« あのノリミツ・オオニシ氏が英エコノミスト誌に進出か | トップページ | 安倍内閣の経済政策は期待できそうです »

2006.10.20

誰かが守ってくれるから核武装の議論をするなという日経

 日経が社説で「近隣諸国の疑心暗鬼を呼ぶ不見識な内容」と中川氏の発言を批判しています。
 「不見識な中川氏の核発言(10/17)」(NIKKEI NET)

 議論すること自体に何の問題あるのかと思うのですが、日経に言わせると、日本の核武装は軍事的に合理的ではないとほぼ結論が出ているからだそうです。

『 核抑止力を維持するには敵が核攻撃したときに対抗するための第2撃能力が要る。第2撃用の核ミサイルは隠しておく必要がある。日本にはそのための用地がない。潜水艦に配備するとしても海上自衛隊の基地は限られており、探知されやすい。』

 なんだかウソくさい説明です。

 中川発言は議論すべきかどうかということであって、核武装が合理的かどうかではありません。すでに多くの国で議論されているのに、日本だけが沈黙するほうが不自然です。思考停止、議論禁止を主張することは言論機関としてふさわしくありません。

『核武装を議論することが抑止力を高めるとの議論もある。それによって米国が日本に目を向けてくれるとの説もある。「悪い子」をして米国や国際社会の関心を集め、安全保障をせがむ北朝鮮の論理と重なる。』

 日経の社説には、自分の国は自分で守るという最も基本的な考えがありません。何もしない「良い子」であれば、誰かが守ってくれるというのでしょうか。それこそ不見識と言うべきでしょう。国民はそんなことは信じないし、そんなおめでたい人が書く社説もまた、信じることはできません。

|

« あのノリミツ・オオニシ氏が英エコノミスト誌に進出か | トップページ | 安倍内閣の経済政策は期待できそうです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/12347203

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かが守ってくれるから核武装の議論をするなという日経:

« あのノリミツ・オオニシ氏が英エコノミスト誌に進出か | トップページ | 安倍内閣の経済政策は期待できそうです »