« 立花氏が紙オムツの安倍首相はステロイドで老化しているからやめろと主張 | トップページ | 「慰安婦」で反日の片棒を担ぐようになったアメリカ »

2007.03.07

「中国に対する反感が米国や世界の国々で広がっている」ようです

 来日中のポールソン米財務長官が、中国の巨額の貿易黒字に関連して言ったのですが、黒字というより為替操作が問題なのでしょう。アメリカの会社が中国に工場を作ってアメリカに輸出しているなら黒字は当たり前です。
 米財務長官、日本の成長戦略加速に期待・経財相らと会談(NIKKEI NET)

 中国には経済だけでなく、政治腐敗、環境といった問題もあります。民主化も課題です。一番の問題は、それらに対する改善の道筋がはっきりしないことです。


 偶然にも同じ日に別の記事で中国が批判されています。
 ジダン「中国選手のラフプレーひどい」 出場拒否(asahi.com)

『03年と05年にレアル・マドリードの一員として中国で試合をしたとき選手のラフプレーがひどく、引退後でも中国選手とは同じピッチに立ちたくないとジダンが望んでいる』

 中国に対する悪い評価が世界に定着しつつあるようです。日本が多くの被害を受けていることも、今後は分かってもらえそうです。

|

« 立花氏が紙オムツの安倍首相はステロイドで老化しているからやめろと主張 | トップページ | 「慰安婦」で反日の片棒を担ぐようになったアメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/14171091

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国に対する反感が米国や世界の国々で広がっている」ようです:

» 個人輸入とは [個人輸入総合情報館]
個人輸入とは、個人が直接(代行を介さず)外国の販売店へ、商品を注文して購入する形態。通信販売の購入先が・・・ [続きを読む]

受信: 2007.03.07 08:38

» 中国は貿易黒字削減か・・・ [ニュースな出来事]
中国な輸入を増やして、輸出を抑える方針を発表しました。「われわれは貿易の均衡を目指して、輸入を増やし輸出の伸びを抑制する」 と中国の薄煕来商務相は16日、記者団に述べました。 黒字になりすぎても、問題なんですね。日本の景気はいつになったら 回復するのでしょうか。 中国がうらやましいです。... [続きを読む]

受信: 2007.03.16 15:55

« 立花氏が紙オムツの安倍首相はステロイドで老化しているからやめろと主張 | トップページ | 「慰安婦」で反日の片棒を担ぐようになったアメリカ »