« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.25

日本人に合った英語上達法は何か

 最近、よく英語上達法のブログ記事を目にします。日本の先行きに不安になった若者が、海外で働くほうが条件がよければそうしたいとか、あるいは海外に関係した会社、部門、職種、職場で働くほうが将来的に安心だ、と考えるようになってきたのかもしれません。

 最適な英語上達法は人によって違います。日本に住み、両親が日本語しか話さず、中学で英語を始めたという、大多数の日本人にとっての英語上達法は、だいたいの方向が定まってきているように思います。

 「英語上達完全マップ」というサイトがあります。おそらく、ここに書かれている方法が正しいと思います。音読、短い英作文、文法、多読、ボキャビル、リスニングと、やるべきことをやれば、程度の差はあっても少しずつ英語が上達していくことでしょう。


 今は英語学習法の情報があふれ、どれが正しいのかわからなくなっています。大多数の日本人にとっての間違った方法は、だいたい次の3つに分類できると思います。

1.赤ちゃんが母国語を学ぶような感覚でやればよいとするもの
 母国語へ訳し、文法を学ぶ勉強法は学習速度を遅くする(Business Media 誠)

 これはロゼッタストーンという、パソコンを使った学習ソフトの解説です。英語を母国語とした創業者が、ドイツに留学したときに思いついた方法で、「赤ちゃんが母国語を学ぶような感覚で外国語を学べるようなメソッド」というものです。大人がこの方法で上達することはないでしょうから、このソフトで上達することはないでしょう。

 いっぱい聞けていっぱい喋れば上達できるという方法も、同じく大多数の日本人には合いません。ネイティブから習えば上達するというのは神話です。


2.基礎レベルの英語教育を否定するもの
 日本の中高の英語教育がマイナスにしかならない件について

 最初から英語で読んで英語で考えろと言われても、初心者にはできません。読んだ英語が理解できないから、そのあとを英語で考えられません。考えられても英語で表現できません。本当に理解できているかもわかりません。着実に理解するためには、自由自在に使える日本語の助けが必要なのです。

 また、日常生活から離れた構文・単語が出てくるという点ですが、みんながわかっているような構文・単語をテストに出しても差がつかないので、ある程度まれに、しかも着実に出てくるものを出題するのはやむをえません。論文や契約書によく出てくる表現なら、覚えておいて損はないはずです。

 マイナスにしかならないというのは言いすぎで、これくらいはやっておいても時間の無駄にはならないと思います。


3.特殊な成功例を勧めるもの
 英語は度胸、度胸は自信(Business Media 誠)

 通じさせようとする気持ちが大事だとか、ブロークンイングリッシュでもいいから使えばけっこう通じるとか、通じた体験が自信につながるとか、たしかにその通りなのですが、できれば誤解のない正確な言い回しで、英語を使えることをめざすべきでしょう。

 「英語を話すしかない環境」に身を置くのは効果的ですが、誰にもできることではありません。まずは日本でできるだけレベルを上げてから、そういう環境に飛び込むほうがずっといいと思います。


 間違った学習法がはびこる理由は、その方法で確かに結果が出ているためです。

 しかし、そういう学習法を勧める人の育った環境は、典型的日本人のそれと大きく異なっていることがあります。英語に近い言語が母国語である人、幼いころから英語に慣れ親しんできた人、海外に長期間過ごした人です。こういう人たちは、環境の違いによる影響をあまり言わずに、自分の成功体験を語っています。環境の違いを見落とし、他人が成功したという事実だけをみて学習しても、自分の結果を出すことはできません。

 間違った学習法で時間を浪費することなく、自分に合った方法で、できるだけ若いうちに、目安としてのTOEICのハイスコアを出し、その後海外で実践してさらに飛躍させる、といった手順で地道に努力していけば、きっと多くの日本人が着実に英語力を伸ばしていくことができるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.10

北朝鮮の宣伝に利用された田原総一朗氏

 黄氏が「北朝鮮に資源があるというのは宣伝。埋蔵量が誇張されており、北朝鮮は資源小国」と指摘しています。
 北朝鮮労働党元書記の黄氏、「軍の幹部は頭が悪い」(MSN産経)

 これで田原氏の、「EUやアメリカが北朝鮮とビジネスを始めようとしているのに、日本はまだ拉致にこだわっている。割り切って政策を変更すべきだ」という主張の根拠がくずれてしまいました。
 北朝鮮問題で改めて問う日本の国益と拉致と核(2007/11/15)(nikkeibp)

 北朝鮮に行って接待を受けたら、何も疑問を持たずに北朝鮮の宣伝を信じ、その結果、ことごとく予想を外し、間違った主張をしてしまうというのは、ジャーナリストとしてどうなんでしょうか。

 偉い人から特別な情報をもらうと、とたんに信じ込んでしまい、それが正しいことを前提に議論を展開してしまうというところは日本のジャーナリストに共通する欠点だと思います。非常に残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.08

トップの首相が大ばか者であれば、そんな国が持つわけがない

 まさに今その状態であるのに、鳩山首相は何を言っているんでしょうか。
 自分がばか者であるはずがないということでしょうか。世間でどのように言われ、なぜ支持率が下がっているのか、わかっていないのでしょうか。何も反省せず、常にひとごとをつらぬく、並みのばか者ではないと言っても賛成する人は多いはずです。新官僚たちもあきれたことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.05

日経BP「経済誌1人負け」

 何だかわかる気がします。原因はおそらく、単純に記事の質が低いからだと思います。他社が伸びていることから、日経BP自身に問題があるのでしょう。

日経BP 「経済誌1人負け」に 赤字転落でリストラ断行68人(MyNewsJapan)

『 同時期、週刊東洋経済は5.5%も伸ばし、週刊ダイヤモンドも0.2%増と横ばいを保っている。』
『 経済誌は不況に強い分野といわれ、競合他誌が踏みとどまっているなか、日経BPは完全に一人負けで、ナンバーワンビジネス誌を出している会社がビジネスに失敗しているという笑えない状況なのだ。』


 例えば、
 ・経済の視点からみて、明らかに間違いである記事をかなりの頻度で掲載している。
 ・いい加減な記事を書く著名人に連載させている。立花隆氏、森永卓郎氏など
 ・中国を応援するフィナンシャルタイムズなどの記事を特定の期間に並べる。
 ・北朝鮮を擁護する記事が目立つ。日本経済がだめになるからパチンコを救えなど。
といったところでしょうか。

 東洋経済やダイヤモンドは、しばしば読み応えのある記事がある印象がありますが、日経ビジネスは相変らず、首をかしげるような記事をよく見かけます。

 掲載記事を精査していないのか、あるいは編集者にまともな資本主義経済の知識がないのか、特定の思想、国家に偏った編集方針なのか、内情はよくわかりません。今のところ改善の兆しもないので、今後も低落傾向は続くのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »