« ただの商売人に成り下がった経団連会長 | トップページ | 若者の「海外離れ」「内向き志向」はウソだった »

2010.11.20

「マイナス金利」は実現不可能なアイデアである

 「マイナス金利」とは、「預金」の残高に対して一定率を課税することです。もし預金をそのままにすると、定期的に税金を取られることになります。それがいやな人は、銀行から引き出しますが、そうすると多くの人はついお金を使ってしまうので、その分景気が良くなるだろうというアイデアです。

「マイナス金利」政策はいかが?(アゴラ 磯崎 哲也)

 本当にそんなにうまくいくのでしょうか。

 それを考えるため、1億円を銀行に預けている場合を想像してみます。税率を0.5%とすると、年間で50万円を取られることになります。果たしてどれくらいの人が何もしないでいるでしょうか。おそらく、かなり多くの人が、50万円を節約するために、いっせいに銀行から預金を引き出すでしょう。これは取り付け騒ぎと同じです。

 課税対象日を限定すれば、その前日には行列を作って預金を引き出し、次の日にはまた行列を作って入金することになるでしょう。お年寄りがパソコンを使って、証券会社の預かり金に移動するのがあたりまえになるかもしれません。

 課税対象を日割りにすれば、預金は銀行から出ていくことになります。預金を集めるために、税金分を補てんする銀行もでてくるでしょう。そうなれば銀行の経営が成り立たなくなります。これだけでも、マイナス金利は実現不可能であるといえます。


 日銀の白川総裁は、マイナス金利に対してこう言っています。

『日本銀行の白川方明総裁は9日午前、参院財政金融委員会の閉会中審査で、現在0.1%の日銀の政策金利をマイナスにするのは「理論的なアイディアとしては確かに面白いが、実務的に難しいというのが関係者のほぼ一致した見解だ」と述べ、マイナス金利の実現には否定的な見方を示した。』

日銀総裁:マイナス金利は理論的に面白いが実務的に難しい(ブルームバーグ)

 つまり、誰がどうみても実現不可能だということです。銀行券という手段がある以上、マイナスにしたら当然銀行券で保有します。紙で保有できるなら銀行券で、それ以外の電子的な手段があれば、その方法で保有するだけです。


 ただ、磯崎氏が言うように、銀行の国債保有リスクを個人に移転させることができるという国にとっての利点があります。その他にも、
 ・銀行の国債運用益がなくなり、本来の業務に専念せざるをえなくなる。
 ・国債を個人が保有し、金利が上がる。
と、本来あるべき姿に戻すことができます。

 しかし、マイナス金利が銀行から預金をなくすことである以上、銀行・金融庁の反対が強いでしょうし、国債消化が不安定になることで、財務省も反対するでしょうから、決して実現することはないでしょう。

|

« ただの商売人に成り下がった経団連会長 | トップページ | 若者の「海外離れ」「内向き志向」はウソだった »

コメント

もっとも問題なのは、いかに自分が論理破綻をしていて、保身のために手段を選ばない「いい訳」に終始しているか '本人すら' 気付いていないところです。気付けないのですから歴史は繰り返されます。それにこういった方はツッコミどころが多すぎので皆さんもツッコミが面倒になってしまうわけです。ツッコミを入れてどれだけ論破されても曲げないこともわかりきっていますから無駄です。無駄は無駄だから嫌いなんだ。無駄無駄。By ゆうくん

投稿: | 2010.11.22 17:56

ゆうくんは経済に強いんですねwほめてあげますw

投稿: | 2010.11.22 17:06

日本人の名前を英語で言うときは、名字が先? 名前が先? 【英語】

英語で自分のフルネーム(例えば「鈴木健」)を伝えるとき、みなさんは Suzuki Ken としますか? それとも、順序を逆にして Ken Suzuki としますか?

最近の英語の参考書や問題集は、My name is Suzuki Ken. のように、日本式のまま〈姓(名字・苗字)→名〉の順としているものがほとんどです。しかし保護者の方々は、My name is Ken Suzuki. のように〈名→姓〉の順で習ったという方が多いのではないでしょうか。そのため、これに関するご質問が寄せられることがあります。
現在の中学教科書での表記

いま、子どもたちは学校でどのように習っているのでしょうか。現在、中学校で使用されている文部科学省検定済みの英語教科書は全部で6種類あります。フルネームで自己紹介する場面がすべての教科書に載っているわけではありませんが、何らかの形で日本人名がフルネーム表記される場合、すべての教科書で Suzuki Ken のように〈姓→名〉の順が採用されています。

しかし、どの教科書も、「日本人名は〈姓→名〉の順で表記しなさい」と指導しているわけではないことに注意が必要です。各教科書の指導書や注釈をよく見ると、「日本人の名前を伝える場合は、(1)日本式のまま〈姓→名〉とするやり方と、(2)英語圏の言い方に合わせて〈名→姓〉とするやり方がある」といったように両方を紹介している場合が多いです。つまり、それぞれの教科書内では Suzuki Ken 式を基本として表記しつつも、「Suzuki Ken でも Ken Suzuki でもかまわない」としています。
小学校での指導

