« 「社会意識に関する世論調査」が内閣府のサイトにないのはどういうことか | トップページ | 朝日新聞の政局がらみのウソのニュースか? »

2008.04.18

中国バブル崩壊中

 大前研一氏が、めずらしく中国に対して否定的な分析記事を書いています。上海総合指数がこれから上がる材料はなく、しかも元高によって製造業が成り立たなくなっていくそうです。
 未体験の経済に向かう中国(nikkeibp)

 ・対ドルでついに6元台が実現した
 ・上海総合指数は、ピークの6000ポイントから3500ポイントになった
 ・浮かぶのはマイナス材料ばかりだ(米国経済の衰退、人民元の高さ、
  チベット問題、オリンピック向け投資の終了)
 ・四つのマイナス材料が同時に顕在化すると、株式を換金しよう
  という動きが加速する
 ・中国政府は世界に対して「大丈夫だ」と発言するべきだが、
  できていない
 ・元高になったとき、中国の経営者は製造業に見切りをつけ、
  別のもうかるものに移っていくだろう
 ・加工貿易で成り立っていた中国を再定義すべき時である
 ・中国の企業家はイノベーション、生産性向上、リストラ・賃下げ
  交渉から逃げ出すかもしれない


 経済だけを考えるのなら、だいたい納得できるのですが、この中には政治的視点がありません。経済が右肩上がりの社会では、みな金儲けに忙しく、多少の不正・腐敗には関心が薄いものです。経済が停滞したり、後退した場合は不満が爆発します。その責任を取る仕組みが中国にはありません。

 中国人も、さらなる経済の発展には、民主化、透明化が必要であると十分わかっていると思います。それなのに、天安門事件やチベット報道からわかるように、その方向に行くことは決してないのでしょう。今後、中国がどうなっていくかは本当に見ものです。

|

« 「社会意識に関する世論調査」が内閣府のサイトにないのはどういうことか | トップページ | 朝日新聞の政局がらみのウソのニュースか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/40911894

この記事へのトラックバック一覧です: 中国バブル崩壊中:

« 「社会意識に関する世論調査」が内閣府のサイトにないのはどういうことか | トップページ | 朝日新聞の政局がらみのウソのニュースか? »