y´
      く: : l. : :.:.:.:l: : : : : : :.:.:l. : : : : : :./:!
       Vy.:.: : :.:l. : : : : : :.:.:l: : : : : : /:.:.::l
      , イソ:.: : : :.l. : : : : : :.:.:l: : : : : /:.:.:.:.:′
     /: /j.:. : : :.:.l. : : : : :.:.:.:.l. : : : : ヽ.:.:./
    /: : :/ /.: : : : :.l. : : : :.:.:.:.::l: : : : : : : V
    〈: :_/ /. : : : : : l. : : : :.:.:.:.:.l: : : : : : : : :ヽ

222 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:16:51 ID:.aUoalxc


    ザッザッザ・・・          ''';;';';;'';;;,.,
         ザッザッザ・・・     ''';;';'';';''';;'';;;,.,
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,
                     ハハハハハハハハハハ、   
                    / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ
                  / ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\
          / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\
      , --v‐‐- 、∥∥Y∥∥, --v‐‐- 、∥∥Y∥∥, --v‐‐- 、∥∥ゞ        情報統合情報思念体の一部
    /         ヽ,  ゞ/         ヽ,   ゞ /         ヽ, /
   /     .       ヽ /     .       ヽ /     .       ヽイ
  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
  7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
  ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N /ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `
   |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj
    l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`  l/| |.''ー'    'ー' ,l/l   .l/| |.''ー'    'ー' ,l/l
     .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./
    ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ

                    ↓《命令》

               ._ -‐ ´    `丶_
              .//     .|\   \
             ./ /        l . \ l ハ
            // / ∧ lヽ \ l {ヽ \  ハ
           /イ ! lL⊥_ヽ \⊥\\.:.:.::.\ lヾ
           /ハ.l .lヽl_    \__.\\.:.:.::.〉
          ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤ll }:.:.:.:.:/
             //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:ク//:.:.:.:./
           _ -─―lハ       .//.:.:.:/
        <     `l/ >- ` -:イ/:.:/
          `ヽ. ___,ィチi{二7ソ.: ̄:ヽ         巨大な組織を構成する要素の一つ
           _ -─/.:.:.:|l ヽ/ヽ./::.:l
         , イ´  ,r'二` ̄ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
       /   _,イ ̄ `ヽ / ト、:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
      /   と⌒ヽ   /l} ll \..:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /      レひ}/ /!j ll  lj>r--メ、:.::\
    /           /   ハ  _ 弋tソ \:.:',
    /    ::.      / イ∨ l /lヽ、 ヽ   .::}:ハ
  /     ::..      / / l li l,イ l! lヽ  ヘ .://::l
  '     :::..     ..::l /  lノヽ.l lノヽl  \ ヘ//.:.:.:l
 l   / ̄⌒ヽ、__ ..:::l/  _lヘノl  lヽノヘ   V/.:.:.:.:.:!
 !  /          ̄|: / l li l  l l! ', ̄//.:.:.:.:.:.〈
 {  /          l/  l i  ! l li  l 〃:.:.:.:.:.:./
 l  l              l l!  l l ノ=z l//.:.:.:.:.:.:ノ
 ',  l             (二>┘と>‐//.:.:.:.:./
  、 l                       //.:.:.:/
  ヽj                     //.:/
                      /:/

223 : ◆XJPA/Uk1qM:2010/11/20(土) 22:17:09 ID:.aUoalxc


                ↓《命令》

           /´  _        ヽ\
          ./ / /仏∠! } }   トハ
          /l lレィ┿!   j┿テトj/リ! ミ}
          |∧ |j-'●   ● 'イ  l   {     数ある駒の一つでしかない
             |ヽ}   、_,、_,   │ ハ彡|
             | 八   {  }  _l /ノ  !
             | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j //  i |
             l/ヾ三} l___/{彡'´}  i |
             |l   ノl |二//|   l  ,イl|
             | ゝー' ∧! //∧__j / l |

投稿: | 2010.11.22 10:52

三人くらい捕まえたよ

投稿: | 2010.11.22 10:50

それ凄いね。逃げ切れたの?