2011年度からの小学校での英語(外国語活動)必修化に向けて文部科学省が制作し、一部の小学校で配布されている『英語ノート』という教材があります(検定教科書ではありません)。この中で紹介されている、自分の名前をカードに書く活動では、Suzuki Ken のように〈姓→名〉の順で作例が示されています。教員向けの指導資料においても、『「姓+名」の順で言うことが望ましい』とされています。
いつから変わったのか

古い中学教科書を調べてみると、Suzuki Ken 式が主流になったのは2002年度(平成14年度)版からです。1997年度(平成9年度)版の検定教科書では、一部の教科書会社を除いて、英語圏での順序に合わせて逆転させた Ken Suzuki 式の表記が採用されていました。

2002年度版の教科書改訂で見られたこの大きな変化には、2000年12月に、文化庁の審議会であった国語審議会(当時)から出された次のような答申が大きく影響していると考えられます。

「国語審議会としては、人類の持つ言語や文化の多様性を人類全体が意識し、生かしていくべきであるという立場から、(中略) 一般的には各々の人名固有の形式が生きる形で紹介・記述されることが望ましいと考える。 したがって、日本人の姓名については、ローマ字表記においても「姓-名」の順(例えば Yamada Haruo)とすることが望ましい。 (中略) 学校教育における英語等の指導においても、以上の趣旨が生かされることを希望する。」
(国語審議会2000年12月答申「国際社会に対応する日本語の在り方」より)
どちらが正しいのか

国語審議会や検定教科書のこのような流れを受けて、現在の英語参考書や問題集では、姓名を逆転させない Suzuki Ken 式の表記が主流となっています。しかし、Suzuki Ken 式と Ken Suzuki 式では、どちらか一方が正しいというわけではありません。実際に英語圏の人に自己紹介する場合にはどうすればよいのか、親子で話し合ってみるのもおもしろいかもしれませんね。

投稿: | 2010.11.21 17:48

    ;"ヽ、
    /   ヾ,.
   ミ;    \             __._,.,_..,、
   ;'       ;,ヾ゙'"'''゙'゙''"'゙"'"゙´"ゾ"   "   ジ
   ミ     "                 ,/"
  ミ゙                      ;;"
  ミ;        ._               "彡
  ミ        ´         ヽ    彡,
  ミミ           `、_ /           ,彡
 ミミ            `、/          ミ
 ミ                          彡
 ミミ                       ,;;'
 ミミ      ヾ                ミ
 ミ       ミ     シ     ,,;''     ミ
 ミミ  '',,.,   丿    (,   ,,彡      彡
 ゙;     "''''"      "''''"         彡
  ゙,;                        ,;ゞ'' ;,
  ゙;;'                       ;;ミ  ";;
  ミ゙                       ;ミ  彡
   ミ ,,                     ;彡  シ
   ミミ                     彡  ジ
    ミ                    ,,ミ  ,,ミ
    "''ミ;       ツゞミ;        ミ"''"
      "ミ;,.,   ,.,彡'"゙.゙'"''"ミ;;,.,,  ,.彡"
        ""''''"         "'''''"

投稿: おれのちんぽこなめるか? | 2010.11.21 14:25

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   / f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 |::::::::::::::(_____ノ´||  |  ゆうくん~。 いい子にしてたかお?
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||  乂_________________ ノ
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

投稿: | 2010.11.20 21:18

50じゃなかったwww

投稿: ワロス | 2010.11.20 20:58

50コメget

投稿: キネン | 2010.11.20 20:58

客はファミキチ買えたのだろうか

投稿: | 2010.11.20 20:55

タイトルに時点で心惹かれたわ
内容も面白かった

投稿: | 2010.11.20 20:55

面白いな
おんなじ言葉つーか文章ばっか構成するって

レプリカで挫けそうになったけど
そっからカナ持ってきたのが好きだわ
で、逆にあっさり終わらせたのもいい感じ

作者乙

投稿: | 2010.11.20 20:54

おもしろい切り口だと思うな。

作者乙!

投稿: | 2010.11.20 20:54

おもすれぇー。よく出来てる。

投稿: | 2010.11.20 20:53

なんというハーレム(*´Д`)

投稿: | 2010.11.20 20:53

銀「あらぁ、あらあら!あらぁ、あらあらぁ。」

投稿: | 2010.11.20 20:52

なにこれ沢山カナがいるとかどんな桃源郷?

