« 安倍首相の施政方針を支持します | トップページ | 教育再生会議の7提言と4緊急対応策 »

2007.01.29

ホワイトカラー・エグゼンプション推進者たちはウソをついている

 18日に開かれた経済財政諮問会議での民間議員の発言が笑えます。ホワイトカラー・エグゼンプションは企業のためではなく、労働者のためなんだそうです。スキルを身につけるために、土日でも残業代なしで出社したいという人がたくさんいるんだそうです。
 平成19年第1回経済財政諮問会議議事要旨(PDF)

『労働市場改革は決して企業の利益のためではなくて、労働者自身の利益のためにやるのだということを、是非、諮問会議の下の労働市場改革専門調査会でも訴えていきたい。』

 自分の利益にならないのに、なぜ経営者がこんなに必死になるのでしょう。そんなウソを見抜けないほど労働者はバカではありません。あまりにも甘く見すぎています。

『大手企業の大部分がそうだが、若い人でも、残業代は要らないから仕事をもっと早くスキルを身につけてやりたい、土日でも残業代は要らないから出社したいという人がたくさんいる。』

 そういう人も中にはいるでしょうが、多くの人は我慢して出社しています。あるいは何らかのエサをぶらさげられて出社しています。社員が「残業代は要らないから出社したい」と言うのなら、それは言わされていると考えるべきです。経営者がそれをわからないはずがなく、ウソをついています。

 このような人たちはウソを悪いことだと思わず、大したウソではないと考えているのです。導入後に労働者に不利益が生じ、過労死が増えたころには引退しているかもしれないし、セーフティネット強化や罰則強化に問題をすりかえればいいさと考えているのです。

 しかし、そういう考えは甘すぎます。実際に問題が起こればウソが証明されたことになります。経済財政諮問会議の民間議員がウソをついたことになり、信用できないという評価になります。

 自分でウソをついていることを自覚できないような議員は交代すべきでです。そうでないと、改革の象徴である経済財政諮問会議の権威がなくなります。そうなる前に、すみやかに交代することを望みます。

|

« 安倍首相の施政方針を支持します | トップページ | 教育再生会議の7提言と4緊急対応策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/13699477

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトカラー・エグゼンプション推進者たちはウソをついている:

« 安倍首相の施政方針を支持します | トップページ | 教育再生会議の7提言と4緊急対応策 »