« 米下院での慰安婦決議案採決が先送りに | トップページ | 「年金をネコババされたい人は自民党」という民主党の下品な攻撃 »

2007.06.02

松岡農水相自殺で反安倍勢力が大はしゃぎ、でも国民は冷めています

 カネの問題なら民主党の小沢党首の土地取得の方が悪質であり、朝鮮総連からの献金もあり、かえって民主党に弱みがあります。自民党側の疑惑の人物が自殺したからといって、衝撃的ではあっても、直ちに内閣への致命的なダメージにはならないはずです。

 マスコミは自殺という衝撃を利用し、情緒的な記事を並べています。これは特に反安倍の新聞に多いように思います。

 イザ!の古森義久氏がブログで指摘しています。
 朝日新聞の「なりふり構わぬ」言葉選びーーちょっと頭を冷やしたら(イザ!)

『さあ、以上の文章のなかに、明らかに情緒的、主観的にすぎると思われる言葉がいくつあるでしょう。私があげれば、「つまずき」「窮地に追い込まれ」「あわてて」「狙い撃ち」「なりふり構わぬ」ーーなどでしょうね。安倍首相が本当に、つまずき、窮地に追い込まれ、あわてて、狙い撃ちし、なりふり構わぬ、言動をとっているのでしょうか。』

 参院選に向けて順調に支持を固めていた安倍内閣を叩く絶好のチャンスだと、野党はただ法案に反対して足を引っ張るばかりです。天下り規制や年金の時効撤廃という、国民にプラスとなる法律を、党利党略で強硬に反対するなら、参院選のために強引に年金問題を片付けたいという与党と変わりありません。まさに泥仕合です。

 参院選があるからといって、これだけ与野党が大騒ぎするのに驚いてしまいます。国民が投票するのは、他の内閣より良さそうだからという相対的な理由で投票するわけですから、民主党の内閣を想像して今より良さそうだと思えないかぎり、民主党が勝つなどありえないと思います。さて、結果はどうなるでしょうか。

|

« 米下院での慰安婦決議案採決が先送りに | トップページ | 「年金をネコババされたい人は自民党」という民主党の下品な攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/15284586

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡農水相自殺で反安倍勢力が大はしゃぎ、でも国民は冷めています:

« 米下院での慰安婦決議案採決が先送りに | トップページ | 「年金をネコババされたい人は自民党」という民主党の下品な攻撃 »