« 変態記事の毎日新聞 朝比奈社長は「ネット君臨派」 | トップページ | 毎日新聞幹部が佐々木氏に秘密情報を与え、同情を求め、本当の秘密を隠す? »

2008.08.08

北京訪問で福田首相が何者か試されようとしています

 なぜか、北京訪問の直前になって、ギョーザが中国側で混入されたことを、明らかにされてしまいました。

 6日の広島では、先頭に立って、核兵器廃絶を国際社会に対して働きかけていく、なんて言ってしまいました。

 すると、当然のことながら、8日の日中首脳会談で、毒ギョーザ問題の真相解明と再発防止、核兵器廃絶を強く働きかけなければなりません。

 もし、毒ギョーザ問題について、弱腰であり続けるのなら、「安心実現内閣」なんでウソだということがわかってしまいます。

 もし、核兵器廃絶に触れず、言うべきことを言わないのなら、6日の広島でのスピーチもウソだということになります。

 まさか相手の嫌がることはしないで通すことはないと思いますが、中国の友人である以前に、日本の代表であることを自覚して、会談に臨むべきでしょう。これで福田首相が、誰のための政治をやろうとしているのか、明らかになるでしょう。

|

« 変態記事の毎日新聞 朝比奈社長は「ネット君臨派」 | トップページ | 毎日新聞幹部が佐々木氏に秘密情報を与え、同情を求め、本当の秘密を隠す? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/42101207

この記事へのトラックバック一覧です: 北京訪問で福田首相が何者か試されようとしています:

» 日本の外務省が守る支那の国益 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「支那人が嫌がるから靖国参拝は…」について  福田首相に代わって、高村外務大臣が「いま、公表されると捜査の進展に支障が出るので公表しないでくれとの要請をうけ、一定の合理性があることだから、我が方も中国側の意思を尊重した」との〝いいわけ〟をしている。ルックスと人柄に丸め込まれて聞き流してしまいそうな〝いいわけ〟だが、いまさら言うまでもなく外務省の本務は国益の擁護だ。外務大臣といえばそのトップ、責任者だ。国益擁護の最高責任者が隣国の利便をはかるのは、それが日本の国益に反しないかぎり、友好促進だ...... [続きを読む]

受信: 2008.08.08 18:01

« 変態記事の毎日新聞 朝比奈社長は「ネット君臨派」 | トップページ | 毎日新聞幹部が佐々木氏に秘密情報を与え、同情を求め、本当の秘密を隠す? »