投稿: | 2010.11.20 20:52

だわだわ真紅かわいいよ真紅

投稿: | 2010.11.20 20:52

頭が混乱してきた……

投稿: | 2010.11.20 20:52

スレタイで吹いた。けど、怖かった。

投稿: | 2010.11.20 20:51

人形だからより怖さが引き立つなー。
面白かったです。

投稿: | 2010.11.20 20:51

怖いなw
パニックホラーに近いものがある

にしてもラプラスの扱いひでぇw

投稿: | 2010.11.20 20:51

実は一番おいしいとこ持ってったのカナかw
スレタイからこの内容はいい意味で予測出来なかったわ

投稿: | 2010.11.20 20:50

なかなか面白かった

投稿: | 2010.11.20 20:50

KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
でも色々面白いわこれwwwww

投稿: | 2010.11.20 20:50

怖いなwww

投稿: | 2010.11.20 20:49

ざわわ……ざわわ……

投稿: | 2010.11.20 20:49

――――・・・

ラプラス「ふむふむ、中々上手にいきませんね・・・」

ラプラス「さて、あの方達は一体どうなったんでしょうか?」

ラプラス「ん?モニターから見えない・・・何処に行ってんでしょうか」

水銀燈「ここにいるよぉー」

ラプラス「え?」

蒼星石「やっぱり黒幕は貴方か、クソウサギ・・・!」

JUM「縛り上げろ!!」

ラプラス「えちょまtt」

ラプラス「誤解ですって。大体なんで私が縛り上げられなきゃいけないんですか」

水銀燈「白々しいわねぇ」

蒼星石「信用できないねぇ。僕のお尻を舐めれば言い訳を聞いてやらないこともないけど・・・」

JUM「何言ってるんだお前は」

ラプラス「いくらでも舐めますから話を聞いてください・・・」

蒼星石「はぁ?なんで僕の高貴なお尻を兎なんかに舐めさせなきゃいけないんだよ」

ラプラス「・・・」

JUM「こいつの言うことを真に受けないでさっさと話してくれないか」

ラプラス「はい。実はですね・・・」

――――・・・

真紅「私たちも忙しいの。私たちがいないと誰がJUMを守るの?」

翠星石「のりじゃ役不足ですし、桜田家以外のドールズは役不足ですし?」

雛苺「そうなの。だからお前には雛たちのレプリカを作ってほしいの!」

ラプラス「はぁ・・・」

真紅「言っておくけど選択肢ははいかYesよ。それ以外だったら煮て焼いて食うのだわ」

ラプラス「・・・あんまりだ」

翠星石「ともかく!さっさと作るです。一回試運転を忘れるんじゃないですよ!!」

――――・・・

ラプラス「で、今回はその試運転なんです。お三方には無断でご協力いただくとうい形で・・・」

UM「おk。殴らせろ」

バキィ

ラプラス「げふぅ!!」

蒼星石「そういう事だったのか・・・でも庭師の如雨露も持ってたよ?」

ラプラス「戦闘優先で作ったので・・・ハイ」

水銀燈「じゃああのだわだわ言ってたのも・・・」

ラプラス「えぇ。まだ会話文のプログラムを組んで無いんですよ。戦闘優先なので」

JUM「全く・・・せめて一声掛けてくれよ。大変だったんだ・・・ぞ!!」

バキバキバキィ!!

ラプラス「す・・・すびばせんでしたばぶう」

ラプラス「と、とにかく十分なデータが取れたんでテストは終了します」

水銀燈「当然よぉ!」

蒼星石「はぁ・・・帰ろうか」

JUM「そうだな。おいウサギ、僕たちを送り返してくれ」

ラプラス「喜んで・・・」

水銀燈「でもあれでレプリカだなんて・・・恐いもの作るわねぇ」

蒼星石「お父様も真っ青だね」

ラプラス(脅されて作ってこんな目に遭うなんて・・・はぁ)

――――・・・

真紅「あら、3人で出かけるなんて珍しいわね」

翠星石「何処に行ってたんですかー?」

雛苺「ずるいのずるいの。ヒナも連れてけーなの!」

JUM・蒼・銀「・・・」

真紅「な、何?そんなに睨みつけて・・・」

ゴチンゴチンゴチン!

真紅「ギャ!」

翠星石「あうっ!」

雛苺「いったいの!!」

JUM・蒼・銀「うるさい!!」

紅・翠・雛「はぁ??」

――――・・・

ラプラス「真紅レプリカ、翠星石レプリカ、雛苺レプリカ・・・よし。停止」

プシューーー・・・

ラプラス「流石に会話ができないと不味いですね。・・・ん?」

金糸雀「・・・」

ラプラス「金糸雀レプリカ・・・??」

金糸雀「かしらー」

ラプラス「作った覚えはないんですが・・・??」

金糸雀「カナは果たしてレプリカ?それとも本物・・・??」

ラプラス「!?」

かしらー・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「な・・・なんですかこれは!!金糸雀レプリカ?何体居るのですか!?」

金糸雀「カナはローゼンメイデン一の頭脳派よ?仕組みがわかればこれくらい余裕かしら」

そうかしら!

流石はカナかしら!

ウサギやドールズなんか目じゃないかしら!

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「ヒ・・・!!」

金糸雀「さっき送ったレプリカは会話が出来ないけど今回のは完璧かしら!」

金糸雀「偶然見つけたこのラボはカナが継いであげるのかしら」

ラプラス「何を考えてるのですか!!」

金糸雀「いいじゃないの。貴方が知るまでもないことかしら・・・フフフ」

金糸雀「レプリカたち!・・・やってしまいなさい」

了解かしら!

