« 「リフレ政策」は「景気対策」を言い換えただけに過ぎない | トップページ | ネットでニュースが読めるのになぜ新聞をとるのか »

2010.02.25

ベーシックインカムは机上の空論

 ベーシックインカムとは、政府が全ての国民に、毎月8万円程度を無条件で支給し、その代わりに、年金、生活保護、雇用保険制度をなくしてしまうという政策アイデアです。

 ホリエモンが賛成しているので、そんなにいいアイデアなのかなと思ったのですが、どう考えても実現しそうもない空論のようです。

 問題は単純に財源です。年96万円の支給なら国全体で100兆円が必要です。子供手当の8兆円が出せないといっている政府が、100兆円をねん出できるわけがありません。

 年金、生活保護、雇用保険制度をなくしても、将来にわたって使えるようになるお金は年に10兆円もないでしょう。

 ニコニコ動画の議論を見ていると、公務員削減、消費税増税が財源だそうですが、それでは100兆円に届きません。相続税を100%にする案もありましたが、国民が反対するでしょうし、土地が下がるので現実的ではありません。

 年100万円もらっても、企業が簡単に従業員をクビにできるようになったら、サラリーマンには不満です。

 年100万円もらっただけなら、格差も貧困もなくなりません。

 どう考えても実現しそうもなく、しかもいいことがほとんどありません。「ベーシックインカム」などといういかにも真っ当そうに見える名前をつけて、働かないでお金をもらおうという、さもしい考えとしか思えません。

 ここまでしてカネを欲しがる人が増えている日本は、だいぶ腐ってきているなと思います。

|

« 「リフレ政策」は「景気対策」を言い換えただけに過ぎない | トップページ | ネットでニュースが読めるのになぜ新聞をとるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/47657320

この記事へのトラックバック一覧です: ベーシックインカムは机上の空論:

» ベーシックインカムは机上の空論 [保険]
[続きを読む]

受信: 2010.02.25 04:01

« 「リフレ政策」は「景気対策」を言い換えただけに過ぎない | トップページ | ネットでニュースが読めるのになぜ新聞をとるのか »