« 毎日新聞の質が急速に低下しているようです | トップページ | 醜い個人攻撃をおかしいと思わない朝日新聞は狂っている »

2007.09.24

「福田首相」は全くの未知数 祈るしかありません

 福田氏が首相になってこれからどうなるか、テレビで見る限り、うわべだけの言葉を並べてその場を取り繕っているようにしか見えませんでした。はっきりとモノを言わず、何事もみんなと相談して決めていくという、古い日本型リーダーの典型であるようです。

 福田氏の政策を分析するいい材料として、麻生福田両氏の公開討論会全文(産経の記者が討論会を文字おこししたもの)があります。

 「希望と安心」「自立と共生」など、キャッチフレーズが多く、現実の問題をどう解決するのか、極めてあいまいです。

 社保庁をどう解体して、どう立て直すのか、何もありません。拉致についても、対話と圧力をどう使うのか、何もありません。

 年金が大きな問題であり、現状うまくいっていないというのは一般常識です。それをどうするのかが問われているのに、一般常識を言葉を変えて繰り返し述べるだけです。

 福田氏はODAの減額を批判しています。麻生氏に指摘されているように、福田氏には自虐史観があります。そのために外国に対してカネで貢献しなければならないと考えているようです。

 何の方向性も示さない人をリーダーにしたのは極めて日本的であり、国民からみても、海外からみても、日本がどっちにいくのかわからないという不安を増幅させます。

 何の準備もない、アイデアもない人を首相にした自民党は、今後解体に向かうのかもしれません。しかし、衆院選で惨敗し崩壊寸前だった民主党でさえ、国民の不安を煽ることで復活したのですから、同じようなやり方で支持率を回復させることも不可能ではありません。

 地方や外国にいい顔をするために安易にカネをばらまき、今度は日本全体をダメにしないよう、祈るばかりです。

|

« 毎日新聞の質が急速に低下しているようです | トップページ | 醜い個人攻撃をおかしいと思わない朝日新聞は狂っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/16551009

この記事へのトラックバック一覧です: 「福田首相」は全くの未知数 祈るしかありません:

» おすすめ [おすすめ]
おすすめ [続きを読む]

受信: 2007.09.24 06:16

« 毎日新聞の質が急速に低下しているようです | トップページ | 醜い個人攻撃をおかしいと思わない朝日新聞は狂っている »