« ギリシャ問題に何もできない無能鳩山内閣 | トップページ | なぜ日本人は英語が苦手なのか »

2010.06.01

iPadは大画面化で失敗する

 iPadはその画面の大きさから、ノートPCの置き換えを狙っているようです。ノートPCとの比較で考えるなら、iPadの致命的な欠陥は、その最大の特長である操作性にあると思います。

 タッチ操作そのものは非常に先進的で、大変快適のようです。これは操作の動画からわかります。

Apple「iPad Wi-Fi/32GB」速攻レビュー 操作動画(PC Watch)
Apple「iPad Wi-Fi/32GB」速攻レビュー ~家庭では、もうPCは不要!?(同)

 しかし、何をするにも、画面をタッチする必要があります。iPodなら指先の移動で可能なところが、iPadでは画面の離れたところをタッチするために、腕全体を動かす必要がでてきてしまっています。これは大きな問題です。

 一般のユーザーでも、店頭で操作すれば、画面サイズが9.7インチの今でも、これにすぐ気が付くと思います。

 一方、ノートPCではマウスを少し動かしただけで、画面全体を操作できます。マウスを動かさず、ホイールでスクロールができます。手首から先を動かすだけです。

 このiPadの操作性の問題は致命的であり、改善することはiPadのコンセプトを否定することになるため不可能でしょう。

 iPadは文字が小さくて見にくいと言われているようですから、今後、大画面のものが出てくるでしょう。その時はさらに操作範囲が広がり、この問題が一般に認識されることになると思います。

 広告戦略や価格戦略をうまくやってブームを起こしたとしても、使い勝手が悪ければやがてブームが去ります。何をもって失敗とするかは見方によるでしょうが、「家庭では、もうPCは不要」とまで期待された商品としては、大いに期待外れで、結果的に失敗だったという評価が下されることになるのだと思います。

|

« ギリシャ問題に何もできない無能鳩山内閣 | トップページ | なぜ日本人は英語が苦手なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/48511318

この記事へのトラックバック一覧です: iPadは大画面化で失敗する:

« ギリシャ問題に何もできない無能鳩山内閣 | トップページ | なぜ日本人は英語が苦手なのか »