« 地検特捜部は朝鮮総連に対する捜査を妨害した自民党の有力政治家を逮捕せよ | トップページ | 北朝鮮への追加制裁はないという毎日新聞のウソ記事 »

2007.05.02

朝日新聞が阪神支局襲撃20年に便乗して批判封じ

 阪神支局襲撃20年ということで、社説で暴力による言論封じを批判しています。
 阪神支局襲撃20年―言論はテロに屈しない(asahi.com)
 暴力に対する批判だけなら異論はないのですが、いやらしいことにこの事件を利用し、朝日を批判する勢力をまるで襲撃犯の仲間であるかのように印象付け、逆に言論を封じようとしています。

『 自由な言論を揺るがすのは、むきだしの暴力だけではない。』
『 赤報隊が使った「反日」という言葉は、いまや雑誌やネットにあふれている。自分と相いれない意見を「反日」や「売国」と決めつける。そうした一方的なレッテル張りが、問答無用の暴力を誘い出してしまう。そんな心配がある。』

 自分と相いれない意見を「タカ派」や「軍国主義者」でレッテル張りをしてきたのは朝日ではないでしょうか。「反日」や「売国」と批判するのは、記事内容がそれらにあたるからであって、自分と相いれない意見だからではありません。

 朝日は、「反日」「売国」批判を、赤報隊や暴力と結びつけることで、自分たちを批判しないように誘導しようとしています。

 でも、朝日に対する批判は「反日」「売国」だけなのでしょうか。捏造や論理の矛盾、あからさまな工作活動に対する批判はどうなのでしょうか。それらに対する批判には答えず、暴力を受けたことをネタに、自分達の正当性を主張し、批判封じを企んでいます。

 こういう社説を読むと、朝日は今後も反省せずに信ずる道を突き進むのだなと思います。はてなダイアリーにもそう見ている人がいるようです。

 安倍にも負けず 右翼(ウヨ)にも負けず
 捏造にも自作自演にも恥じぬ 丈夫な面の皮を持ち
 謝罪はなく 決して検証せず いつもお前が言うなと言われている
 一日に社説2つと 素粒子と天声人語を書き
 あらゆることを感情の赴くままに 焚き付け 煽り 叩き そして火病る
 特アのための工作機関 日本の左傾化を任務として
 東にエビちゃん風のOLあれば、行って若者の右傾化が心配だと嘆き
 西に男系を主張するヒゲの殿下あれば、行って黙れと命じ
 南に傷ついた珊瑚あれば、行ってK・Yって誰だと騒ぎ立て
 北にミサイル発射する将軍様あれば、一発だけなら誤射かもしれないと言う
 身内の不祥事には目をつぶり チベット問題は見て見ぬふり
 みんなにバイコクドーと呼ばれ 信用されず 購読もされず
 そういうサヨに 私はなりたい

|

« 地検特捜部は朝鮮総連に対する捜査を妨害した自民党の有力政治家を逮捕せよ | トップページ | 北朝鮮への追加制裁はないという毎日新聞のウソ記事 »

コメント

 「暴力に屈するな」と 朝日にだけは言われたくありません。片腹痛い。
 当時、一連の朝日への実力行使に対し 無条件降服さながらに膝を屈して見せたのは、他ならぬ朝日自身ではなかったでしょうか。
 社内・グループの極左思想の持ち主を、「我々朝日が悪うございました」とばかりに始末したはずです。
 「死んだTBS」に筑紫が飼われていることがいい例です。
 朝日・毎日に更生の余地はないでしょう。性根の腐りきった口先だけの腰抜けにすぎません。

投稿: 案山子 | 2007.05.05 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/14921804

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞が阪神支局襲撃20年に便乗して批判封じ:

« 地検特捜部は朝鮮総連に対する捜査を妨害した自民党の有力政治家を逮捕せよ | トップページ | 北朝鮮への追加制裁はないという毎日新聞のウソ記事 »