投稿: | 2010.11.22 10:50

俺もホモから逃げ切ったら10万円っていうビデオに出たことある

投稿: | 2010.11.22 10:50

最近アニメ版のローゼンメイデンをよく見ます。面白いので是非ゆうくんも一度見てはいかがでしょうか。

投稿: 翠星石 | 2010.11.22 10:47

ゆうくんはキチガイなんだからほっとこうよ。

投稿: きちがいゆうくん | 2010.11.22 10:45

         /   /ヘ/  / /   /    /   //  /  / ヽ  \       \ \
        ./ _/ /  / /   /    /  / /  /   ∧_ヽ   \     ヽ.  ヽ
       // /! /  .l  l  /,.-‐'フフヽ.//  /   /´ヽヽ `>.、 .!       ',`ヽ 〉
        /   / |/    |  l// // /.: / ノ   /. :.:.ヽ \\ `ト、    |  | /
        {   ./ ||     l/  /ン-‐<、 ://:/  ./: :,ィ─ヽ-\ヽ. | |   |  |′
         \、.--|l-‐''"_,. -‐''",. =,=¬ミ、/: : :/  /: : : ノ゙,ニ==ミ、 | |   |  |
        /  ̄|| ̄   {: :く   ト-'  }  : : / ./: : : : : ト-'   } // /   j l !
        /   .!',      \:.` ゝ -‐'  .//      ー--  ./ /   /j | /
         /     ', ヽ   \ゝ、        ノ : : !           ノ/  .//ノ'
       ./    .∧ \   \                  -┐ ∠ -‐''" /
       /     /,ハ = ゝヘ、_  ゝ、               __ノ)      /〃/
     /     //  ヽ〃 ヾ ヽ ̄ ̄   、_,.. --'' ´ ̄   /     /</
   /    ,r'"´ ̄了ゝ、rー、 ヽ      ` ー──‐ '' ´     /liヾ/
  /    / ゝ, -‐'7`ーイ__.」、  \         ー          /   |        ヒーッヒッヒッヒッヒ!
/   , f´ ̄/   /  ノ/ヽゝン‐.、V丶、              /|     |
   / 之/   /  /   ヽ ヽノ1ヽ-、.`丶、    _,. -‐'"´  /|ヾ 「l〃|
  / 「 /     / /      ', ∟| ヽ \    ̄   /   / |= =l
/  .ゝ/     //       .i l , -イ   ヽ. ヽ     ,イヽ /  |〃il ヾl
   ,r/    /        || L.、|   l  `丶、 f |  `ヽ、 |     !
  /./     /           || ヽjヾ||〃l  ,. ‐-、ヽl   _  \|      ヽ
/ /     /         || ノj= =|/ , --ヘ}⌒}´_\  \ 、 ヾ r ヽ

投稿: | 2010.11.22 10:37

仮に教員が、「英語の文脈だから、日本人でも英語の語順にする」と教えているとすれば、
日本語の文脈では、外国人も姓名の順にしないと、理屈が破綻する。

その辺の矛盾を、きちんと理解できない中学生に洗脳的に教え込んでいる
ゆうくん氏ねよ。

投稿: | 2010.11.22 08:55

卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者

投稿: 卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑怯者卑 | 2010.11.22 08:22

一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一日の訪問者数50人っうぇw

投稿: 一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇw一日の訪問者数50人っうぇwp一 | 2010.11.22 08:21


 このたび,第22期国語審議会は,「現代社会における敬意表現」,「表外漢字字体表」及び「国際社会に対応する日本語の在り方」を取りまとめ文部大臣に答申しました。
 答申のうち,「国際社会に対応する日本語の在り方」では,官公庁や新聞・放送等における外来語・外国語の取扱いに関し,一般に定着していない外来語・外国語を安易に用いることなく,個々の語の使用の是非について慎重に判断し,必要に応じて注釈を付す等の配慮を行う必要があるとしています。また,日本人の姓名のローマ字表記に関し,「姓-名」の順とすることが望ましいとし,官公庁や報道機関等における表記及び学校教育における英語等の指導において,その趣旨が生かされることを希望しています。
 ついては,今回の答申の趣旨について御理解をいただき,貴管下において発行される文書等について,これらの趣旨に沿って対応していただけるよう御配慮をお願いいたします。

投稿: | 2010.11.22 08:19

ゆうくん!ゆうくん!ゆうくん!ゆうくんぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ゆうくんゆうくんゆうくんぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!ゆうくんの桃色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
小説12巻のゆうくんたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期放送されて良かったねルイズたん!あぁあああああ!かわいい!ルイズたん!かわいい!あっああぁああ!
コミック2巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
ゆ う く ん ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ハルケギニアぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵のゆうくんちゃんが僕を見てる?
表紙絵のゆうくんちゃんが僕を見てるぞ!ゆうくんちゃんが僕を見てるぞ!挿絵のゆうくんちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメのゆうくんちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはルイズちゃんがいる!!やったよケティ!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックのルイズちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあアン様ぁあ!!シ、シエスター!!アンリエッタぁああああああ!!!タバサァぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよゆうくんへ届け!!ハルゲニアのゆうくんへ届け

