« 憲法改正に賛成します | トップページ | 祝!国民投票法成立 参院選での憲法改正議論を期待します »

2007.05.06

「地球貢献国家」をめざし護憲せよという朝日新聞の社説に反対します

 よくこれだけ理屈をこねまわして護憲につなげるものだと感心してしまいます。朝日新聞は、自衛隊を否定していません。その代わりに、準憲法的な基本法なるものを提案しています。
提言―日本の新戦略 憲法60年(asahi.com)

『準憲法的な「平和安全保障基本法」を設けて自衛隊をきちんと位置づけ、「専守防衛」「非核」「文民統制」などの大原則を書き込んではどうか。憲法の条文から自衛隊が読み取れないという「溝」を埋めるための工夫である。』

 しかしこれで自衛隊と9条の矛盾が回避できるはずがありません。そんな回りくどいことをせずに、素直に憲法の中に入れればいいのです。護憲ありきの発想では、何をするにも分かりにくくなってしまします。

 また、安全保障については、「地球貢献国家」を目指すことで解決せよと提案しています。

『地球温暖化や人口激増、グローバル化による弊害……。さまざまに迫る地球上の困難に対し、省エネ、環境技術をはじめとする得意技で貢献する。さまざまな国際活動の世話役となって実りを生む。それが、日本の国益にも直結する。』

 なんだか、中国への援助をもっとやれと言っているように聞こえます。借金だらけの日本にそんな余裕があるのでしょうか。日本は借金返済、自主防衛など、先にやるべきことがあるはずです。外国にいい顔をしようと、借金をして援助などするべきではありません。まず自立することが先です。

 現実と将来をにらんで改憲しようとしているのに、なんとか阻止しようといろいろと理屈をこねまわす社説は、読んでいて不快になります。護憲ありきではなく、あるべき姿をそのまま憲法に記述すべきです。そうすれば、自然と憲法改正すべきという結論に至るはずです。

|

« 憲法改正に賛成します | トップページ | 祝!国民投票法成立 参院選での憲法改正議論を期待します »

コメント

 どうか 幾久しく お幸せに!!

投稿: 案山子 | 2007.05.27 19:12

「憲法を改悪したら戦争指導者が動き始まる」教の狂信者です~

投稿: 電車男 | 2007.05.22 17:46

 「憲法を改正したら戦争が始まる」教の狂信者達が、その教えを広めようと口から出まかせを言っているということでしょう。 そんな戯言に乗せられて 今から信者になってしまうようなおっちょこちょいはまずいないでしょうが すでに洗脳されてしまった信者達が問題といえば問題なのでしょう。これらの人々は、「病は気から、信心が足らない」と教祖からしかられて 病院にも行かずに日がな一日読経してすごしている病人のようなもの。病には病の原因があるでしょうに。
 戦争は、人類の最も愚かな行為のひとつです。戦後60年間 日本がその戦争に巻き込まれなかった理由が憲法9条にある、と信じ込める単純さが返ってうらやましい。他に理由がないのなら何も考えなくて済む。それはそれで当人たちにとっては幸せなのでしょう。
   

投稿: 案山子 | 2007.05.06 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/14967584

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球貢献国家」をめざし護憲せよという朝日新聞の社説に反対します:

« 憲法改正に賛成します | トップページ | 祝!国民投票法成立 参院選での憲法改正議論を期待します »