« マスコミという権力の腐敗 | トップページ | 韓国は9月に外為危機になるらしいです »

2008.09.01

変態記事の毎日新聞の謝罪はどうみても口先だけです

 まるで炎上対策マニュアルを見ながら書いているような文章で、何の誠意も感じられません。もしかしたら、佐々木俊尚氏のアドバイスを、なぞって書いただけかもしれません。
 「毎日デイリーニューズ」刷新 改めておわびと決意

 過去の犯罪行為については、例を示さず、できるだけ抽象的に書き、とにかく謝罪を繰り返しています。犯罪行為の事実は認めるが、その経緯は示さない。そして、今後の体制に話をすりかえるというやり方です。

 7月20日のおわび記事に対して、多くの問題点が指摘されたにもかかわらず、それらには一切答えていません。

 最低でも、
 ・変態英文記事の企画の経緯
  (いつ、誰が、何の目的で記事を書かせたのか)
 ・ガバナンスのある社内体制の構築計画
 ・変態英文記事の責任者が、社長に昇進していることの説明
 について、納得のいく説明が必要であるのに、これまで一切ありません。

 この程度の文章でごまかせるだろうと、たかをくくっているのがあきれます。毎日新聞は、「みなさまからの声を重く受け止め、今後、こうした事態を二度と引き起こすことのないようにする」というなら、今すぐ廃刊すべきです。

|

« マスコミという権力の腐敗 | トップページ | 韓国は9月に外為危機になるらしいです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/42342548

この記事へのトラックバック一覧です: 変態記事の毎日新聞の謝罪はどうみても口先だけです:

« マスコミという権力の腐敗 | トップページ | 韓国は9月に外為危機になるらしいです »