腕が鳴るかしら!

捌いてやるかしら・・・

かしらー・・・

かしらー・・・

ラプラス「う・・・う・・・」

うわああああああああああああああああああああああああ!!

――――・・・

金糸雀C「今日のカナはお掃除担当かしら!」

金糸雀D「じゃあカナはお洗濯かしら!」

金糸雀A「じゃあカナはみっちゃんの着せ替え人形かしらー」

みっちゃん「すごいすごいすごーーーいい!!カナがいっぱい居るじゃない!!」

金糸雀「フッフッフー!これでみっちゃんが仕事から帰ってきてもすぐに休めるのかしらー!」

みっちゃん「ありがとうカナ・・・だぁぁーーーいすきよぉぉーーー!!」

スリスリスリスリ!

金糸雀「あぢゃぢゃぢゃぢゃぢゃ!!まさちゅーねっつぅぅーーー!!」

――――・・・

JUM「というわけで未完成ではありますが、レプリカを納めたいと思います。ラプラスの魔・・・だって」

蒼星石「あの状態のを貰ってもね・・・」

水銀燈「会話が出来ないのは痛いわよねぇ」

真紅レ「だわだわだわ!」

真紅「だわだわうるさいのだわ!!」

翠星石レ「ですですぅ」パキィン

翠星石「あぁ!皿を割ってんじゃねぇですよ!!このおバカ!!!」

雛苺レ「なのなのなのー」かきかき

雛苺「お絵かきなのー」ぬりぬり

JUM「こんな状態で生活しなきゃいけないのか・・・もうやだ」

銀・蒼「くじけずに頑張ればいいと思うよ!」

JUM「うるさい!」

おしまい

投稿: うさぎ登場 | 2010.11.20 20:49

水銀燈「確かこの先にコンビニがあるわ。そこに逃げ込んでやり過ごすのよ!」

JUM「ああ。・・・大丈夫か?その作戦」

蒼星石「いいから!」

ピンポーンピンポーン

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「・・・」

真紅「だわだわだわだわ・・・」

翠星石「ですですですですぅ・・・」

ダダダダ・・・

JUM「・・・よっしゃ、行ったな」

水銀燈「上手いことやり過ごせたわねぇ」

蒼星石「でも・・・これじゃあ帰る所の話じゃないね」

JUM「ああ。ここを移動しながら考えるか」

水銀燈「そうねぇ・・・」

ピンポンピンポーン・・・

客「ファミチキくださいブヒッwwwww」

JUM「うぜぇ・・・」

雛苺「なのなの、なのなのなのー」

金糸雀「かしらー」

蒼星石「・・・雛苺と金糸雀が店員の格好をしてる!?」

雛苺「なのなの、なのー」

金糸雀「かしらかしらー・・・」

JUM「く、来るんじゃあないぞッ!!」

水銀燈「逃げるわよぉ!!」

バリィィィン!!

蒼星石「羽で窓ガラスを・・・!」

雛苺「なの、なのなのなの!!」

金糸雀「かしらああぁぁぁ!!」

JUM「走れ!!」

――――・・・

JUM「はぁ、はぁ・・・追いかけてきてるか!?」

蒼星石「いや、今のところは大丈夫みたいだね」

水銀燈「ちょっと、逃げるので一杯一杯だったから気が付かなかったけど・・・」

JUM「ああ。街中まで来てしまったな」

蒼星石「仕方ないよ。今回ばかりは」

水銀燈「ちょっと休憩したいわぁ。あそこのカフェに入りましょう」

JUM「ああ・・・クソ、信号が長いな」

蒼星石「不思議と信号って変わってほしい時に限って遅く感じるよね」

水銀燈「そういうものよ。落ち着いて待ちなさい」

JUM「・・・変わったぞ。行こう」

真紅「だわだわ」

蒼星石「うん。行こう水銀燈、真紅」

翠星石「ですぅ」

水銀燈「ちょっと、翠星石を忘れてるわよぉ・・・翠星石??」

JUM「・・・ん?」

蒼星石「・・・あれ?」

水銀燈「げぇっ!?」

真紅「だわだわ・・・」ニヤ-

翠星石「ですですぅ・・・」ニヤニヤ

JUM「う、う、うわあああああああ!!」

水銀燈「いつの間に!?」

蒼星石「あ!JUM君、水銀燈危ないよ!!」

キキィィーー!!

