« 嫌韓流3を読みました | トップページ | 安倍首相辞任は残念 »

2007.09.10

北朝鮮とミャンマーには民主化を求め、中国には求めないアメリカは間違っている

 米大統領が北朝鮮に民主化呼びかけ、中国にも「寛容」促す(YOMIURI ON-LINE)

『北朝鮮とミャンマーを名指しして、基本的人権を尊重し、民主化運動指導者を釈放するよう求めた。中国に対しても、北京五輪開催を機に指導部が政治体制の「開放と寛容」を示し、民衆の声により耳を傾けるよう促した。』

 なぜ中国に基本的人権と民主化を求めず、「開放と寛容」などというあいまいな言葉で済ませているのかわかりません。なぜ説明しないのでしょうか。説明しなくてもいいと考えていることも理解できません。

 それに、台湾という民主主義国家をアメリカはなぜ無視するのでしょうか。

 米民主党議員に大口献金の実業家、出頭せず国外逃亡か(YOMIURI ON-LINE)

 その理由は中国からの巨額の政治献金かもしれません。

 ブッシュ大統領は「アジア太平洋民主化パートナーシップ」なるものを提案したようですが、こんなに矛盾だらけのインチキくさい内容では誰もついていかないでしょう。アメリカの理想も地に落ちたという感じです。

|

« 嫌韓流3を読みました | トップページ | 安倍首相辞任は残念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/16400244

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮とミャンマーには民主化を求め、中国には求めないアメリカは間違っている:

« 嫌韓流3を読みました | トップページ | 安倍首相辞任は残念 »