« ヤメロと騒ぐだけのムダな野党は全員クビにして児童手当にしてください | トップページ | 日経がOECDを利用してホワイトカラー・エグゼンプションを応援か »

2007.02.12

NHKが米ヒル国務次官補へのインタビューで北朝鮮の主張を代弁

 「ニュースウォッチ9」の柳澤キャスターによる、アメリカのヒル国務次官補へのインタビューの内容が、掲示板やブログで話題になっています。

 元記事は米国務省の英語サイトです。問題になっているのは、2月9日のオンエアでカットされた部分です。

Interview with NHK(US Department of State)

『My friend from the Chinese diplomats, he just mentioned some dissatisfaction over the Japanese Government, you know, insisting on something on the abductees issues. They just always complain that that's an obstacle for the further progress on the Six-Party Talks. So I see some gaps in the perception between Japan and other countries. So how can you just persuade the Japanese Government?』

(拙訳)私の友人の中国人外交官は、拉致問題にこだわる日本政府について、不満を言っています。彼ら中国人は、拉致問題が六者協議のさらなる進展にとっての障害であると、いつも不平を漏らしています。ですから私は日本とその他の国々とは認識のギャップがあると思うのです。あなたはどうやって日本政府を説得するのですか。

 「私の友人の中国人外交官は」と、中国人外交官が言ったことにして自分の意見を主張するところが汚いやり方です。

 そして「日本とその他の国々とは認識のギャップがある」と、日本が孤立していることを主張し、それを認めさせようとしています。

 さらに、「あなたはどうやって日本政府を説得するのですか」という言い方で、アメリカから日本政府を説得して欲しいと依頼しています。

 これは全く北朝鮮の主張そのものであり、NHKが北朝鮮シンパであることがよく分かるインタビューです。このような放送局に、受信料を強制徴収させる特権を与え続けるべきではありません。分割・解体を含めた徹底的な改革が絶対に必要です。

|

« ヤメロと騒ぐだけのムダな野党は全員クビにして児童手当にしてください | トップページ | 日経がOECDを利用してホワイトカラー・エグゼンプションを応援か »

コメント

 NHKは腐っているのです。どれほど体裁を整えようと その腐臭はじわじわと国民の間に広がっているのです。不道徳の臭いに敏感な人々は、もはや鼻をつまんでNHKに接するほかはない というのが現実です。
 編集権を振り回して「公」を私物化するというどうしようもない退廃にどっぷりと浸っている限り、NHKは奈落の底に引きずり込まれるしかないと思います。NHK職員の中から次々と現れる放火、痴漢、横領等々の犯罪者、自殺者 NHKのスキャンダルは、まだまだ序の口なのです。NHKのおぞましい未来を思うと哀れでなりません。

投稿: 案山子 | 2007.02.13 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/13876537

この記事へのトラックバック一覧です: NHKが米ヒル国務次官補へのインタビューで北朝鮮の主張を代弁:

« ヤメロと騒ぐだけのムダな野党は全員クビにして児童手当にしてください | トップページ | 日経がOECDを利用してホワイトカラー・エグゼンプションを応援か »