JUM「うおぉ!?・・・轢かれるかと思った」

水銀燈「もういろいろ怖いわよぉ・・・」ドキドキ

ガチャ

金糸雀「かしら、かしらかしらー!!」プンプン

雛苺「なのなのなーの!」プンプン

JUM「お前らかよ!!」

蒼星石「突っ込んでる場合じゃないよ!!」

水銀燈「何で運転できるのよぉ・・・」

真紅「だわだわ!」

翠星石「ですぅ!!」

JUM「まずい、挟み撃ちだ!!」

水銀燈「・・・これは!二人共、周りを見てみなさい!」

蒼星石「え?」

JUM「そんなこと言ってる場合じゃ・・・」

水銀燈「平日の昼間なのに・・・閑散としすぎてるわぁ!さっきまで人でごった返してたのに!!」

真紅「だわだわ」

翠星石「ですぅ」

雛苺「なのなの」

金糸雀「かしら」

JUM「おかしい!ここは一体何処なんだ!?」

蒼星石「どうやら攻撃する気らしいね・・・囲まれた」

真紅「だわだわだわ!」

雛苺「なのーーー!!」

ビシィィイ!!

JUM「い・・・苺わだちが足に!」

翠星石「ですぅーーーー!!」

金糸雀「かしらああああ!!」

蒼星石「やめるんだ翠星石、金糸雀!!」

水銀燈「くぅっ!!」

ドゴォォォォォン・・・

真紅「・・・??」

翠星石「ですぅ!?」

金糸雀「かしら・・・??」

雛苺「なのなのー・・・」

水銀燈「ふんぎぎぎぎぎぎぎ・・・」バサバサ

JUM「おいもっと頑張れよ銀次!」

水銀燈「だぁれがスリ師よぉ!!」

蒼星石「やるじゃないか水銀燈。みんな気が付いてないうちにあそこに行こう」

JUM「あそこ?」

蒼星石「この空間はどこか異質だ。気がつかないうちに迷い込んでしまったけど・・・」

水銀燈「そうねぇ、もしかしてあの子たちがおかしくなったのもこの空間が何か関係してるかも」

JUM「・・・ここはnのフィールドなのか?」

蒼星石「違うね。でも非常に近いものがある」

水銀燈「・・・なぁーんとなくだけど分かってきたわぁ」

JUM「何が?」

水銀燈「この状況を楽しみそうなのは誰よ?」

蒼星石「そういう事だね」


JUM「・・・あのウサギか!!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」3 | 2010.11.20 20:47

真紅「だわだわ、だわわだわわ」

翠星石「ですぅ!?です、ですですぅwwww」

雛苺「なのなの、なのー?」

蒼星石「・・・」

翠星石「です、です!」

蒼星石「え?僕!?」

真紅「だわわ」コクリ

蒼星石「え、えーと・・・アハハ・・・」

蒼星石(何の話なんだ・・・)

ピンポーン

水銀燈「誰か来たわよぉ」

JUM「水銀燈が出てくれよ。どうせ金糸雀がかしらかしら言いながら入ってくるんだよ」

水銀燈「お断りするわぁ。だいたい私はお客さんよ?」

JUM「くそ・・・気が引ける」

JUM「はーい、どちら様ですか?」

こんにちはーお届け物でーす!

JUM「あ、はーい」

JUM(良かった・・・金糸雀じゃなかった)

JUM「どうも。ご苦労さんです」

バタン

JUM「僕宛?何か頼んだっけ・・・にしても重いな」

水銀燈「あら、何それ美味しいもの?」

JUM「なんで食い物だと思ったんだよ・・・」

水銀燈「・・・まぁいいじゃない」

JUM「開けてみるか」

ガチャ

蒼星石「はひぃ・・・」ヨロヨロ

水銀燈「・・・お疲れ様」

JUM「どうだ。感想は?」

蒼星石「悪夢以外の何物でもなかったよ・・・」

水銀燈「でしょうねぇ。貴女はよく我慢したわよ」

蒼星石「メルシーボークー・・・」

JUM「あった、このカッターで・・・」

蒼星石「いつかあの3人も一階に降りてくるんだろうね」

水銀燈「相手にできる自信がないわよぉ・・・」

JUM「僕もだ。よいしょ!」

ビリビリー

蒼星石「その荷物は何?」

JUM「今届いたんだよ」

水銀燈「早く早く!開けなさいよぉ!!」

JUM「うるさいな。食べ物じゃないだろ・・・」

バァァァーーーーーン!!

JUM・銀・蒼「荷物が!?!?」ビクゥ

金糸雀「かしらかしらかしらーーーー!!」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

蒼星石「増えた・・・」

金糸雀「かしらかしらかしらー」

水銀燈「荷物から出てくるんじゃないわよ!この愚昧がぁ!!」

蒼星石「今大変なんだよ。消えろ」

JUM「これ以上増やしてどうするんだよ・・・」

金糸雀「かしら?かしらかしらー」

蒼星石(喋るなよ)

JUM「遠くの島で静かに暮らしたい・・・」

ガチャ

真紅「だわ?だわわ」

翠星石「ですぅ・・・ですです、です!」

雛苺「なのー」

金糸雀「かしら!かしらかしら」

蒼星石「最悪のタイミングだ・・・」

水銀燈「集結しちゃったわよ?」

JUM「それを僕に言ったところでなぁ」

真紅「だわ、だわわだわだわ」

JUM「・・・へ?僕??」

真紅「だわわ。だわだわわわ」

JUM「・・・紅茶?」

真紅「だわわ!だわだわわっわわわ!!」

金糸雀「かしらかしらー。かしら?」

水銀燈「帰りたい・・・」

翠星石「ですぅ、ですですです」グイグイ

雛苺「なのなのなのー」グイグイ

蒼星石「引っ張らないでください・・・勘弁してください・・・」

真紅「だわだわわだわ」

翠星石「ですですでっすです」

雛苺「なのなのなのー。なのなの」

金糸雀「かしらかしら!かしらかしらー」

JUM「・・・もうやだあああああああああ!!!」

バリィィィーーーン!!

