« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.30

民主党はやるべきことをやらず、できないことをやろうとしている

 30日の週に鳩山首相と白川総裁が会談するそうです。おそらくこの場で、鳩山氏が白川氏に何らかの金融緩和を依頼するものと思われます。

 これをサポートするかのように、朝日新聞が11月29日朝刊のオピニオン欄に岩田規久男氏を登場させています。2~3%のインフレ政策を義務付ける法律を作れなどと、とんでもないことを言っているようです。(「日銀は国債直接引き受けを」はasahi.comにないので原文は読めません)

 小泉政権のときにあれだけ量的緩和をして、それでもインフレにならなかったという事実がありながら、どうやって2~3%のインフレにできるのか、具体的な手順と合理的な説明を聞いてみたいものです。やってみたけどだめだったでは済まされません。

 デフレ下での政策提言をするなら、バブル崩壊後の経済好調時の政策を採用すればいいのですが、それだと、構造改革をし、大企業を優遇し、資産価格を上昇させ、投資を増やして、経済を活性化するという小泉路線になってしまいます。

 民主党ではそれができないので、どうやってもできないインフレ政策か、赤字国債を大幅に発行してばらまく政策を提言することになってしまいます。

 世界経済が一時的によくなっている現時点で株価が低迷しているのですから、今後、信用不安などで世界が二番底になると、日本はここからどれだけ不況になるのか見当もつきません。

 おそらく、そうなっても民主党は何もできないでしょう。やるべきことをやらず、できないことをやろうとしているからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.04

日経ビジネスの記事はちょっとお粗末

 メルマガで宣伝するくらいですから、よほどしっかりした内容だろうと思って読んでみたのですが、かなりがっかりしました。

日本の高度成長よ、再び! 目標は、孫の代まで健やかに暮らせる社会

 個人資産を活用して環境ビジネスに投資しなさいという内容ですが、簡単にできるならもうやっています。何の具体性も実現可能性も感じられない記事です。

実は“下り坂”のジャパン・アニメ~騒いでいたのは関係ない人たちだけ

 この記事はアニメのことを言いたいのではなく、海外展開しないでいる企業を批判するために、アニメを引き合いに出しているだけです。アニメの世界での稼ぎは実は非常に少ないという内容です。

 しかし、アニメの重要性は売上ではなく、日本のイメージに対する影響力です。いいイメージを持ってもらえば、別の商品の展開に役立ちます。この記事でアニメを引き合いに出すことは間違っています。

 新しい書き手を発掘しているのかもしれませんが、人気のブロガーに書いてもらったほうがよほどいいと思います。それだとブログとの差別化ができないので難しいのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »