« 5年以内に根本的な治療がないと、日本は内外から食いつぶされる | トップページ | 高速道路無料化ならETC前払い金を返すべき »

2009.08.12

最高裁判事の那須弘平、涌井紀夫の2氏にバツをつけよう

 忘れられた一票 2009★最高裁判所 裁判官 国民審査 判断資料というサイトがあります。2005年のときは、私はこのサイトを見て、審査対象となっている6名のインタビュー、雑誌記事、あいさつ、主な判決などをチェックし、とくにおかしな発言・判決がないと思い、全員信任しました。

 さて今回はどうしようかということですが、日経BPの記事を参考に、一票の格差を放置した那須弘平氏、涌井紀夫氏を不信任とすることにしました。
 政権交代? その前にやることがあるだろう

『 次の国民審査では9人の最高裁判事が対象になる。升永と相談して、対象者のうち那須弘平、涌井紀夫の2氏に×がつくような情報を提供していくことを決めた。2氏を選んだのは、2007年6月13日の最高裁大法廷判決で合憲とする判断を彼らが下したからだ。』
『 最高裁は、2005年9月のいわゆる郵政選挙で、衆院選小選挙区の定数をめぐる訴訟で15人の最高裁判事中のうち9人が合憲とし、判決を下した。この9人の中に2氏がいる。 』

 最近は1票の格差の議論さえされず、国会議員にやる気が感じられません。議員が放置するなら、それに正すのが司法です。これまで最高裁は、国民から負託された権限を放棄しつづけてきました。責任を果たさない判事を罷免するのは、国民の義務です。

 はたして都市住民は1票の格差という、深刻な差別を受けていることを自覚し、国民審査で権利を行使することができるでしょうか。

 どれだけの判断材料を国民に提供できるかにかかっていると思いますが、インターネットの検索で表示されるだけでも一定の効果があります。この運動がどれくらい有効か、注目したいと思います。

|

« 5年以内に根本的な治療がないと、日本は内外から食いつぶされる | トップページ | 高速道路無料化ならETC前払い金を返すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/45902753

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁判事の那須弘平、涌井紀夫の2氏にバツをつけよう:

« 5年以内に根本的な治療がないと、日本は内外から食いつぶされる | トップページ | 高速道路無料化ならETC前払い金を返すべき »