« 参院選で棚ぼた勝利の民主党 何でも反対戦術はもう使えない | トップページ | 日米同盟を軽視し、アメリカより国連を重視する小沢氏は日本のリーダー失格 »

2007.08.08

秋葉忠利広島市長の偏った平和宣言にはっきりと『ノー』と言います

 現在の核の脅威において、日本がまず非難すべきは北朝鮮の核ミサイルです。次に、日本に向けていると言われ、実際に台湾に向けて通常ミサイルを発射したことのある中国の核ミサイルです。これらを非難せずに、同盟国であるアメリカのみ非難することは、この平和宣言が政治的に偏ったものであることを証明しています。
 【主張】広島平和宣言 なぜ北の核には触れない(Sankei Web)

 秋葉氏は、北朝鮮の核をなくすために行動は起こさないのでしょうか。中国に行って核をなくすような運動をしないのでしょうか。広島は本当に核を廃絶したいのでしょうか。

 これでは反核運動そのものにも疑問を持ってしまいます。北朝鮮や中国のために、アメリカの核だけをなくしたいようにもみえます。反米反日のために被爆者を利用しているようにもみえ、気分が悪くなります。

 反核運動が単なる政治運動になってしまっては、国民の支持は得られません。秋葉市長は本当に核をなくすための活動をするべきです。

|

« 参院選で棚ぼた勝利の民主党 何でも反対戦術はもう使えない | トップページ | 日米同盟を軽視し、アメリカより国連を重視する小沢氏は日本のリーダー失格 »

コメント

つーかね、産経新聞が「広島平和宣言、なぜ北朝鮮の核には触れない」
とか言ってるのもう見てらんない。
そりゃ産経しか読んでない信者にはそれで通用するかも知れんけど
秋葉市長はもうすでに北朝鮮の核実験に抗議してるんだぜ
ttp://www.mayorsforpeace.org/jp/activites/previousprotest.html
そんな簡単な事実も調べないで、ウヨ厨をあおる文章をのっける産経の
見識を疑う。

投稿: miyo | 2007.08.21 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/16044439

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉忠利広島市長の偏った平和宣言にはっきりと『ノー』と言います:

« 参院選で棚ぼた勝利の民主党 何でも反対戦術はもう使えない | トップページ | 日米同盟を軽視し、アメリカより国連を重視する小沢氏は日本のリーダー失格 »