« 英紙インディペンデントの高級紙らしからぬ社説 | トップページ | 「平和団体」とは単なる反米・反日団体でした »

2007.11.27

動画サイトの2ちゃんねる化に成功したニコニコ動画

 ニコニコ動画が突然注目されてきており、運営元のニワンゴで取締役管理人を務めるひろゆき氏が、このところネットのニュースによく出ています。
 ニコニコ動画がテレビの座を奪う日は来ない(CNET Japan)

 ・ニワンゴの「ニコニコ動画」が注目されている。
 ・400万会員を集め、利用時間や訪問回数がYouTubeを超えた。
 ・しかし、技術面や広告面など、いくつかの課題を西村氏が指摘している。
 ・動画サイトは技術的に同じ映像を同時に多くの人に見せることが難しい。
 ・広告面でも、媒体のイメージや制作コストに問題がある。
 ・人気が出るほど運営費用はかかるが、今のところ広告、会員への課金、
  アフィリエイトで賄えてはいない。

 「ニコニコ動画がテレビの座を奪う日は来ない」とは、ニコニコ動画はテレビにならないし、そもそもなれないという意味であり、決してニコニコ動画がテレビより劣っているという意味ではありません。あまり目立ってテレビ業界から圧力をかけられたくないために、このような控えめな言い方をしているのだと思います。

 別のインタビューでは、「動画それ自体を見るならGyaOに行けばいいと思うし、ニコニコ動画でGyaOと同じことをやっても仕方ない。」と、テレビに対抗するGyaOの路線を否定しています。
 埋もれた職人”に光を――ひろゆき氏に聞く「ニコ動(RC2)」(ITmedia News)

 「職人」がオリジナルの動画を作成し、その動画の上にコメントを書いてツッコミを入れる形は、まさに2ちゃんねるです。ニコニコ動画は、動画サイトの2ちゃんねる化に成功したと言えると思います。

 そして、これが間接的にテレビに影響してくるはずです。1日の視聴時間は限られています。すでにインターネット閲覧で時間を奪われているのに、さらに動画投稿サイトに奪われてしまえば、ますますテレビを見る時間がなくなってしまいます。

 エンタテイメントや情報提供を独占していたからこそ、テレビは強かったのに、そうではなくなった今、たとえ利益を出し続けることができたとしても、社会への影響力という面では着実に衰えていくのだと思います。

|

« 英紙インディペンデントの高級紙らしからぬ社説 | トップページ | 「平和団体」とは単なる反米・反日団体でした »

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
11/27に本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ


投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007.11.29 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/17201645

この記事へのトラックバック一覧です: 動画サイトの2ちゃんねる化に成功したニコニコ動画:

» 不要な貴金属の買取 SEVEN ONE [金とプラチナの高価買取 SEVEN ONE]
買取で現金GET!金とプラチナの買取アフィリエイター募集!! 不要なアクセサリー(金・プラチナ)の高価買取のパートナー募集!! 少量でもOK!買取金額に関係なく一件につき300円をお支払い致します。 詳しくは、http://seven-com.com/m/af_index/index.php?id=z まで☆ [続きを読む]

受信: 2007.11.27 09:19

« 英紙インディペンデントの高級紙らしからぬ社説 | トップページ | 「平和団体」とは単なる反米・反日団体でした »