« 梅田望夫氏の教育論を見習え | トップページ | 「北海道の卑劣な大人たち」に札幌弁護士会も仲間入り »

2006.11.27

草の根の日教組告発サイト

 Googleを「日教組」のキーワードで検索すると、いくつかの日教組告発サイトが見つかります。そのひとつに「日教組を観察する」があります。数学の先生が手作りで作ったホームページです。

『 日教組先生といっても,当然ながら人間的に良い先生,悪い先生いろいろいる.ただ共通する事柄は,共産党を支持し,社会の先生にいたっては自虐史観たっぷりの授業を展開することである.~最悪なのは,人間的にも思想的にもすっかり共産党にはまってしまった日教組先生である.教員は労働者だからと言って,権利ばかりを主張し,仕事はやらず他の人の批判ばかりしている.』

 個人的に共産党を支持し、自虐史観を持つのはかまいませんが、それを職場に持ち込み、さらには教育にまで持ち込むことは、あってはならないことです。30万人以上いる組合員の何割くらいに、どれほどの問題があるのか、実態がよくみえないことも問題です。

 さらに、このサイトでは日教組先生に共通する4つの特長を指摘しています。

1.被害者意識
 ・常に管理職、教育委員会、文部省、国家から抑圧されているとの迷信を持っている
 ・日教組の方針を文部省が採用しても、永遠に反対し続ける
 ・そもそも,中央集権的な組織自体に対して反対している

2.終末思想
 ・日本は再び軍国主義に陥り,近辺諸国を征服すると予言している
 ・「やっても,どうせ,しょうがない」と投げやりな言葉を吐く
 ・更なる終末に向かって突き進んでいるかのような錯覚を起こしている
 ・その責任を文部省に押しつける

3.絶対正義
 ・自分が絶対に正しいと怒鳴り散らし,反論は一切受け付けない.

4.選民思想
 ・「日教組に入ればすばらしい,豊かな,自由に満ちた教育が実現できる」、
  「一緒に行動し,文部省や教育委員会の悪政に対抗しよう」を組織拡大の文句
  として謳っている.

 こういう先生は少数だと思いますが、こんな人が一人でもいれば、職場は混乱し、他の先生が迷惑し、若い先生が影響を受けます。声が大きければ、おかしな意見であってもある程度尊重されるからです。

 このような先生がいる学校に子供を行かせたくありません。子供がダメになってしまいます。勉強の教え方に多少問題があっても塾でカバーできますが、ものの考え方、社会観、人生観に問題を抱える先生と多くの時間を共にするリスクは重大です。こういう学校に行かせることは子供に対しての罪に等しいと思います。

 子供が通っている学校にこういう先生がどれくらいいるのか、どれくらいひどいのか、親としては非常に心配です。すでに、休みが多すぎるとか、宿題が少なすぎるといった声が聞こえてきています。運動会に国旗掲揚がないのも、徒競走が男女混合であるのも気になります。

 さらに、このまま公立の中学、高校と進学した場合、そこにはどれくらいの日教組先生がいて、それくらいひどいのか、非常に心配です。まったく情報がありません。マスコミも報道しません。仲間だから批判ができないのだと思います。

 マスコミが報道できないのであれば、自分で調べるしかありません。ネットや口コミ、塾などで情報収集するしかないようです。

|

« 梅田望夫氏の教育論を見習え | トップページ | 「北海道の卑劣な大人たち」に札幌弁護士会も仲間入り »

コメント

子を思う親心からすれば心配でなりませんね。なにせ日教組は社会主義革命の戦士を育てると誓いを立てた連中の組織です。
 消滅・解体を運命付けられたお馬鹿な組織とは言え、子供を人質に取ることを学習してしまったからには油断禁物です。
 安倍総理の教育基本法改正を皮切りに、徐々に追い詰めてゆきましょう。人質に一人の犠牲者も出してはならないのですから。
 この事は、北朝鮮の暴発を押さえ込みながら崩壊させなければならない事と同様の、忍耐を強いられるも必ず成功させなければならない 人間の良心に課せられた試練なのです。

投稿: 案山子 | 2006.11.27 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/12840126

この記事へのトラックバック一覧です: 草の根の日教組告発サイト:

« 梅田望夫氏の教育論を見習え | トップページ | 「北海道の卑劣な大人たち」に札幌弁護士会も仲間入り »