« 日本人に合った英語上達法は何か | トップページ | コミュニケーション力とは »

2010.05.01

朝鮮学校は工作員養成所であり、教員は工作員である

 MSN産経ニュースにとんでもないことが書かれています。
 【疑惑の濁流】朝鮮学校無償化先送りで総連に分裂危機…偽装韓国籍、ソフト化もやまぬ生徒離れ

『 昭和53年に朝鮮総連幹部からある麻薬取締法違反罪で立件された男性被告の弁護を依頼された。当時20代だった朝鮮高級学校(高校)出身の被告は、タイからヘロインを密輸しようとして成田空港で摘発されたが、被告に密輸を指示したのが同校の生活指導教員だった。』
『 「朝鮮学校の教員と生徒という師弟関係が利用され、前途ある青年が犯罪行為にかり出された」(川人弁護士)』
『 教員は密輸工作の首謀者として指名手配されたが、事件直後に行方不明となったままだ。』
『 川人弁護士は「どこの学校でも犯罪に手を染める者はいるというレベルではなく、朝鮮学校が、犯罪行為を担う工作員に教員という社会的地位を与え、若者を新たな工作員候補として発掘する場になってきた」との疑念を語る。』


 工作員の養成所に、無償化なんてとんでもないことです。こういうところに無償化適用を求める会長声明を出したというのは、日弁連がすでに工作されていることを示しています。日本は司法の一部もすでに相当浸食されているようです。

|

« 日本人に合った英語上達法は何か | トップページ | コミュニケーション力とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/48234372

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮学校は工作員養成所であり、教員は工作員である:

« 日本人に合った英語上達法は何か | トップページ | コミュニケーション力とは »