投稿: | 2010.11.22 08:17

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、          :..
     ,r'" .. .. : : ::ノし )(::: :.`ヽ. ビキ     . : :
 __,,::r'7" ::.  ノ(   ⌒j(⌒) (:::::::...ヽ_   ビキ : .
 ゙l  |  ::  ⌒. .::: ::: :: .. . .⌒:: :... ゙) 7      ::.
  | ヽ`l ,/\,,_::..、,;_、_...:::_,,,ノ\ /ノ )     , : ;
 .| ヾミ,l _;;: ::: ."''=:))il((=''" . . . ::` .ヒ-彡|      : .
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::);;;;;f';;_-ェェ-ニ,, ゙レr-{     . ::
  | ヽ"::::''_;:'" ̄´.::;i;;;;;;i,..`'' ̄`:;_ .::r';' }     . : :
 . ゙N l ::. .....:::;イ;:';;;;;;;;l;;;i、::... . . ...::,l,フ ノ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 . |_i"ヽ;:...::::::/::.゙'''=-='''´`ヽ::.....:/i l"   <  無視するな!!
   .|:.:.::゙l  :::i ,-==' '==::、..:i .::,il".::|'"     \__________
    .{::...::|:::.、 ::(┼┼┼┼} :::...:il::. .:|    : . .
   /ト、:. :|::..゙l;: `======='".:,i' .:,l'.::ノト、    : : . ..
 / .|::..\ゝ、゙l;:: : : : ⌒ :: :,,/;;,ノ;r'" :| \    :: : . .
'"   |:: : ..`''-、`'ー--─'";;-'''"... : : :|       :: : . .

投稿: | 2010.11.21 22:03

愛知の無職です。ゆうくんと話し合いがしたいのです。理性的になりましょう。

投稿: 定義ではニートさん | 2010.11.21 22:01

荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ

投稿: 荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ荒らすぞ | 2010.11.21 21:58

無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!p無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!

投稿: 無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無視するな卑怯者!無 | 2010.11.21 21:56

ゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんpゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんpゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんpゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんppゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんpゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんpゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくん

投稿: ゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくんゆうくん | 2010.11.21 21:55

皆ゆうくんを苛めないでvv
ゆうくん可愛いよゆうくんw
タイトルだけしか読んでないけどね^w^

投稿: ぷぷぷw | 2010.11.21 21:39

    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } |
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :| ... かわいいかわいい翠星石が
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !  ..華麗に2桁ゲットですぅ
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|   とれなかったザコ共には
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!.  翠星会に入会する権利をくれてやるですぅ
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!  
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|

投稿: | 2010.11.21 21:38

テララングだろうぇうぇwww

投稿: | 2010.11.21 21:33

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、          :..
     ,r'" .. .. : : ::ノし )(::: :.`ヽ. ビキ     . : :
 __,,::r'7" ::.  ノ(   ⌒j(⌒) (:::::::...ヽ_   ビキ : .
 ゙l  |  ::  ⌒. .::: ::: :: .. . .⌒:: :... ゙) 7      ::.
  | ヽ`l ,/\,,_::..、,;_、_...:::_,,,ノ\ /ノ )     , : ;
 .| ヾミ,l _;;: ::: ."''=:))il((=''" . . . ::` .ヒ-彡|      : .
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::);;;;;f';;_-ェェ-ニ,, ゙レr-{     . ::
  | ヽ"::::''_;:'" ̄´.::;i;;;;;;i,..`'' ̄`:;_ .::r';' }     . : :
 . ゙N l ::. .....:::;イ;:';;;;;;;;l;;;i、::... . . ...::,l,フ ノ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 . |_i"ヽ;:...::::::/::.゙'''=-='''´`ヽ::.....:/i l"   <  無視するな!!
   .|:.:.::゙l  :::i ,-==' '==::、..:i .::,il".::|'"     \__________
    .{::...::|:::.、 ::(┼┼┼┼} :::...:il::. .:|    : . .
   /ト、:. :|::..゙l;: `======='".:,i' .:,l'.::ノト、    : : . ..
 / .|::..\ゝ、゙l;:: : : : ⌒ :: :,,/;;,ノ;r'" :| \    :: : . .
'"   |:: : ..`''-、`'ー--─'";;-'''"... : : :|       :: : . .

投稿: 無視するな!! | 2010.11.21 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/50093648

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の「海外離れ」「内向き志向」はウソだった:

« 「マイナス金利」は実現不可能なアイデアである | トップページ | NHKの英語講座も名前はすべて名-姓の順です »