« ニューヨーク・タイムズは北朝鮮の味方です | トップページ | 「iPhoneが市場を席巻する」を疑う »

2009.04.13

主張を通すために「NHKスペシャル」というブランドを汚すNHK

 NHKが東アジアの特集をやる場合、その内容はたいてい偏っています。なぜなら、制作者の考え方が偏っているからです。偏った考えにもとづいて番組を作るなら、たとえ「NHKスペシャル」とか「ドキュメンタリー」とつけられていても、その内容は信用できるものではありません。

 先日の「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」での台湾の話も、やはり偏ったものであったようです。
 証言の「断片」のみ放映―台湾の被取材者が怒る反日番組「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」

『私は日本による五十年間の台湾統治はプラス面が五〇%でマイナス面が五〇%と考える。NHKの取材を受け、インフラや教育のよさを語ったのだが、番組は全然取り上げなかった。』

 筋書きがあらかじめ決まっていて、当初のストーリーにあわせて切り貼りして番組を作るなら、それは報道でも、ドキュメンタリーでもありません。

 ドキュメンタリーと見せかけて自分たちの主張を展開するなら、それは詐欺です。NHKは視聴者を騙しています。その上に、自分たちが作ってきた「NHKスペシャル」というブランドを、汚しています。

 税金にも匹敵する受信料を強制的に集めておきながら、放送局と電波を私物化するNHKは、もう存在すべきではないと思います。民営化するか、縮小して国営化するべきではないでしょうか。

|

« ニューヨーク・タイムズは北朝鮮の味方です | トップページ | 「iPhoneが市場を席巻する」を疑う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/44654534

この記事へのトラックバック一覧です: 主張を通すために「NHKスペシャル」というブランドを汚すNHK:

« ニューヨーク・タイムズは北朝鮮の味方です | トップページ | 「iPhoneが市場を席巻する」を疑う »