« 朝鮮総連のためなら法律を犯してもよいと言う長官のいた公安を徹底調査せよ | トップページ | 米国務省の「朝鮮半島の平和メカニズム」は失敗する »

2007.06.25

安倍首相、がんばれ

 年金問題でここぞとばかり叩かれ、参院選では与党過半数割れが確実であるかのような報道がされています。そんな厳しい状況の中でも、安倍首相は責任逃れをせず、なおも憲法改正を争点とし、沖縄での集団自決の記述が教科書検定で削られたことについても、人気取りのための安易な妥協をしませんでした。

 自分が正しいと思ったこと、国民のためになると信ずることに対しては、敵が多くともやりぬく姿勢にはたいへん好感が持てます。

 まだ投票日まで時間があります。民主党は何もしていません。このままの状態が続くとかえって自民党が目立ってくるような気がします。そして最終的に自民党に投票するメリット・デメリット、民主党に投票するメリット・デメリットを冷静に比較されてしまえば、思ったほど民主党の票が伸びない可能性も十分にあります。

 安倍首相が明らかな失敗をしたわけではなく、むしろ成果が多いのですから、選挙結果など気にせずに思いっきりやっていただきたいです。

|

« 朝鮮総連のためなら法律を犯してもよいと言う長官のいた公安を徹底調査せよ | トップページ | 米国務省の「朝鮮半島の平和メカニズム」は失敗する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/15550637

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、がんばれ:

« 朝鮮総連のためなら法律を犯してもよいと言う長官のいた公安を徹底調査せよ | トップページ | 米国務省の「朝鮮半島の平和メカニズム」は失敗する »