« なぜ日本は北朝鮮のミサイルを迎撃しなかったのか | トップページ | 主張を通すために「NHKスペシャル」というブランドを汚すNHK »

2009.04.07

ニューヨーク・タイムズは北朝鮮の味方です

 朝日新聞が、自分で大騒ぎしておきながら、仲間の外国特派員にインタビューし、騒ぎすぎではないかとコメントさせて記事にしています。
「日本は軍事的脅威に免疫ない」 駐日特派員の見方

 このうち、ニューヨーク・タイムズ東京支局長のコメントにはあきれました。

『ワシントンやソウルの冷静さに比べて、日本は騒ぎすぎた。』

 ワシントンは遠いし、ソウルは方向が違います。それを同列に比較するなどばかげています。

『北朝鮮は、米国がオバマ政権になりあまり注目されなくなったから、パフォーマンスをやっているだけ。』

 そのパフォーマンスが問題なので反応しているです。ニューヨーク・タイムズはなんとかして北朝鮮をかばおうとしているようです。

『北朝鮮に攻撃の意図がないことは分かっていたはず。バランスに欠け、パフォーマンスに負けたと言える。』

 攻撃の意図がなくても、核を搭載可能なミサイルを日本上空を超え、アメリカに向けて発射したということが重要です。なにがバランスに欠け、負けたのか、さっぱりわかりません。

 大騒ぎしたのはマスコミです。それを批判せず、北朝鮮も批判せず、あたりまえの防衛行動を批判するところをみると、やっぱりニューヨーク・タイムズとは、反日で、北朝鮮にやさしいメディアということになるのでしょう。

|

« なぜ日本は北朝鮮のミサイルを迎撃しなかったのか | トップページ | 主張を通すために「NHKスペシャル」というブランドを汚すNHK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/44591922

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・タイムズは北朝鮮の味方です:

« なぜ日本は北朝鮮のミサイルを迎撃しなかったのか | トップページ | 主張を通すために「NHKスペシャル」というブランドを汚すNHK »