« 民主党の国民だましの次の一手は省庁再編か | トップページ | 「リフレ政策」は「景気対策」を言い換えただけに過ぎない »

2010.02.18

大企業の内部留保課税をする前に鳩山家の内部留保への課税を検討せよ

 鳩山首相は多くの内部留保(ブリジストン株)をかかえ、莫大な不労所得(配当)を得て、さらに贈与税の脱税までしています。それなのに、法人税を納めたあとに残った企業の内部留保まで当てにしようとしています。

 内部留保は会社の財産であり、株主の財産でもあります。これに手をつけるということは、株主の財産を奪うことになります。

 自分の財布には一切ふれず、他人の財布に手をつっこむ鳩山首相はまさに偽善者であり、泥棒です。

 泥棒を堂々とやるのが共産主義であり、共産党が主張するのはわかります。しかし、民主党がそれを少しでも「検討する」というなら、民主党も共産主義であることを宣言したことになります。

 まあ、1日たったら前言撤回になるのかもしれませんが。

|

« 民主党の国民だましの次の一手は省庁再編か | トップページ | 「リフレ政策」は「景気対策」を言い換えただけに過ぎない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/47597327

この記事へのトラックバック一覧です: 大企業の内部留保課税をする前に鳩山家の内部留保への課税を検討せよ:

« 民主党の国民だましの次の一手は省庁再編か | トップページ | 「リフレ政策」は「景気対策」を言い換えただけに過ぎない »