蒼星石「あ!JUM君!?」

水銀燈「窓ガラス突き破って逃げたわよぉ!」

JUM「HYEEEEEEEEEEEEEE!!」

水銀燈「置いてくんじゃないわよぉ!」

蒼星石「水銀燈、追うよ!」

――――・・・

JUM「あばばばばばばっばばばばばああああああ!!」

蒼星石「JUM君!」

水銀燈「ショック療法よぉ!」

ゴキィ!

JUM「ガフッ!?!?」

水銀燈「これでよし」

蒼星石「すごい鈍い音がしたんだけど・・・」

水銀燈「大丈夫よ。それよりあのジャンクたちは?」

蒼星石「置いてきたよ。言い方が悪いけどしばらく顔も見たくない」

JUM「う~ん・・・ハッ!アイツらは!?」

水銀燈「置いてきたわよ。それより何で一人で逃げたのよ・・・」

蒼星石「まぁまぁ・・・それよりこれからどうしようか」

JUM「ここは公園か。しばらくして帰ったら元に戻ってないかな」

蒼星石「どうだろうね・・・」

水銀燈「あのぞうさん滑り台の下に隠れましょう」

JUM「ああ」

蒼星石「おじゃましま~す・・・ん?」

真紅「だわわ」

蒼星石「あれ?」

JUM「うわぁ!?なんでここにいるんだよ!?」

水銀燈「やだ、怖いわよぉ・・・」

真紅「だわわだわ」

翠星石「ですですぅ」ポンポン

蒼星石「す、翠星石!?」

雛苺「なのー・・・」

金糸雀「かしらー・・・」

水銀燈「いつから居るのよ貴女達ーーー!?」

JUM「うおおおおお!!逃げるぞ!!!」

ダダダダ・・・

JUM「とにかく、全力疾走だ!」

水銀燈「どこかに逃げ込むのよぉ」

蒼星石「うん。・・・撒いたかな?」

翠星石「ですですですです」

真紅「だわだわだわだわ」

JUM「おい・・・凄いスピードで追いかけてくるぞ!!」

水銀燈「右に逃げるわよ!」

蒼星石「うん・・・あれ、雛苺と金糸雀は?」

JUM「知るもんか!」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」2 | 2010.11.20 20:44

真紅「だわわ、だわわだわだわだわ」

JUM「はい?」

真紅「だわだわだわ」

JUM「何だよ、僕をからかってるのか?」

真紅「だわだわだわわだわ」

JUM「・・・」

真紅「だわだわ」

JUM「まともに喋れよ」

真紅「だわ?だわだわだわ」

JUM「・・・」

真紅「だわだわ。だわわだわ」

JUM(もうやだこいつ)

ガチャ

雛苺「なのー」

JUM「雛苺!真紅がジャンクになっちまった!!」

真紅「だわわ!」

ビシィ!

JUM「ぎゃあ!喋らないクセに手は出すのかよ・・・」

雛苺「なの、なのー?」

真紅「だわわ」

JUM「・・・」

雛苺「なのなのなの」

真紅「だわだわ」

雛苺「なのー」

真紅「だわわだわわ。だわだわ」

雛苺「なの?なのーwwwww」

真紅「だわwwwwwwwww」

JUM(狂ってる・・・)

JUM「一階にいこう。頭が痛い・・・」

真紅「だわわ」

雛苺「なのなのなの」

JUM「・・・」

真紅「だわだわだわわ?」

雛苺「なのー」

JUM「誰か助けてくれ・・・」

――――・・・

JUM「くそ、姉ちゃんは学校か。あの洗濯のりめ・・・」

翠星石「~♪」

JUM「翠星石!聞いてくれ!!真紅と雛苺が・・・」

翠星石「です?」

JUM「だわだわとなのーしか喋らなくなったんだ!!」

翠星石「・・・」

JUM「・・・」

翠星石「・・・」しら~

JUM「・・・そんな目で見るな。僕は正常だ」

翠星石「・・・」

JUM「信じてないだろ?」

翠星石「ですぅ」コクリ

JUM「ホントだって!あいつらの会話を聞いてたら気が狂いそうなんだよ!」

翠星石「ですです、ですぅ」

JUM「・・・」

翠星石「ですですですぅ・・・ですです」

JUM(僕が何をしたって言うんだ・・・)

――――・・・

ガシャーーーン!

