« オリンピック後の中国経済 | トップページ | 変態記事の毎日新聞の謝罪はどうみても口先だけです »

2008.08.31

マスコミという権力の腐敗

 池田信夫氏のエントリ『大本営発表という権力』で、今回の太田誠一氏の騒動も含め、たくさんの例を挙げ、いかにマスコミという権力が腐っているかを、説いています。

 ・フジからスタジオ出演の依頼があったが、「以前に上からNGが出た」
  と教えたら、今回もやっぱりNGになった。
 ・新聞社はよく「戦時中は大本営の検閲や紙の配給のために本当のことが
  書けなかった」と言い訳するが、そんなのは真っ赤な嘘である。
 ・新聞社は、売るために、景気のいい戦果を載せ、大本営発表をさらに
  誇張した戦意高揚報道を競って行なった。
 ・「悪いのはすべて軍」という大江健三郎氏を支援する金城重明牧師は、
  渡嘉敷島で数十人を刺殺し、米軍に投降した。
 ・GHQは、戦争責任を軍に限定する情報操作を行い、占領コストを削減した。
  この占領政策が最大の「戦犯」だった新聞を温存してしまった
 ・新聞は今も、「地デジは大成功する」という大本営発表を垂れ流し、
  都合の悪い情報を「自主検閲」している。
 ・通信と放送の融合をめざす情報通信法を評価した人物は、ワイド
  ショーのレギュラーを下ろされた。
 ・「竹中懇談会」のメンバーは、討論番組のレギュラーを下ろされた。

 なんだか他にもたくさんありそうです。

 都合の悪い情報や、人物をどんどん排除してしまうと、情報が偏り、メディアとしての価値がどんどん下がってしまいます。それではビジネスとしても問題だと思うのですが、トップとしては、長期的な目標よりも、目先の批判を抑えることで、なんとか自分の代だけはやり過ごそうとだけ、考えているのでしょうか。

 敗戦で温存された官僚制度は、かなり批判されたように思います。しかし、同じく温存された新聞への批判は、ようやく始まりつつあるところです。

 しかも、地デジをはじめとする最近の報道だけでなく、このように戦前の醜い行為も含めて批判されるとなると、新聞の立場はますます苦しくなるのでしょう。

|

« オリンピック後の中国経済 | トップページ | 変態記事の毎日新聞の謝罪はどうみても口先だけです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/42337943

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミという権力の腐敗:

» オススメ・スポンサーサイト「オフィス」 [職務経歴書の書き方]
バーチャル オフィス| [続きを読む]

受信: 2008.08.31 19:58

« オリンピック後の中国経済 | トップページ | 変態記事の毎日新聞の謝罪はどうみても口先だけです »