« 日本国憲法は日本の恥です | トップページ | BPO=放送倫理・番組向上機構の恥ずかしい議事内容 »

2009.05.04

NHKスペシャル 天皇と憲法

 全編にわたり、おどろおどろしいBGMを流し、視聴者に対し、戦前がいかに悪い時代だったのかを印象づけています。憲法記念日に合わせた企画です。

 太平洋戦争の過去を叩けば叩くほど、現憲法の擁護につながります。まわりくどいですが、NHKはこれを目的として番組を企画しているのだと思います。

 天皇を絶対視したことが軍部の暴走につながったというのは、その通りかもしれません。しかし今でも憲法を絶対視しています。日本人は進歩していません。

 軍国主義思想を国民に喧伝したのは新聞なのに、新聞の大罪について一切言及がなかったことも残念です。

 今日の内容では、前回のように議論になることはないでしょう。
 なぜ立花隆氏を登場させているのかは、よくわかりませんでした。不思議です。

|

« 日本国憲法は日本の恥です | トップページ | BPO=放送倫理・番組向上機構の恥ずかしい議事内容 »

コメント

次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1240072811/

現在amazon7位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

非常に有名な本です。

右寄りの方は「基礎知識」として、
左寄りの方は「敵を知る」ために、
ぜひ御一読ください。

投稿: 田中 | 2009.05.04 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/44888197

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 天皇と憲法:

« 日本国憲法は日本の恥です | トップページ | BPO=放送倫理・番組向上機構の恥ずかしい議事内容 »