« すべてを校長の能力に頼るやり方は失敗する | トップページ | 塾の禁止は実現不可能です »

2006.12.24

朝日新聞が浅利慶太氏「ヒトラー」発言を利用して安倍批判

 教育再生会議メンバーで劇団四季代表でもある浅利慶太氏が、会議報告に自分達の意見が反映されていないとして「まるでヒトラーのようだ。事務局の案と私たちの言っていることが全然違う」と言ったそうです。
 「まるでヒトラー」 迷走続く教育再生に有識者委員反発(asahi.com)

 自分の意見が通らないからといって、相手を軽々しく「ヒトラー」などと呼ぶ人が教育を語る資格があるのか疑問です。

 おかしいことに、浅利氏がヒトラーと言ったと報道しているのは朝日だけです。他のメディアは一切ありません。そして、

『来年1月のとりまとめに向け、首相の指導力がここでも問われている。』
『首相が掲げる官邸主導が機能しているとは言えない状況だ。』

 と、安倍首相を批判しています。ヒトラーを記事のタイトルにし、なんとか安倍首相をヒトラーに結び付けようとしているように見えます。こういうやり方はちょっと品性がないなと思います。

|

« すべてを校長の能力に頼るやり方は失敗する | トップページ | 塾の禁止は実現不可能です »

コメント

 もともと審議会というものは事務方の作成する答申をオーソライズするために著名人の名前を借りるための組織でしかありません。今まで散々審議会に参加してきた浅利氏がそんなことを知らないはずがないんですがね。
 事務方が本当に事務方に徹して、委員の意見を集約して答申としてまとめたら、多分、教育再生会議のメンバー構成からして、トンデモないものができあがるでしょう。誰一人として、現在の教育現場の状況を知らないんですから(笑)

投稿: Inoue | 2006.12.24 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/13178100

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞が浅利慶太氏「ヒトラー」発言を利用して安倍批判:

« すべてを校長の能力に頼るやり方は失敗する | トップページ | 塾の禁止は実現不可能です »