« 1500円のために給油所に並ぶ馬鹿らしさ | トップページ | 福田首相はパンダでチベットもギョーザも油田盗掘もごまかそうとしているのか »

2008.05.01

「国民運動の喚起」で炭素税を逃れようとする無責任な経団連

 どうしても炭素税・環境税を回避したいのでしょう。「国民運動」というあいまいなものに責任を押し付け、もうこれ以上何もしたくないと経団連が言っています。スローガンだけで現状から14パーセントの削減ができるのでしょうか。まったく無責任です。
 省エネ「国民運動を喚起」…経団連会長が意向(YOMIURI ON-LINE)

 ドイツではすでに炭素税をやっているので、日本でできないという理屈はありません。

 困る業界があるのなら、特別に法人税率を下げたらどうでしょう。ガソリン、灯油、ガス、火力発電の電気に重税をかけ、その増収分を減税に回したり福祉に回せば、日本経済全体には影響はないはずですし、国民も納得するはずです。

 めんどうな法律・制度を作らず、スローガンだけで済まそうする経団連の無責任さには、本当にあきれます。

|

« 1500円のために給油所に並ぶ馬鹿らしさ | トップページ | 福田首相はパンダでチベットもギョーザも油田盗掘もごまかそうとしているのか »

コメント

ヨーロッパは大きな政府・社会主義ですよ。

そんなものを日本が受けいてる必要はないですね。

投稿: mirai | 2008.12.21 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/41051124

この記事へのトラックバック一覧です: 「国民運動の喚起」で炭素税を逃れようとする無責任な経団連:

« 1500円のために給油所に並ぶ馬鹿らしさ | トップページ | 福田首相はパンダでチベットもギョーザも油田盗掘もごまかそうとしているのか »