« 日本では贅沢にお金を使ったら負けです | トップページ | 全く具体性のない鳩山内閣・民主党の成長戦略 »

2009.12.28

民主党への失望

 民主党の言い分は、ムダをなくして、増税せずに、高速道路無料化や、子供手当を実現することだったはずです。それなのに、「事業仕分け」というパフォーマンスでは、必要性が高そうに見えるものもまとめて問答無用に切ったにもかかわらず、たった7千億円しか削減できていません。

 「コンクリートから人へ」のコンセプトはわかりますが、中身は単なるバラマキです。公共事業を減らせば仕事が減ります。その代わりをどうするか、政策は見えません。麻生内閣で景気対策を目いっぱいしたときと同程度の44兆円という国債を発行しておきながら、景気をよくするメッセージはほとんど聞こえてきません。

 財源を確保するために、特別会計から10兆円を持ってきてつじつまをあわせているだけです。22年の予算はどうするんでしょうか。

 保身のために消費税増税という、避けて通れない問題に取り組もうともしていません。これでは財政問題は決して解決しません。4年間は消費税を上げないというふざけたことを言っている民主党は、必ず財源で行き詰ります。

 結局、民主党に政権交代したことで、日本に貢献している部分は全くないのです。即刻鳩山首相は退陣し、国会を解散すべきです。民主党には本当に失望しました。

 まあ、最初から全く期待していませんが。

|

« 日本では贅沢にお金を使ったら負けです | トップページ | 全く具体性のない鳩山内閣・民主党の成長戦略 »

コメント

新学校の怪談
 精神疾患休職教員5400人、20万人の不登校、退学者、60万人の引きこもり、ニートに、学校教育の腐敗とデタラメがはっきりと見えませんか。
日本国民は、なぜこんなデタラメ教育を許しておくのでしょうか。子供の不幸を見て見ぬふりする堕落した日本人こそ、自民党・官僚政治の愚民化政策が作り出した愚民です。
教育現場から愚民化教育のおぞましい実態を詳細に暴露したのが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。時代錯誤の官僚は、この知識時代に愚民化教育を行い、若者を貧窮させ、犯罪に走らせ、多くの教員を精神疾患にし続けています。
これは、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚を越える大罪です。悪徳官僚への恨みと呪いの声が、親や教師から聞こえてきます。うらめしや、うらめしや、うらめしや。
 子供手当前に、腐敗教育の改革が必要です。
 民主党政策には、大事なことが抜けているのです。

投稿: 大和 | 2009.12.28 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/47134110

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党への失望:

« 日本では贅沢にお金を使ったら負けです | トップページ | 全く具体性のない鳩山内閣・民主党の成長戦略 »