« 新聞が「説得力」で広告主様にアピール | トップページ | まったく期待できない与謝野経財相 »

2008.07.20

毎日新聞の検証記事には、いつ、誰が、何の目的で書かせたのか、ジャーナリズムの基本が欠けている

 毎日新聞から、変態ニュース配信の調査結果が発表されました。
 英文サイト出直します 経緯を報告しおわびします

 深刻だといっているわりには、役員報酬の20%を1か月だけ返上するという、大変甘い処分に終わっています。これは、処分されるべきトップが、深刻さを感じていないからでしょう。あまりにあからさまな、形だけの処分です。

 PDFで2ページも配信されている記事は、現場の記者が真剣に反省して、書いているようにはみえます。しかし、この内容では、多くの人の怒りは収まらないでしょう。毎日新聞は、すべての問題を認識しておらず、検証についても中途半端だからです。

 調査結果で触れられていない、最も大きな問題は、なぜ毎日新聞がわざと、このような記事を書いたのかということです。

 その理由は、毎日新聞が反日勢力に乗っ取られており、彼らが、日本人がみな変態であることを広めたかったからではないでしょうか。「あの変態の日本人ならやりかねない」というコンセンサスを世界中に広めれば、例えば慰安婦問題を論じる際に、わかってもらいやすいからです。

 ライアンコネル氏を編集長にした、経緯についての説明がないことも問題です。

 なぜこのような記事を書くまでに至ったのかという説明もせず、気がついたら、いつのまにか彼が記事を書きまくっていた、というなら、それは検証ではありません。

 いつ、誰が、何の目的で、このような記事を書いたのか、書かせたのかを調べるというのは、ジャーナリズムの基本です。今のところそれはできていません。もしできないのなら、毎日新聞はジャーナリズムではありません。

 まさかこれで幕引きではないでしょう。検証記事の第2弾に期待したいと思います。このままでは、毎日新聞は何も変わらず、今後も同じような記事を垂れ流すだけの、見苦しい機関紙に過ぎないということになります。

|

« 新聞が「説得力」で広告主様にアピール | トップページ | まったく期待できない与謝野経財相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/41917692

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞の検証記事には、いつ、誰が、何の目的で書かせたのか、ジャーナリズムの基本が欠けている :

« 新聞が「説得力」で広告主様にアピール | トップページ | まったく期待できない与謝野経財相 »