« サマータイム絶対反対!7 小泉前首相の反対でサマータイム消滅か | トップページ | 中国をG7に加えれば問題は解決するだろうという、おめでたいフィナンシャルタイムズ »

2007.06.15

中国のサミット正式参加拒否は当然だ

 民主主義でもなく、世界と協調する姿勢も見せず、ただ儲けるため、体制を維持するためだけに行動しているように見える中国を、サミットに迎え入れるべきではありません。そんな当たり前のことを安倍首相がやっと表明しました。
 安倍首相、中国のサミット正式参加を拒否 米・独と歩調一致(イザ!)

 もともと米国のみが中国の正式参加に否定的で、欧州は前向きだったのですが、先日のサミットで日本とドイツが反対を表明したそうです。

 安倍首相が挙げた3つの理由とは、
 (1)軍事費が不透明のまま19年連続で2ケタ伸び率となっている
 (2)スーダン西部ダルフールでの政府支援の民兵組織による大量虐殺
    を黙認し、スーダン政府を支援している
 (3)国際的なルールを守っていない

 と、至極当然の内容です。

 本来、このようなことはサミット前にマスコミが聞いておくべきです。安倍首相を叩きたいなら、中国に対してあいまいな態度をとっていることを批判すべきです。それができないのはマスコミが中国寄りだからです。安倍首相に対して、「なぜ中国を批判しないのか」という質問をする発想がないというのは恥ずかしいことです。

|

« サマータイム絶対反対!7 小泉前首相の反対でサマータイム消滅か | トップページ | 中国をG7に加えれば問題は解決するだろうという、おめでたいフィナンシャルタイムズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/15437580

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のサミット正式参加拒否は当然だ:

« サマータイム絶対反対!7 小泉前首相の反対でサマータイム消滅か | トップページ | 中国をG7に加えれば問題は解決するだろうという、おめでたいフィナンシャルタイムズ »