水銀燈「はぁい真紅、今日もタダめs・・・ローザミスティカを奪いにきたわよぉ!」

真紅「・・・だわだわ」

雛苺「なのー」

水銀燈「え?何て?」

真紅「だわだわだわ、だわわ」

雛苺「なのなのなのー」

水銀燈「・・・」

真紅「だわだわだわわ」

雛苺「なのなのー。なのなのなの」

水銀燈「ちょっと、ホントにジャンクになっちゃたの?」

真紅「だわわっわわわっわわ!!!」プンスカ

水銀燈(なんで怒るのよ・・・)

雛苺「なのなの」

ガチャ

翠星石「ですぅ」

水銀燈「翠星石!何よこの状況は!?」

――――・・・

蒼星石「おじゃましまーす。やあJUM君!」

JUM「・・・」

蒼星石「元気がないなぁ!ワタラセ、ワタラセ、ワタラセ・・・ほら、ご一緒に!!」

JUM「・・・」

蒼星石「JUM君?」

JUM「死にたい・・・」

蒼星石「??」

翠星石「ですですぅ」

真紅「だわ?だわわ!」

雛苺「なのなの、なーのー」

翠・紅・雛「hahahahahahahaha!」

水銀燈「日本語でおk」

翠星石「です、ですですですぅ?」

水銀燈(話しかけんじゃないわよ・・・)

――――・・・

蒼星石「まっさか」

JUM「ホントなんだよ・・・今のとこまともに喋れるのは蒼星石だけか」

蒼星石「JUM君、4月1日にはまだ早いよ」

JUM「何とでも言え。そんなに信じられないんなら二回に行ってみろよ」

蒼星石「仕方がないなぁ、じゃあちょっと様子を・・・」

ガチャ

水銀燈「・・・」

蒼星石「あ、水銀燈じゃないか」

水銀燈「疲れたわぁ・・・」

JUM「見たのか?」

水銀燈「ええ」

蒼星石「・・・もしかしてホントなの?」

水銀燈「何がホントかは知らないけど・・・現実よ」

JUM「夢であってほしいな」

蒼星石「・・・ちょ、ちょっと僕も確認してくる」

水銀燈「行くだけ無駄よぉ・・・」ゲッソリ

蒼星石(ちょっとやつれてる・・・)

蒼星石「やぁみんな」

真紅「だわわ」

翠星石「ですですぅ!」

雛苺「なのー」

蒼星石「・・・」

翠星石「ですですですぅ」グイグイ

蒼星石「ちょ、引っ張らないで・・・」

真紅「だわだわだわわ」

蒼星石(どうしよう・・・)

JUM「どうしたもんか・・・」

水銀燈「何か前兆みたいなのは無かったの?」

JUM「いきなりだよ」

水銀燈「そう・・・」

JUM「・・・」

水銀燈「・・・」

JUM「・・・」

水銀燈「帰っていい?」

JUM「ダメ」

投稿: 真紅「だわわ、だわわー」 | 2010.11.20 20:41

これは民主党の卑怯な工作を
模倣しただけにすぎない

本来は子供だけが投票すべきなのだが、
想定されてない層が組織票すると好き勝手にできるという例だ

投稿: | 2010.11.20 20:38

そもそも最初から組織票で荒らしてるんだから問題ない。

投稿: | 2010.11.20 20:37

クソワロタwwwwwwwwwクソワロタwwwwwwwwwクソワロタwwwwwwwww

投稿: クソワロタwwwwwwwww | 2010.11.20 20:37

    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } |
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|  かわいいかわいい翠星石が
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !  余裕の2ゲットですぅ
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|  とれなかったザコ共はひざまずいて
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!  謝罪と賠償するですぅ
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!  
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ

投稿: | 2010.11.20 20:36

翠星石かわいすぎだろ

投稿: | 2010.11.20 20:35

     ___ヽノ-――- 、
    __≧ァ≠ヌヽ二/     ヽ.
 /, -‐''/ /〃 ヾ!7!,イ ,    ヽ
 <  / '/   .:! {i:!:、l: i:    ',
.  ヽヽ :/   .::::∧トミト!l|:i !l ! ! 『・・・。』
    /ヽ\   .:::::/  ゞ=′l7zリ ノノ 下らない
.   /__..=' .::;:::/       ヒfル!'´ 毎度の事だけど、何が楽しいのか分からない悪ふざけ
 ´:.  `ヽ.:::/イr-z、   `,.イ¨ ヾ、
  V ヽ  ヾ:.ヽ ヽ!7Zニ´ ノ   _jl 壁紙ですか?まあ実害は無いに等しいし、どうでもいいけれど
     !::.. _     \!7_∠ く ̄´ まあ程々にすべきですね、でないといつか手痛い反撃を食らうかも

投稿: | 2010.11.20 20:35

vipからきますたwww

投稿: | 2010.11.20 20:34


        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | こういうスレが沢山立ってたのが
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 昔のVIPなんだよな今の新参は
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 昔のVIPを知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

投稿: | 2010.11.20 20:33

未だにこういうの面白いと思って組織票入れてる奴らいるんだな
日本も終わってんなあ

投稿: | 2010.11.20 20:33

投稿: kimokawa | 2010.11.20 20:33

彼らが日頃から忌み嫌い「やっちまうか!?」と論じる
DQNの行動や、鬼女の言動と何が違うんだ?これ

結局、人に迷惑かけるの楽しすぎwwwwwwwwwwwwだろ

投稿: | 2010.11.20 20:32

こういう無意味な嫌がらせする気持ちがわからない
おもしろいのか…?

