« 「iPhoneが市場を席巻する」を疑う | トップページ | NHKスペシャル 天皇と憲法 »

2009.05.03

日本国憲法は日本の恥です

 憲法は制定以来、国民の信認を受けていません。現実に合わせ、繰り返し解釈を変え、国民は長い間それを受け入れてきました。

 禁止されている戦力をなぜ保有しているのか、という単純な問いに答えられる人はいません。苦しい解釈でごまかすだけです。

 自衛隊は戦力であるのに、ほとんどの国民はその存在を認めています。ソマリアの海賊対策は海外派兵であるのに、大きな反対はありません。

 本来なら、現実に合わなくなった憲法を変え、法律を変え、現実に対応すべきでした。少なくとも、後追いで1、2年のうちに憲法と法律を変えておくべきでした。

 やるべきことをやらなかったのは、立法府である国会の責任ですが、そういう議員を選んだ国民にも責任があります。憲法改正がまるで悪いことであるかのように騒いだマスコミ、識者、学者にも責任があります。

 憲法を絶対変えてはいけないという考え方は、「コーランにかえれ」というイスラム原理主義と同じです。時代はどんどん変化しているのに、大昔に決めたことにいつまでもとらわれ、柔軟性がないのでは、イスラムの国々のように政治も経済も停滞してしまいます。

 時代は変わり、中国の脅威が増し、アメリカに余裕がなくなってきました。日本は海外協力よりも、まず自立すべきです。自国の領土を守り、いざというときに周辺の民主主義国家も助けられるようになれば、間接的にアメリカやその他の同盟国の負担を減らし、感謝されることになります。

 衆院選を前にして議論する予定はないようですが、選挙が終わったら、与野党は協力して、すみやかに改正の議論を開始することを期待します。

|

« 「iPhoneが市場を席巻する」を疑う | トップページ | NHKスペシャル 天皇と憲法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/44876808

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法は日本の恥です:

« 「iPhoneが市場を席巻する」を疑う | トップページ | NHKスペシャル 天皇と憲法 »