« この機会にアメリカを巻き込んで慰安婦問題を大いに蒸し返せ | トップページ | 真実を求めるなと言う朝日新聞はジャーナリスト失格 »

2007.03.12

慰安婦問題の結末は靖国問題と同じになるでしょう

 小泉首相の時代は、反日の象徴として靖国神社が利用されてきました。安倍首相になってからは靖国を話題にできなくなくなっており、その代わりとして慰安婦が急浮上してきています。

 韓国とそのバックにいると思われる中国・北朝鮮は、アメリカを味方につけることに成功し、これでなんとか日本を叩こうとしています。

 しかし、これは靖国同様に逆効果になる可能性があります。国民が望んでいるのは、この問題を解決することではなく、真実を知ることです。多くの日本人が韓国の言うことを真実ではないと指摘しており、アメリカ議会の決議案にいたっては事実誤認が多いと指摘しています。河野談話にしても、韓国の言い分を取り入れた、譲歩した内容になっているようです。

 国民は真実を主張する政府を支持します。政治的な目的を持って真実を曲げようとする外国政府や反日メディアには反発します。

 彼らは日本政府を叩いているつもりでしょうが、結局、靖国と同様に国民の反感という取り返しのつかないものを招くことになるでしょう。そのあとでもうこの問題を取り上げるのはやめようと政府同士で話し合っても、もう手遅れです。

|

« この機会にアメリカを巻き込んで慰安婦問題を大いに蒸し返せ | トップページ | 真実を求めるなと言う朝日新聞はジャーナリスト失格 »

コメント

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。

投稿: a | 2007.03.15 09:53

 産経新聞によると 米下院の民主党はトルコに対しても、90年前のアルメニア人虐殺の非難決議を通そうとしているようです。 トルコ政府は国内米軍基地の撤去も辞さないと猛烈に抗議しているとのこと。
 アルメニア系米国人の突き上げに民主党下院議員が動いたということらしいのですが、移民民主国家の宿命だといえなくもないでしょう。米国も痛い目を見ながら徐々に学んでゆくのかもしれません。
 日本の世論もすでにこのことには気付き始めており、愚かな連中が慰安婦問題で騒げば騒ぐほどゆうくんの見通し通りの展開になっていくと思います。
 
 米民主党とハサミは使いよう、中朝韓はよくご存じのようで後先考えもせず 見境もなくこれを酷使してます。金属疲労のような状態に陥って久しい米民主党の偽善がこの酷使にいつまで耐えられるのか 見ものです。

投稿: 案山子 | 2007.03.12 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/14234470

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題の結末は靖国問題と同じになるでしょう:

» 悪性がん発症率 20年で約50%増―天津市(・e・)! [中国新聞]
これは、世界的傾向だなぁ。(・e・)! 癌へのリスク増加は、中国に限ったことではなく、日本もおなじだ。 米国のように、増加傾向から転じ、下降傾向へと向かう国もある。 これは、積極的な予防政策が、実を結びだした結果だな。 [続きを読む]

受信: 2007.03.12 03:15

« この機会にアメリカを巻き込んで慰安婦問題を大いに蒸し返せ | トップページ | 真実を求めるなと言う朝日新聞はジャーナリスト失格 »