« 朝日新聞は自分に都合がいいなら会見全文を掲載するのか | トップページ | 総務省は全国の市区町村に対し、条例なしの住民税減税の有無を調査せよ »

2007.11.10

サムスン撤退の本当の理由

 韓国のサムスン電子が、家電販売で日本から撤退することを発表しました。経済紙などは、その原因として、日本の消費者の目が厳しすぎること、日本市場が過当競争であることを挙げています。しかし本当の理由は、
 「欧米人は『サムスンは日本企業』と思っている」
 「日本人は『サムスンは韓国企業』と知っている」
なんだそうです。

 日本人はサムスン製品を買えなくなるニダ!(特定アジアニュース)
 欧米では日本メーカー“圧倒”も──Samsung日本撤退の事情(FujiSankei Business i, ITmedia)

 サムスンは韓国政府から多額の補助金をもらっているとか、日本からたくさんの部品を買っていて、中身はほとんど日本製だという話を聞いたことがあります。

 サムスンがすごいとよく聞きますが、日本で全く売れないところをみると、実は安かろう悪かろうで売上げを伸ばしているだけかもしれません。本当のところはどうなのか知りたいのですが、それを経済紙に期待してはいけないのかもしれません。

|

« 朝日新聞は自分に都合がいいなら会見全文を掲載するのか | トップページ | 総務省は全国の市区町村に対し、条例なしの住民税減税の有無を調査せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/17028811

この記事へのトラックバック一覧です: サムスン撤退の本当の理由:

« 朝日新聞は自分に都合がいいなら会見全文を掲載するのか | トップページ | 総務省は全国の市区町村に対し、条例なしの住民税減税の有無を調査せよ »