« 朝日新聞が守屋防衛事務次官の留任を後押し 朝日に推薦されるということは? | トップページ | 前回首脳会談での北朝鮮への秘密支援は4.5億ドル 今回はいくら? »

2007.08.16

毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか

 「官邸と太いパイプを持つ」と言われている守屋氏が、官邸を巻き込んで退任に激しく抵抗しただけなのに、それを安倍首相の批判に結びつけるのは的外れだと思うのですが、どうなんでしょうか。
 防衛次官:人事でまた「未熟さ」 「静観」首相に疑問の声(Mainichi INTERACTIVE)

 小池氏の言い分は、「防衛関係の省庁などに相談して回っていた最中に報道が出たことが混乱の一つと思うが、私は何ら順序は間違っていない」です。防衛省内でいろいろと根回しをし、西川氏に内定の了解をとり、守屋氏に退任を通告し、それから塩崎氏、安倍首相に了解を取っていくという順番なら、手続きに何の問題があったのかよくわかりません。

 どこでもありそうな人事のゴタゴタなのに、毎日新聞は、「内閣の未熟さを改めて示した。」「安倍晋三首相の求心力低下を象徴する出来事」「首相には痛い失点となった。」「政府内からも、首相の対応に疑問の声が上がる。」と、繰り返し安倍首相を批判しています。

 チャンスだから安倍首相を批判しようという考えでは、本質をとらえた記事になりません。ジャーナリストなら、「官邸と太いパイプを持つ」とはどんな意味なのか、なぜ守屋氏はやめさせなければならないのか、なぜ守屋氏はそんなに激しく抵抗するのか、守屋氏とお気に入りの部下達に機密漏洩の責任がどれくらいあるのか、西川氏になったら機密漏洩で逮捕者が出そうなのか、小池氏に対してアメリカから何らかの指示があったのか、など、ちゃんと調べてはっきりと記事に書いていただきたいものです。

|

« 朝日新聞が守屋防衛事務次官の留任を後押し 朝日に推薦されるということは? | トップページ | 前回首脳会談での北朝鮮への秘密支援は4.5億ドル 今回はいくら? »

コメント

守屋次官の交代は毎日新聞のスクープだったようです。
そこまで書くなら、もう少し情報を出して欲しい物です。
それと、私は守屋次官は官邸ではなく津島派との繋がりが深く、官邸と津島派の話し合いに時間が掛かったのだと思っています。

投稿: ogu | 2007.08.20 17:40

 「水に落ちた犬は打て」という隣国の教えを忠実に実行しているつもりなのでしょう。続投を決断した安倍総理の意外な図太さに嫌な予感がしているのかもしれません。
 参院選の結果をしっかりと分析して、改革推進内閣を組閣、国民に丁寧な説明ができれば支持率は上昇していくでしょう。
 役人退治プラス金正日・小沢一郎・中国共産党を敵にまわして奮闘している日本のリーダーを国民が支持しない訳がない、と安倍総理が腹をくくれるかどうか。そこに長期政権・憲法改正の実現がかかっていると思います。
 安倍総理の君子豹変を期待します。

投稿: 案山子 | 2007.08.20 03:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/16129765

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞:防衛事務次官人事のゴタゴタがなぜ「首相は未熟だ」になるのか:

» ホームページ [戦略]
ジェナさんも カラフルフルーツ 連イラク支援団 [続きを読む]

受信: 2007.08.17 23:30

« 朝日新聞が守屋防衛事務次官の留任を後押し 朝日に推薦されるということは? | トップページ | 前回首脳会談での北朝鮮への秘密支援は4.5億ドル 今回はいくら? »