« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009.12.28

全く具体性のない鳩山内閣・民主党の成長戦略

 あたりさわりのない環境や介護を言っておけば、国民を騙せると思ったのでしょうか。何の具体性もない成長戦略で、デフレの中、年率3パーセントの成長ができるわけがありません。

 環境に力を入れると言うなら、年間いくらの補助金を政府が出し、どういう規制緩和をしてどれくらいの成長に寄与させるのか、明確に示すべきです。

 介護も同じです。年間いくらの補助金を政府が出し、どういう規制緩和をするのか、はっきりと説明してもらいたいものです。

 具体的に何をやるのか全く示さず、単にスローガンをぶち上げる鳩山首相は、典型的な日本のダメリーダーといえるでしょう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

民主党への失望

 民主党の言い分は、ムダをなくして、増税せずに、高速道路無料化や、子供手当を実現することだったはずです。それなのに、「事業仕分け」というパフォーマンスでは、必要性が高そうに見えるものもまとめて問答無用に切ったにもかかわらず、たった7千億円しか削減できていません。

 「コンクリートから人へ」のコンセプトはわかりますが、中身は単なるバラマキです。公共事業を減らせば仕事が減ります。その代わりをどうするか、政策は見えません。麻生内閣で景気対策を目いっぱいしたときと同程度の44兆円という国債を発行しておきながら、景気をよくするメッセージはほとんど聞こえてきません。

 財源を確保するために、特別会計から10兆円を持ってきてつじつまをあわせているだけです。22年の予算はどうするんでしょうか。

 保身のために消費税増税という、避けて通れない問題に取り組もうともしていません。これでは財政問題は決して解決しません。4年間は消費税を上げないというふざけたことを言っている民主党は、必ず財源で行き詰ります。

 結局、民主党に政権交代したことで、日本に貢献している部分は全くないのです。即刻鳩山首相は退陣し、国会を解散すべきです。民主党には本当に失望しました。

 まあ、最初から全く期待していませんが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.12.27

日本では贅沢にお金を使ったら負けです

 最近やたらおもしろい「金融日記」が、年末年始に海外に旅行することを固く戒めています。まわりが嫉妬していじめられる可能性が高いからです。日本は、お金を稼いでも使わずに、貧乏をアピールし、必死で頑張っていることをアビールしないといけない社会なのです。
 年末・年始を日本で低コストで圧倒的に独り勝ちするアイテム大紹介

 世界的に株が上がり、日本も日経平均が1万円を超えたので、投資で儲かっている人も多いと思います。たぶん著者もそうでしょう。去年大損した分をそれなりに取り戻せたので、たまにはバーンとやろうと思うことでしょう。

 しかし、給料だけで生活している人、貯金のない人にはそんな感覚はありません。その人たちの目の前で贅沢にふるまえば、袋叩きにあうだろうし、社会の雰囲気もそれで当然という感じです。

 こういう社会は健全なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

中国に媚びた民主党が天皇陛下を政治利用

 中国に気に入られるためならなんでもするという、民主党の体質がよくわかる出来事です。

 中国の犬は小沢氏。小沢氏が鳩山首相に圧力をかけ、鳩山首相が宮内庁に圧力をかけ、実現したようですが、だれかが拒否すればいいのに、できないということは、小沢氏が影の実力者ということでしょうか。

 実力があるといっても小沢氏のとりまきが強力であるとは思えません。ホリエモンがいうように、たくさんいる民主党の議員が団結して追い出すことも可能だと思います。

 トップの暴走を止められない責任は、民主党全体にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »