« 毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか | トップページ | 北朝鮮の覚醒剤は国家ぐるみで精製するため純度が高い »

2007.08.20

前回首脳会談での北朝鮮への秘密支援は4.5億ドル 今回はいくら?

 南北首脳会談の延期の真相は、韓国が北朝鮮に支払うと言ったカネが北朝鮮の満足できる額ではなかったためではないか、というニュースです。その根拠として、前回北朝鮮に支払われた秘密資金が、会談の対価であり、前回も同じようなことがあったことを挙げています。
 水害は口実? 南北首脳会談の延期(イザ!)

『2000年6月の首脳会談の際、北朝鮮は金大中大統領(当時)の訪朝前日になって「技術的問題」を理由に「一日延期」を一方的に韓国に通告した“前科”があるからだ。後になって、韓国側が首脳会談の対価として北朝鮮に提供した秘密資金、4億5000万ドル(約515億円)の送金が遅れたためだったことがわかっている。』
『今回も、意表をつく「揺さぶり戦術」で韓国政府を刺激し、会談の主導権を確保して、さらに有利な支援や対価の獲得を狙ったのではーという観測が出ている。』

 さて、今回は今のところいくら提示していて、最終的にいくら払うことになるのでしょう。

 情けないことに、朝日新聞はこのような見方をなんとか否定しようとしています。
 「北朝鮮の主導力強まる」の見方も 南北首脳会談延期(asahi.com)

『南北首脳会談の延期が18日発表されたことについて、韓国統一省の李寛世次官は記者団に「北は復旧作業で大変だ。言葉通り、水害が理由のようだ」と語った。』

 本当のことを言うわけがない統一相の言葉をそのまま書き、あとは適当に関係者のコメントを並べただけの記事です。普通のジャーナリストならまず、今回はいくら払ってるのかを取材すべきではないでしょうか。わざと取材しないのか、そういう発想がないのかわかりませんが、いずれにしても朝日には期待できないのがよくわかる記事です。

|

« 毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか | トップページ | 北朝鮮の覚醒剤は国家ぐるみで精製するため純度が高い »

コメント

 過去においては随分と日本国・日本国民を傷つけてきたトンデモ朝日ですが、今となっては単なる自傷行為に過ぎないでしょう。常習化しているようなので誰かが止めてあげないとこの先大変なことになってしまうでしょうね。人間なら放置できないところですが、こんな法人は自滅して頂いた方が世のため人のためでしょう。

投稿: 案山子 | 2007.08.20 04:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/16173971

この記事へのトラックバック一覧です: 前回首脳会談での北朝鮮への秘密支援は4.5億ドル 今回はいくら?:

« 毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか | トップページ | 北朝鮮の覚醒剤は国家ぐるみで精製するため純度が高い »