« 森永卓郎氏を出している日経BPが癌なんですよ | トップページ | 官僚に二つの案を作らせて大臣が選べば政治主導なのか? »

2009.10.04

民主党は脱・官僚依存なんてできるわけがない

 民主党の副大臣はNHKで「官僚は選択肢を示してほしい」と言っていました。そうするといい案が出てくるのだそうです。しかしそれこそ官僚依存でしょう。官僚は自分たちの発想の範囲で選択肢を用意するのであり、そこから選ぶだけなら脱・官僚依存ではありません。

 番組を見て、やっぱり民主党には脱・官僚依存はできないと思いました。
 なぜか。それは政治家に能力がないからです。今の大臣を見ればわかります。

 大臣に能力がなければ、能力のある人を登用し、任せるという方法があります。審議会を作り、その人に任せ、官僚とのすり合わせもやってもらうのです。このやり方なら、能力のある人を見抜く目があればできます。小泉内閣が竹中氏や猪瀬氏を登用して、改革を進めたやりかたです。

 民主党は野党時代に怠けていたらしく、法案どころか政策の骨格も固まっていないという、悲惨な状態です。与党経験も、一部の元自民党議員を除いてありません。政権をとったばかりなので、誰かに任せようという発想もありません。

 それなのに、大臣は外遊やらテレビ出演やらで時間をとられ、何もしていません。これで今後どうやって脱・官僚依存などと言い張るのか、その詭弁ぶりに注目したいと思います。

|

« 森永卓郎氏を出している日経BPが癌なんですよ | トップページ | 官僚に二つの案を作らせて大臣が選べば政治主導なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/46386853

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は脱・官僚依存なんてできるわけがない:

« 森永卓郎氏を出している日経BPが癌なんですよ | トップページ | 官僚に二つの案を作らせて大臣が選べば政治主導なのか? »