« 地球を救うために小さいテレビを買おう | トップページ | 「シー・シェパード」はテロリスト集団です »

2008.01.14

アンケート結果のウソ

 パソコンユーザーの29.4%が「電子メールの暗号化ソフト等を利用している」という調査結果が、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から出ています。もちろんこんな数字はウソに決まっています。メール暗号化ソフトは昔からありますが、ほとんど普及していないからです。
 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第1回)(この中の54ページ)

 この数字がおかしいと指摘しているのは、日経BPの須藤氏の記事です。
 「メール暗号化ソフトの利用率29.4%」という不思議な調査結果

 Outlook Expressなどで暗号メールを使うには、有料の電子証明書を取得しなければなりません。さらに、電子証明書には有効期限があるため、例えば1年ごとに更新する必要があります。みんながそんな面倒くさいことをやっているなんて、聞いたことがありません。

 須藤氏は、アンケート回答者が誤解している原因として、
 ・一般的なメールソフトに機能が備わっていると誤解している。
 ・Webメールが安全と誤解している。(パソコンとWebメールの
  サーバーとの間だけが安全で、その先は安全でない)
 ・パスワードだけが安全なAPOPを使い、本文を暗号化したと誤解している。
を挙げています。

 しかし本当の原因は、「アンケート回答者がいい加減に回答している」ではないでしょうか。回答者が質問の意味を理解していない、回答に疲れてきた、そもそもはじめからまじめに回答するつもりがない、ということだと思います。そうだとすると、アンケート結果全体が信用できないことになります。

 最近はWebでアンケートフォームを作成・集計することができるようになりました。賞品を出せば多くの回答が集まり、大規模なアンケート調査ができてしまいます。それをグラフ化すれば、本格的な調査報告書に見えてしまいます。量が増えた分、逆に質が悪くなっているような気がします。

 本来、アンケートの計画、作成、分析には専門的知識が必要なはずです。もっと回答者の心理を読み、本来の正しい回答を得るにはどうしたらいいか、工夫すべきです。さらに不真面目な回答を、除外するような仕組みを入れるべきです。

 あまり深く考えずにアンケート項目を設定し、統計結果をうのみにしたような新聞記事が最近多いような気がします。読者はだまされないように注意しないといけません。

|

« 地球を救うために小さいテレビを買おう | トップページ | 「シー・シェパード」はテロリスト集団です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/17685989

この記事へのトラックバック一覧です: アンケート結果のウソ:

« 地球を救うために小さいテレビを買おう | トップページ | 「シー・シェパード」はテロリスト集団です »