« 国の借金はいくら増やしても大丈夫なわけがない | トップページ | カネのない国に頼るのは負け組、頼らないのは勝ち組 »

2010.01.03

日本国債は暴落するのか

 民主党のおかしな政策で国債の増発に歯止めがきかなくなり、やがてマーケットで売りがはじまり、長期金利が上昇、国債価格が暴落するのでは、という懸念があります。
 日本国債市場の暴落に賭ける投資家たち(jp.wsj.com)
 

『一部のヘッジファンドは、今後日本にとって厳しい状況が続くことに賭け始めている。~日本政府の借金は引き続き拡大するなかで、日本国債に対する需要が減少する可能性があると考えている。』

 11月の初めに、長期金利の上昇局面がありました。ところが1.5%にも達せずに買い戻しが入り、元の1.3%に戻ってしまいました。

 海外ヘッジファンドは日本国債に売りを仕掛け、もうけを狙ったようですが、日本の機関投資家は、ちょっと金利が上がると押し目食いを入れるという状況で、そう簡単には金利は上がりません。このあたりの解説が本石町日記にあります。

 マスコミが騒ぐと相場は終わる、の巻=債券、やっぱり買いたかったのね

 民主党と鳩山内閣のデタラメさは、海外にも認識されており、今後もおかしな政策を発表するたびに、大臣がおかしな発言をするたびに長期金利が急上昇する局面があるでしょう。しかしそれは一時的な売りに終わる可能性が高く、まだまだ金利は抑えられそうです。

|

« 国の借金はいくら増やしても大丈夫なわけがない | トップページ | カネのない国に頼るのは負け組、頼らないのは勝ち組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/47194424

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国債は暴落するのか:

» 新年早々 [融資これがほんとの話]
なんとか返済しようとムリするより、しっかりした計画を立てて前へ進みましょう。 [続きを読む]

受信: 2010.01.04 20:32

« 国の借金はいくら増やしても大丈夫なわけがない | トップページ | カネのない国に頼るのは負け組、頼らないのは勝ち組 »