« 毎日新聞は根拠なくウソの記事を書く新聞か? | トップページ | 毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか »

2007.08.15

朝日新聞が守屋防衛事務次官の留任を後押し 朝日に推薦されるということは?

 防衛事務次官の後任人事でゴタゴタがおきています。機密漏洩で大失敗をやらかした組織の長なら更迭されてあたりまえだと思うのですが、この守屋氏にはいろいろな実績があり、官邸との太いパイプがあり、テロ特措法の延長でも期待されていて、本人は続投する気マンマンなんだそうです。
 防衛次官人事で火花 防衛相の独断に官邸「相談ない」(asahi.com)

 小池氏が訪米後、これだけ熱心に事務次官を交代させようとするのは、アメリカから機密漏洩対策を強く言われたからだと思います。守屋氏が留任し、お気に入りの部下達が温存されれば、また事件がおこり、今度は小池氏の責任になってしまいます。

 それなのに、朝日は何だか守屋氏を応援しているようです。防衛庁の省昇格、米軍再編特措法の制定、自衛隊のイラク派遣など、本来なら朝日の嫌いなタイプのはずですが、

 

『今秋の臨時国会でのテロ特措法の審議を控え、「自分でなければ乗り切れない」と続投に意欲満々だった。』

 と、何だか守屋氏に続けてもらいたいような書き方です。

 朝日が応援するということは、守屋氏は、ひょっとしたら特定アジア方面と何かつながりがある人なのでしょうか。もしそうだとすれば、小池氏の行動もわかるような気がします。これからびっくりするような真実が出てくるのかもしれません。

|

« 毎日新聞は根拠なくウソの記事を書く新聞か? | トップページ | 毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか »

コメント

なぜ守屋次官の首にしないのか?
人事は大臣である政治家の専権事項だ。
確かに小池大臣の手続きに問題はあるものの、次官の人事でゴタゴタ言っている守屋次官の首を、安倍首相や塩崎官房長はなぜ直ちに切らないのか。
ここにも安倍首相の弱腰が出ている。
不祥事の大臣達を庇い続けて国民にあきれられ、選挙に敗北したばかりではないか。
これを見て、官僚は安倍内閣をさらにみくびるだろう。
レームダック化がさらに進むのではないか。
私が恐れるのはシビリアンコントロールの弱体化だ。
自衛官達は今回の防衛次官の態度を見て、不満があるなら自分達も抵抗しても良いのだと思ったらどうだろう。
8/15の終戦の日の今日という日から思い起こすまでもなく、昭和初期の軍部の暴走は62年前の敗戦を招いた。
直ちに守屋次官の首にし、次官人事は白紙とすべきだ。
9/上の内閣改造までなどと悠長なことを言っていると、この上何が出て来るかわからない。

投稿: toujinbou | 2007.08.15 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/16119339

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞が守屋防衛事務次官の留任を後押し 朝日に推薦されるということは?:

« 毎日新聞は根拠なくウソの記事を書く新聞か? | トップページ | 毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか »