« 外国人ライターの書きっぱなしが証明された日本の英文メディア | トップページ | 多くの国民の支持を得られなかった派遣村は政治的に失敗した »

2009.01.12

やっぱり韓国には言論の自由・表現の自由がなかった

 韓国で政府の経済政策をきびしく批判していた「ミネルバ」氏が、逮捕されました。インターネット上でウソを流して逮捕されるなら、政府もマスコミも逮捕者続出になるはずです。結局、李政権に対して批判を繰り返してきたということが、逮捕の原因なのでしょう。
 韓国検察、ネットで経済危機説流布の男を逮捕(NIKKEI NET)

 インターネットの掲示板に「政府が銀行にドル買い禁止を命じた」と書いたことが、電気通信事業法で禁じる「虚偽内容流布」にあたるということですが、なかったことを、どうやって証明するのでしょうか。(しかも、今日になって事実であったことがわかってしまいました。)


 韓国と日本では、言論の自由・表現の自由に解釈の違いがあります。韓国では、反民族的、反国家的な情報をサイトに掲載できません。また、ねつ造されたり、誤った情報も掲載できません。
 Webサイトの削除をめぐる「表現の自由」~日韓で解釈に差(internet watchの記事(2005/3/24)より)

 日本人からすると、それらも含めて言論の自由・表現の自由だと思うのですが、そのあたりが解釈の違いになります。

 今は韓国の状況をあきれて見ている日本ですが、いつこのような自由がなくなるかわかりません。勝手に解釈を変えられないよう、きちんと監視していることが重要です。そうでないと、韓国のような状況になってしまいます。

 民主党が政権を取ったら、韓国を見習ってしまうのでしょうか。大変心配です。

|

« 外国人ライターの書きっぱなしが証明された日本の英文メディア | トップページ | 多くの国民の支持を得られなかった派遣村は政治的に失敗した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/43712902

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり韓国には言論の自由・表現の自由がなかった :

« 外国人ライターの書きっぱなしが証明された日本の英文メディア | トップページ | 多くの国民の支持を得られなかった派遣村は政治的に失敗した »