« 田原総一朗氏の当たらない予想と的外れな分析 | トップページ | 地検特捜部は朝鮮総連に対する捜査を妨害した自民党の有力政治家を逮捕せよ »

2007.04.29

警視庁公安部が朝鮮総連の最高幹部3人に出頭要請中

 昨年の今頃、「原さん拉致事件」というのがあり、朝鮮総連傘下団体と中華料理店が捜索されていました。今回の2児拉致事件での捜索も同じようなものかと、関心がなかったのですが、なんと総連のトップ3へ出頭要請が出たところまで事態が進みました。
 特集:拉致問題(YOMIURI ON-LINE)

 読売の一連の記事によると、
 ・渡辺秀子さんの2児拉致事件で、警視庁公安部は、
  「在日本朝鮮留学生同盟中央本部(留学同)」など、朝鮮総連
  傘下の団体や関連先など4か所を捜索した。
 ・経緯などを知る立場にあった可能性がある、朝鮮総連の徐萬述
  議長ら最高幹部3人に書面で出頭を求めた。
 ・警視庁公安部は、留学同が北朝鮮工作員の“供給源”とみている。
 ・朝鮮総連は捜索を政治弾圧だとして会見で非難し、拉致事件への
  朝鮮総連の関与を否定した。

 ということで、今回のポイントは、公安が朝鮮総連の最高幹部3人に事情聴取に応じるように求めたことです。その場で何かあれば逮捕されるかもしれません。3人は出頭拒否しているので、すぐに逮捕されることはないでしょうが、かなりたくさんの証拠がありそうなので、逮捕は時間の問題のような気がします。

 そして起訴されれば、裁判でいろいろなことが明らかになるでしょう。この事件は今後、かなり大騒ぎになるものと思われます。

|

« 田原総一朗氏の当たらない予想と的外れな分析 | トップページ | 地検特捜部は朝鮮総連に対する捜査を妨害した自民党の有力政治家を逮捕せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/14880266

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁公安部が朝鮮総連の最高幹部3人に出頭要請中:

« 田原総一朗氏の当たらない予想と的外れな分析 | トップページ | 地検特捜部は朝鮮総連に対する捜査を妨害した自民党の有力政治家を逮捕せよ »