投稿: | 2010.11.20 20:31

ガキくせえことやってるなあ

投稿: | 2010.11.20 20:31

最低の大人ww

投稿: | 2010.11.20 20:30

こりゃまた無駄に敵を作るような真似を・・・

投稿: | 2010.11.20 20:29

ゆうくんはどうでもいいけど子供が可哀想

投稿: | 2010.11.20 20:29

あーでもこういうのって、無視してないのな
何時まで無視するんだろうな。

投稿: | 2010.11.20 20:29

「姓・名」の順での英語表記に賛成します

投稿: | 2010.11.20 20:27

広州アジア大会で気になることがありました。
日本人選手に対するアナウンスが「名-姓」になっていたのです!中国や韓国人の選手は「姓-名」だったのに・・・
こうして日本人の名前は世界中から誤解されるのです。いったい何時になったら正しい表記が使われるようになるのでしょうか。非常に悲しくなります。

投稿: 日本人以外は・・・ | 2010.11.20 20:25

日本人の名前は姓名順。それをまず理解してください。
自分の名前をわざわざ相手の国にあわせる必要はないのです。最近開かれているアジア大会での名前表記も中国韓国人はみな姓名順で表記されているのに、日本人選手は名姓順なんてあんまりですよ。

投稿: 日本人の名前は姓名順 | 2010.11.20 20:25

「郷に入れば郷に従えで、英語圏では名が先だから名を先にという考えが正しい、姓を先に書くのはわがまま」と主張してるサイトも見ましたが、自分の名前をそのまま書いたらわがままというのはおかしいと思いました。

どっちに転んでも混乱するのなら日本式に姓を頭にするように統一するべきだと思います。
今のままどちらでも可な状態だと混乱が拡大するだけです。

投稿: 日本式に姓を頭に | 2010.11.20 20:24

国際的には、名+姓の順で表記するのが慣例で日本はそれに倣ったが
韓国などは大昔にそれに反発してそれが通ったのでそのままになってる

投稿: 恥を知れ | 2010.11.20 20:24

アジア大会見て思うんだけど、中国韓国人選手は姓名順なのになんで日本人は姓が後ろになるんだ?
今までの慣例だったとしても、自分の名前をそのまま書くのが一番自然だと思うんだが。

投稿: 恥を知れ | 2010.11.20 20:23

Itō Hirobumi
伊藤 博文
Kuroda Kiyotaka
黑田 清隆
Sanjō Sanetomi
三條 實美
これがなにを意味しているか理解できますか?これは英語版ウィキペディア「List of Prime Ministers of Japan」から引用したものです。
これを見て姓名順の分かりやすさ知ってほしいと思います。

投稿: 誰にだって間違いはある | 2010.11.20 20:22

最近読んだマーク ピーターセンの「日本人の英語」で彼が日本人の姓名表記を非難しているのを知りました。なぜHikaru GenjiはGenji Hikaruではいけないのか。その理由が解決した気がします。

投稿: Hikaru GenjiはGenji Hikaru | 2010.11.20 20:18

ゆうくんは
「姓・名」の順での英語表記は文科省の歴史的な愚策であるで、中国や韓国に合わせるなら、今度はその二国に媚びていることにならないでしょうか。
と言いましたが、自分の名前をそのとおり書くことがなぜ媚びていることになるのでしょうか。
日本人の「姓・名」順はまわりに合わせるものではなくそのまま書いているだけと言うことをゆうくんは理解する必要があります。

投稿: 頭を使ってね | 2010.11.20 20:14

ゆうくんは世の中にたくさんの名前があることを知っていますか?

たとえば、モンゴル人は姓名順でも名姓順でもなく父の名前と子の名前で構成されています。朝青龍ならドルゴルスレンギーン・ダグワドルジとなり、ドルゴルスレンギーンが父の名前、ダグワドルジが子の名前と言う風に。
日本人の名前は姓名順でいいのにわざわざひっくり返す必要はありません。モンゴル人のように世界には本当にいろいろな名前があるのです。
それを尊重せずにコロコロと名前を変えるなど、まさしく馬鹿馬鹿しいとしか言いようがありません。

ゆうくんも現実を見てどちらが正しいかよく考えてみてはいかがですか?

投稿: 世界の名前 | 2010.11.20 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/50082324

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイナス金利」は実現不可能なアイデアである:

« ただの商売人に成り下がった経団連会長 | トップページ | 若者の「海外離れ」「内向き志向」はウソだった »