« 岡田氏を代表に選出できない民主党は終わっている | トップページ | 「姓・名」の順での英語表記は文科省の歴史的な愚策である »

2009.05.25

「タウンマーケット」の紙チラシ配達で新聞が大打撃か

 リクルートがやっている、「タウンマーケット」というサイトがあります。昨年頃から、各地域のチラシを電子化し、ウェブサイト上で見られるようになっていました。

 それが、最近は、紙の形で、週一回無料で宅配してくれ、しかもテレビガイドまでつけてくれるという、すばらしいサービスにバージョンアップしていたようです。

 チラシをウェブ上で見れば環境に優しいのですが、それでは一般の主婦に浸透するのは難しかったのかもしれません。

 紙の新聞は、配達サービス+チラシ+テレビガイド+若干のニュース+広告を提供するものであり、それに対して月3千いくらの値段がついているのだと思います。このうちのチラシ+テレビガイドという、キラーコンテンツが無料で宅配されれば、ますます新聞を取る意味がなくなります。

 タダならともかく、毎月3千いくら払って、限定されたニュースを紙で読む意味がどれだけあるのか、今後ますます問われることになるでしょう。

|

« 岡田氏を代表に選出できない民主党は終わっている | トップページ | 「姓・名」の順での英語表記は文科省の歴史的な愚策である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/45121811

この記事へのトラックバック一覧です: 「タウンマーケット」の紙チラシ配達で新聞が大打撃か:

« 岡田氏を代表に選出できない民主党は終わっている | トップページ | 「姓・名」の順での英語表記は文科省の歴史的な愚策である »